草刈り作業 ひと段落

5/13 頃より、着手していた農作業の草刈りのお手伝いについて、とりあえず、ひと段落。
刈払機を背負って、1週間程度も続けて草刈り作業を行うと、やはり、肩にくる。
数年前は、まだ馬力があったような感じがするが、・・・

それより、今年より、新規のお客様を得た。(これも昨年の起業家育成コースの成果物と感じているが・・・)
とにかく、新規の農家さんの耕作田畑は、非常に神経を使う。特に、ポンプ小屋周りや圃場の境界部分である。

次に、小生が、草刈り作業で使用している整備などを下記に紹介する。
刈払機は、背負いタイプだが、混合オイルは、ガソリンと専用オイルを自分で調合している。(当然、草刈り機のグリスも定期的に補充している。)
そのためと思うが、刈払機の機械自体も寿命が長いような感じがする。(特に、MTTFやMTBFの考えだと、非常に長寿命と感じている。)

草刈り機
丸山
MBS 3030 (30cc クラス)
使用しているオイル
丸山純正 2サイクルエンジンオイル
ケムナイト
混合比率
50:1 の容量比率
ガソリンとオイルを混ぜた後、よく混ぜること。軽トラの振動でも、よく混ざる。

純正ケムナイト2サイクルオイル 100:1 600cc

とにかく、怪我をしないことが、一番のよい仕事であると思っている。

この投稿の改訂履歴

2016年05月30日
dlタグの書式の見直し、及び、ケムナイトの広告の紹介
2015年09月07日
dlタグの書式の見直し、及び、広告の削除
2011年05月19日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください