Windows 7 と SQL Server 2005 Express の設定

2010-01-04 にて、SQL Server 2008 Express のインストール方法につき、メモった。
今回、SQL Server 2005 Express を利用する得意先で、Windows 7 で、インストール、及び、アンインストールできるか確認した。
この投稿内容は、はっきり言って、小生の設定に関するメモである。

結果

SQL Server 2005 Express (SP2) のみだが、確認できたが、結果的にインストール、及び、アンインストールできた。

その他確認できた内容

2010-01-04 にも記載したが、Windows PowerShell について、Windows 7 には、2.0 がインストールされているようだ。
[アクセサリ] – [Windows PowerShell] にショートカットがあった。起動させていないが、2.0 である可能性が高い。
1.0 の場合、[すべてのプログラム] – [Windows PowerShell 1.0] として、ショート・カットが作成されている。

インストール時の構成オプション

「このユーザーを SQL Server 管理者ロールに追加する」にチェックを入れること。

インストール時の注意事項として

インスタンス名を、規定値の「名前付き・・・」ではなく、「既定のインスタンス」を選択し、更に、ビルドインシステムアカウントを、既定値の「ネットワークサービス」を選択させて SQL Server 2005 Express SP2 のインストールを続けると、自動的に付与されるインスタンスは、「SQLEXPRESS」ではなく、「MSSQLSERVER」になる。
今回、雑誌に添付されている CD を利用して、手動的に SQL Server 2005 Express をインストールしたが、専用アプリのインストール時に同梱して SQL Server 2005 Express が、インスールされる場合、このインスタンスの名称は、「要注意」である。
尚、今回は、Windows 認証にてインストールさせた。

アンインストールの方法 (手順) について

「SQL Server オンライン ブック」などを参照にして、下記のような手順にて、アンインストールさせた。

  1. SQL Server 構成マネージャなどにて、SQL Server のサービスを停止させる。( 利用しているインスタンスのみでもよさそう)
  2. MS-DTC にて、スタートアップの種類を「無効」にし、状態を「停止」させる。
  3. (昔流の表現だが、) [コントロールパネル] – [アプリケーションの追加と削除] にて、下記の手順で削除させる。
  1. MSXML 4.0 などをアンインストール。今回、MSXML 6.0 Parser は、インストールされていないようだった。基本的には、MSXML 6.0 Parser が最初のようだ。
  2. SQL Server VSS Writer
  3. SQL Server 2005 の下位互換性 >>> 2008 Express がインストールされていないので、今回はなし。
  4. SQL Server Native Client コンポーネントとセットアップサポートファイル以外。具体的には、SQL Server Management Studio、Management Object、Books Online など
  5. データファイルを削除してもよいならば、Microsoft SQL Server90 のフォルダを削除させる。MSSQL.1 も場合により、削除させる。
    (あくまでも場合による。全くの新規でインストールさせる場合、これらのフォルダが邪魔になるケースがある。)

しかし、SQL Server 2005 をアンインストール時に、「~ のインスタンスのコンポーネントを削除する」を選択し、「データベースエンジン」を選択したほうが、理想したとおりにアンインストールされる。また、この (4) 項目の段階にて、最後に、Native Client コンポーネントとセットアップサポートファイルもアンインストールさせたほうが、理想したとおりの削除になる感じがする。

今回、新規のパソコンで、専用アプリより SQL Server 2005 Express を同梱してインストールさせることより、SQL Server Compact に関する内容もアンインストール、及び、フォルダも削除させた。



この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
» Microsoft SQL Server について

-以 上-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA