月別アーカイブ: 2012年1月

Bing Webmaster のキーについて

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

備忘録として

ひょんなことより、Bing Webmaster の登録されているキーを見つけることができたので、投稿します。
今回、見つめた操作方法より得られるキーの値は、あくまでも登録してあるメールアドレス毎のキーである感じがします。
つまり、サイト毎に登録されている値ではない感じですが・・・
<head>
  <meta name=”msvalidate.01″ content=”ここの値ではなさそうな感じ” />
</head>

しかし、Bing Webmaster とか、操作する機会が少ないので、備忘録としての投稿です。

手順

Bing Webmaster を起動し、Windows Live にログイン後、次の手順で、キーが表示されました。
サイト所有者の確認用のキーでは、なさそうですが・・・
尚、Windows XP Pro. SP3 (32Bites版) で、Firefox 9.0.1 のブラウザで操作してみました。

  1. サイトをクリック
    → ダッシュボードが表示された
  2. 表示されたダッシュボードの左側のユーザーをクリック
    → ユーザーが表示された
  3. 登録されてあるメールアドレスをクリック
    → ユーザーの変更が表示された
  4. ユーザーの変更の部分にキーが表示されていた

サイトの選択

Bing Webmaster サイトの選択

ダッシュポート

Bing Webmaster ダッシュボード

ユーザーの表示

Bing Webmaster ユーザーの表示

別のサイトにて値の確認

サイトの選択にて、表示されるサイトで、別のサイトでも、同様な操作を行ってみました。
結果的には、キーの表示で得られた値は、同一でした。
つまり、今回の操作は、基本的に、サイトのキーではなく、登録されているメールアドレスに関するキーのような感じです。
尚、サイトの所有者の確認用みたいな、 <meta name=”msvalidate.01″ content=”○○○” />の再確認の方法は、今後、操作方法を見つけていく予定です。

その他

以前、購入した図書を参考にしながら、SEOとかSEMといわれる対策 (?) を試みていますが、よくわからない。
購入時は、内容的に新しかったのですが、現在 (2012年01月) において、各々の操作方法が古いですが、基本は同じと思い利用しています。
SEOSEMについて、この図書のp.22に記載されている内容を引用します。

SEM
引用文
収入を得るために、キーワード広告などを利用してある程度お金をかけてもアクセスを増やしたい
つまり、Yahoo!リスティング広告や Google AdWords などを利用して、とにかく、訪問者数を増やすことより、何らしかの収益を上げる手段なのかな~
SEO
引用文
お金をかけずアクセスを増やしたい

尚、完璧な操作方法であるかは、別としてBing Webmaster の追加方法は、その操作方法を私なりに見つけ、前回、投稿しました。 » 2011年12月28日 投稿 Bing Webmaster に追加できた

最後は、本題より、ズレましたが、何事も勉強です。
本当に、未知の世界が多すぎると感じる今日この頃です。

-以 上-

確定申告の準備中

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

年も明け、約半月以上が経ちます。
来月当たりより、前年度の確定申告が始まりますが、現在、それらの準備中です。

少し、グチとして

今期 (2011年10月) より、法人格さまの現金扱いのみの簿記を依頼され、緊急人材育成支援事業の一環として受講した地域貢献型社会起業家養成訓練科のゼミの簿記に関するテキストや税務署より入手した資料とにらめっこしながら、四苦八苦しながら業務を行っています。
この法人格さまは、最終的には、税理士などにより、チェックされ、申告されますが、できるだけミスのないように、頭をなやませながら行っています。
その一方、肝心な自分自身の帳簿付けが、少し、おろそかになりつつあります。
仕訳と現金出納帳の記載は、終えていますが、補助帳簿、つまり、仕訳済みのデータ入力が、おろそか。

今回の投稿の目的

基本的に、帳簿関連の業務は、通期のルーチンワークです。
実務を行う際、必要な文具を見つけることができないと、少し、いらだつ時があります。
今回、私も参加している Amazon アソシエイトなるものより、現在、利用している、これら文具を見つけたので、メモとして投稿します。

振替伝票と閉じるファイル

基本的に、データ入力を終えれば、私の申告に関する業務は終えますが、今回の投稿の目的は、はっきり言って、利用する文房具の購入先のメモです。
特に、振替伝票を閉じるファイルは、なかなかホームセンターにシーズンを通して、その在庫は見ません。
振替伝票自体は、JPN 100- ショップなどで、多数、在庫をみますが、振替伝票を閉じるファイルは、本当にみない。

現在、私が利用している振替伝票の二穴の寸法が、若干、他のファイルの二穴の寸法と異なります。
具体的な振替伝票の二穴の寸法は、3 cm みたいです。(他のファイルは、これより、少し、広い感じです。)

振替伝票

ブランド
コクヨ
メーカー型番
テ-2010X3
備考
3冊パックで、消費税の欄もあり、記載時の肌さわりも気に入っている。

閉じるファイル

ブランド
コクヨ
メーカー型番
フ-DFR30B
材質
備考
次回は、これを利用する予定です。二穴の寸法は、振替伝票と同じ、3 cm みたいです。

ブランド
コクヨ
メーカー型番
フ-DF30N
材質
透明のプラスチック系統
備考
現在、利用中のファイルです。二穴の寸法は、振替伝票と同じです。

追記

この投稿で紹介したように、表紙の材質が、紙とプラスチックの2種類の振替伝票用のファイルを、新規に発見したホームセンターより購入しました。
利用してみて、材質が、プラスチックの方が、使い勝手がよいです。
一方、紙の方は、今まで記載していた振替伝票に利用しました。

具体的に・・・

具体的に、紙より、プラスチックの方の使い勝手の良さを紹介します。

  • 多くの振替伝票をとじることができる感じ
  • 戸棚においた場合、ファイルが変形しない感じ
  • 例えば、バサバサ投げるなど多少、手荒な扱いを行っても、記載した振替伝票が、バラバラにならない

このような点より、現在、私が委託を受けている法人格のお客様で、記帳している振替伝票のファイリングは、今回、紹介したように、
材質が、プラスチックのファイル用紙を利用します。(お客様も納得して頂きました)

-以 上-

再度、LibreOfficeを設定した

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

内容は全て更新です

Ubuntu や LibreOffice の更新に伴い、この投稿内容は、非常に古いです。
2019年03月03日に、新規投稿したLibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編に、まとめました。

ちなみに、投稿した内容は、LibreOfficeの削除も含む再設定です。
この時点において作業した LibreOffice と Ubuntu のバージョンを下記に紹介します。

Ubuntu
18.04.2 LTS 64 ビット版
LibreOffice
6.1.5.2 と 6.2.0.3 が、共存されてしまった

始めに

先日、LibreOfficeのホームページを閲覧していた際、バージョン・アップされている。
私の Ubuntu で利用している LibreOffice のバージョンは、3.4.4より、バージョンアップしてみました。

この LibreOffice の設定に関する投稿は、以前 (2011年07月25日) に投稿しましたが、今回は、アンインストールも踏まえ、私なりのメモとして投稿します。
以前の投稿先 » LibreOfficeの設定について

尚、今回、設定させた Ubuntu のバージョンが、11.10 で前回と異なり、インターネット未接続における Ubuntu の設定のためか、パッケージマネージャが設定されていませんでした。
2012年01月07日に、パッケージマネージャが設定できたで、投稿したように、パッケージマネージャが設定でき、かつ、2012年01月16日に、Javaが設定できた感じで、投稿したように、Java も設定できた感じですので、Base の利用も可能になると思います。

 

LibreOffice 5の更新 « 追記2105年12月11日

追記日において、LibreOfficeのバージョンは5である。
Ubuntu 14.04LTSの場合のLibreOfficeのバージョンを5に更新する方法を追記します。

LibreOffice 5の更新方法について

G-Tune

パソコンの内容

システム当たりに表示されていた内容を、下記に記載します。

Ubuntu

リリース
11.10 (oneiric)
カーネル
Linux 3.0.0-14-generic
GNOME
3.2.1

ハードウェア

メモリ
2.0 GiB
プロセッサ
Intel Celeron M processor 1.50 GHz

 

手順として

LibreOffice 関連は、よりダウンロードしました。
 » http://ja.libreoffice.org/download/
必要な環境、今回は、Linux x86 (deb) です。

準備として

  • IPAフォントは、先に設定させたほうがよさそうです。
  • Java, sun-java も、先に設定させたほうがよさそうです。

設定手順

基本的な考えは、先に英語版を設定し、Language Pack にて、日本語化の印象です。

  1. LibreOffice のアンインストール
  2. LibO_3.4.5_Linux_x86_install-deb_en-US.tar.gz << 英語版?
  3. LibO_3.4.5_Linux_x86_langpack-deb_ja.tar.gz << 日本語のランゲージパック
  4. LibO_3.4.5_Linux_x86_helppack-deb_ja.tar.gz << 日本語のヘルプ
  5. LibO-SDK_3.4_Linux_x86_install-deb_en-US.tar.gz << SDKです

 

LibreOffice のアンインストール

パッケージマネージャによる検索

基本的に、LibreOffice が、設定されている場合は、一回、アンインストールした後、新しいバージョンをインストールしたほうが、意図したように、設定できるようです。
アンインストールは、パッケージマネージャを利用しました。

libreoffice-common: サブプロセス・・・のエラー表示

各々のパーケージを完全削除させると、libreoffice-common: サブプロセス・・・の警告が表示されました。
しかし、新しいバージョンを設定させた後、支障なく動作している感じで、この時点ではあまり気にしなくてよさそうです。

インストール

今回の投稿の設定手順に、記載しましたように、後は、各々の入手したtar.gzファイルを書庫ファイルで解凍し、端末を利用して設定させるだけです。
尚、各々、入手したtar.gzファイルは、前回に投稿したような内容で、解凍し端末を使用して設定しました。

備考

最後に、LibreOffice をディスクトップ上に、Windows みたいなショートカットの作成です。
Ubuntu の右側の上部分の Dashホームより、LibreOfficeを選択させ、左側のランチャの部分に持っていくだけです。
ちなみに、ディスクトップ上に持っていくと、エラーが発生しました。
勉強不足ですが、セキュリティに関すること、つまり、root権限などに関する内容と思っています。

Ubuntu 11.04 の場合は、ランチャの生成についてのように、容易にディスクトップ上に設定できたのですが・・・

LibreOfficeのJavaのオプション

最後に、今回、LibreOffice のバージョンアップの主なる目的は、Base の利用です。
先に、Java, sun-java を設定後、LibreOffice を設定させると、Base が利用できます。
参考として、LibreOffice – Java オプションの画面を掲示します。
また、SDK も設定させましたが、はたして、どのように動作するのやら・・・

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページを、下記に紹介します。
» ブログの投稿内容

この投稿の改定履歴

2015年12月11日
LibreOffice 5の更新を追記
2012年01月18日
新規投稿
-以 上-

Javaが設定できた感じ

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

確実ではないが、Javasun-javaパッケージマネージャが設定できた感じなので、私自身、忘れない程度として投稿します。
確実でないとはいえ、以前、同一の手順で設定は、できました。但し、再現の確認を行っていないので、確実でないの表現を使用します。

パッケージマネージャが設定できた、私自身、必要と思われるパッケージを、インターネットの接続なしの状態で、ある意味で、安心して、各種パッケージの設定することができると思います。
実際、以前もインターネットが接続できない状態で、必要なパッケージの設定の際、関連性不足と思われる不具合が発生し、Ubuntu自体、誤動作するような現象が発生していました。
その際、パッケージマネージャにて、ミス設定のパッケージを削除したりすると、正常な状態に戻った経緯があります。

sun-java の設定の目的

LibreOffice Base を利用するためです。
インターネットを接続しない状態で、Ubuntu を設定すると、LibreOffice 関連の内容は、自動的に設定されるようですが、Javaやsun-javaの都合と思いますが、Base のみが利用できない感じです。

以前も同様な傾向にありました。これら sun-java と java を設定後、LibreOffice を再設定後、Base が利用できた経緯があります。

設定させた内容など

設定させた jre のバージョンは、以前、入手した bin のため、現在のものより古いと思います。
現在 (2012年01月16日) は、jre-6u30-linux-i586.bin みたいです。

パソコンの内容、及び、設定させた Java、sun-java の内容

OS
Ubuntu 11.10 (oneiric)
Binファイル名称
jre-6u25-linux-i586.bin

ブラザーダイレクトクラブ

設定の準備として

java または、sun-java を設定させる際、依存性の都合より、unixodbc が、関係してきました。
以前 (Ubuntu 11.04 の時で 2011-07-29 に作業を実施) は、当時の最新版は、unixodbc_2.2.14p2-2ubuntu1_i386.deb でしてが、依存性がみだれるため、unixodbc_2.2.11-16ubuntu1_i386.deb でないと、うまく設定できませんでした。
しかし、odbcinst1debian2 の依存性より、unixodbc_2.2.14p2-2ubuntu1_i386.debを設定しないと、他の依存性がおかしくなりました。
よって、今回、unixodbc に関しては、unixodbc_2.2.14p2-2ubuntu1_i386.deb を設定しました。

設定させたsun-java

設定させた sun-java のパッケージを下記に示します。
尚、sun-java6-docを設定させなかった理由は、インターネット接続より、jdk-6u10-docs.zipとjdk-6u10-docs-ja.zipをダウンロードさせ設定させる感じより、sun-java6-docは、設定しませんでした。
これらの debを、sudo dpkg -i *.deb で、一気に設定させてみました。

  • java-common_0.40ubuntu1_all.deb
  • sun-java6-jdk_6-15-1_i386.deb
  • sun-java6-bin_6-15-1_i386.deb
  • sun-java6-jre_6-15-1_all.deb
  • sun-java6-demo_6-15-1_i386.deb
  • sun-java6-plugin_6-15-1_i386.deb
  • sun-java6-fonts_6-15-1_all.deb
  • sun-java6-source_6-15-1_all.deb
  • sun-java6-javadb_6-15-1_all.deb

jre-6u25-linux-i586.bin の具体的な設定内容

Java のサイトに掲示されていますが、私自身、難解です。
忘れないため、私自身、行った端末の具体的な内容やそれらのコメントなどを、下記に示します。

Javaの設定の基本的な流れ

  1. Javaの入手 » http://www.java.com/ja/download/manual.jsp
  2. /usr/java/ ディレクトリーの作成
  3. ファイル権限の変更
  4. 自己解凍バイナリファイルの実行

端末について

今回、具体的に端末に記載した内容と、私自身の補足を記載します。

» root権限のユーザーに変更
— Code —
(ユーザー名)@(パソコン名):~$ sudo su –
[sudo] password for (ユーザー名):
root@(パソコン名):~#

» ディレクトリーの作成 → /usr/java/ディレクトリーに Bin ファイルのコピー
注記として、Ubuntu の一般的なファイルシステムの構成は、/usr/java/ はないみたいです。よって、Java をインストールするフォルダを作成しました。
— Code (フォルダの作成) —
root@(パソコン名):~# mkdir /usr/java
root@(パソコン名):~#
— Code (ファイルのコピー) —
root@(パソコン名):/# cp /home/(ユーザー名)/Working/jre-6u25-linux-i586.bin /usr/java/jre-6u25-linux-i586.bin
root@(パソコン名):/#

» ファイル権限の変更 → 権限の確認
— Code (ファイル権限の変更) —
root@(パソコン名):/usr/java# chmod a+x jre-6u25-linux-i586.bin
— /usr/java に移動
root@(パソコン名):~# cd /usr/java
root@(パソコン名):/usr/java# ls
jre-6u25-linux-i586.bin
root@(パソコン名):/usr/java#
— Code (権限の確認) —
root@(パソコン名):/usr/java# ls -l
合計 21080
-rwx–x–x 1 root root 21579890 2011-09-01 12:22 jre-6u25-linux-i586.bin
drwxr-xr-x 8 root root 4096 2011-09-01 12:10 jre1.6.0_25
root@(パソコン名):/usr/java#

» 自己解凍バイナリファイルの実行
— Code —
root@(パソコン名):/usr/java# ./jre-6u25-linux-i586.bin
コードが、複数行表示されます。
基本的には、ライセンス契約書が表示されますが、sun-javaを先におけば、一気に Java が設定される感じがします。



Creating jre1.6.0_25/lib/rt.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/jsse.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/charsets.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/ext/localedata.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/plugin.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/javaws.jar
Creating jre1.6.0_25/lib/deploy.jar

Done.
root@(パソコン名):/usr/java#

» これで、インストールは完了です。
usr/java について
/usr/java/jre1.6.0_25 のフォルダが自動的に作成されました。

今回、上述の内容で、Java、及び、sun-javaは、設定できたみたいです。繰り返しますが、インターネット接続より、jdk-6u10-docs.zipとjdk-6u10-docs-ja.zipをダウンロードさせ設定させる感じより、sun-java6-docは、設定しませんでした。
(まだ、Ubuntu 11.10 の環境にて、au の DATA01 を利用してのインターネット接続が解らない。)



この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページを、下記に紹介します。
» ブログの投稿内容

-以 上-

リスティング広告について

Published / by IBUOfficeSAI / リスティング広告について への1件のコメント

最近、耳にするようになりましたが、世の中、リスティング広告なる広告の方法があるらしいです。
私自身、農繁期でない時期は、少し、インターネット上での集客をチャレンジする意気込みですが、なかなか思い通りには、いきません。
さて、このリスティング広告とは、Wikipediaによると、検索連動型広告というらしいです。
参考までに » 検索連動型広告

現在、どのようなものかと試行錯誤しながら、まず無料で始めることができるGoogle AdWords広告を、若干、行ってみました。
その一方、先日(1/12) に、Yahoo! JAPAN のリスティング広告スポンサードサーチの資料を入手し、担当者より親切な説明まで受ける機会を得ました。尚、Yahoo! JAPAN のリスティング広告は、サービスが終了されたみたいです。

今回の投稿内容は、上記、2件のリスティング広告について、投稿します。
現時点では、Yahoo!リスティング広告のほうが、便宜さは、よさそうで、各種の集金が済み、ホームページの更新を終えた時点で、直ぐにでも参加する予定で計画しています。

Google AdWords

現在もそうですが、最初から、非常に戸惑っています。(AdWordsが悪いのではなく、私の勉強不足ですが・・・)
私のパソコンの環境では、直ぐに英語表示になり、ブラウザをGoogle Chromeに変更しないと、なかなか利用できません。
更に、アカウントごとに、一覧表で表示される項目が異なったりし、頭を悩ませる点が、非常に多いです。
また、ヘルプの内容と実際の表記と異なる点が多く、現在、利用を控えています。

不可解な現象として

うたい文句は、クリックされた時のみ課金されるらしいですが、そのように設定したつもりでも、表示された時も換金されている場合があります。
一方、サポート体制は、ほとんどメール。つまり、一方通行のみの印象が強いです。
基本的に、リスティング広告に慣れた場合は、有効なサービスである印象です。

例えば、レンタルサーバーを新規に借用の際、Google AdWordsの無料のパスポートみたいなものが、配布される場合があります。
しかし、利用中のGoogle AdWordsに追加することは、できない場合があります。(実際、私自身、追加することができず、別のアカウントを新規に作成し利用してはいるのですが・・・。Google AdWords の利用開始後、2週間以内とか、なんか、メッセージが表示され無料のサービスが、利用できませんでした。)
この点は、要注意です。

Yahoo! JAPAN のリスティング広告(スポンサードサーチ)

繰り返しますが、先日 (1/12) に資料を入手しました。
何と、相手方より電話も頂き、約30分程度、いろいろな相談をさせて頂きました。(感謝しています)
現時点では、私自身、何を売り込みたいのかを再整理し、ホームページを更新する考えです。
つまり、今回の資料入手も含み準備段階で、諸々の内容の再構築に手掛けている段階です。

担当者より教授した内容のピックアップとして

私自身、忘れないようにメモとして、記載します。

金額
消費税込みの金額である。(仮払消費税が発生する)
つまり、利用できる金額は、例えば、JPN 3,000- の場合は、消費税を抜いた金額が利用できる。
利用開始しなくても準備ができる
この点が、メリットと思う。つまり、キーワード選択、クリック単価などを含む、サイト構築に関し、再認識が行える。
これらは、いざ実際にリスティング広告を行う上で意義のある点と感じている。
これらを抑えないと何をやっているのか解らなくなってしまう可能性があると思う。
アカウントの追加など
今回は、私のホームページオフィス菜のホームページでスポンサードサーチに登録しました。
例えば、このブログを追加したい場合など、主→副みたいに、行えるらしく、また、場合により、アカウントを追加すればよいらしい。
トピックス的に・・・
常識の範囲でしょうが、このスポンサードサーチを利用したサイトに、アドパートナーを使用していても、よいらしいです。
これは、Google AdSenceの不可解ないきなりの利用中止を思えば、少しは、気分が楽になると思います。(いろいろなブログを参照しますと、AdSenceの場合、敗者復活戦は、ないものと思っていた方がよいらしいです。)

実際のところ、電話にて、具体的な操作方法を教わりながら、行えた点に、非常に感謝しています。

今後の予定として・・・

例年のパターンですと、3月下旬より、農繁期に入ります。
今年、大田原の農協でも栽培管理が厳しくなり、高齢者の方々は、その資料作成などに、頭を悩ませているとのことを、昨夜、農協派の農家さんより聞きました。
今回は、以前、JGAPを取得した団体で利用した私が作成した栽培管理に関するコンテンツを公開したいので、これより先に、まずは、入金です。
次に、準備したキーワードの利用です。
このように予定は、していますが、実際は、どのようになるやら・・・

2015年下期より利用しています。



私の場合は・・・

基本的に、Yahoo! JAPAN のリスティング広告(スポンサードサーチ) のサービスを利用する考えです。
先日 (1/12) に入手した資料とにらめっこし、更に、登録 (?) することができた、ダッシュボードやスポンサードサーチにて、キーワードの選択を行っていきます。
尚、キーワードに関しては、どのような文字で私の関連するサイトを、訪問して頂いているかの簡易的な統計は、約2年前より、行っていましたので、まず、これらの文字をキーワードとして、どのようなものか、つまり、クリック単価などを確認していく計画です。

この解析について

私のWordPressを利用したブログは、俗に言われているような space よりの移行組です。
昨年(2011年)暮れより、レンタルサーバーを借用し、WordPressを勉強しながら、投稿していますが、このブログに関しては、細目にキーワードと、表示された頁などの統計を、自作のWindows Applicationにて、統計していました。
ホームページが、私の各種ブログのインデックス的なコンテンツのため、基本的に、このホームページを訪問して頂きたいです。

私のホームページは、左記の無料で利用できるAce-Analyzerで、キーワード、訪問頁などを解析しています。
並行して、Google Analyticsも利用していますが、直ぐに英語表示になったり、新しいバージョンでは、どこに何があるのか、勘どころがなく、四苦八苦しています。
Google Analyticsやウェブマスターツールは、高度な解析が行えますが、基本的にキーワードと訪問数が、日本語で把握できればよしです。

アクセス解析について (2012年01月14日 追記)

無料ではないみたいですが、ビジネスユーザー向けに適しているアクセス解析のツールを見つけました。お試し期間もあるみたいで、場合により、私も導入の有無を検討している状態です。
機能一覧表を閲覧する限り、機能的には、無料のAce-analyzerと大差なさそうですが、基本解析の部分が、有料だけあって、解析しやすい感じです。
導入の検討の余地にあげられると思いますが、金額に対しての効果はいかなるものでしょうか?

この投稿の改定履歴

2015年12月11日
広告バナーを削除
2012年01月28日
Google AdWord の広告を削除
2012年01月14日
アクセス解析につき、ASPインターネット株式会社のサービスも併記
2012年01月13日
新規投稿
-以 上-