LibreOffice Baseの設定 (Ubuntu編)

初めに

最近、中古パソコンの敗者復活戦のように、OSの入れ替えを行っています。
具体的には、Ubuntuを新規に設定し、それなりに使用できるようにしています。

Ubuntuの設定は、そんなに悩むことは、少ないですが、LibreOfficeの設定、特に、データベースとして利用価値の高いBaseの設定は、悩むことが多く、新規にUbuntuを設定しただけでは、Baseは利用することができないと思います。
今回、JavaやJREを意識して設定せず、Baseを利用できるようになる方法を私なりに見つけたので、備忘録として投稿します。

設定したパソコンや環境について

今回、設定したUbuntuは、32Bits版の14.04 LTSです。
中古パソコン自体、以前、32Bits版のOSを利用していたみたいです。
尚、現時点において、Ubuntuは、16.04 LTSが、2016年4月30日にリリースされているみたいですが、今回は、32Bits版OSということより、2019年4月まで、サポートされているらしい14.04 LTSを設定しました。

Ubuntuの設定は、インターネット接続が、ある意味で必修条件のような感じがします。
私が住んでいる地域は、光回線がないみたいです。
更に、私自身、処中、引っ越したりしていますので、SoftBank Airを利用しています。
なんと、Ubuntuの環境でも詳細な設定なしで、利用できています。


LibreOffice Base の設定前の詳細とLibreOffice Baseの接続

何もしない状態、つまり、Baseが利用できない状態のLibreOffice[ツール] → [オプション]は、下記のようになっています。
尚、Ubuntu 14.04 LTSの規定的な設定値は、4.xと思います。

設定前の詳細

このように、JavaやJREに関し、何も表示されていません。

設定前の詳細

設定前のLibreOffice Baseの接続

このように、LibreOfficeで使えるドライバーとしてcom.sun.star.sdbcx.comp.hsqldb.Driverの表示がありません。

設定前のLibreOffice Baseの接続

LibreOffice Base の設定

Ubuntuソフトウェアセンターより、LibreOfficeを検索させ、LibreOffice Baseを選択させ、インストールさせるだけです。
追加のアドオンは、全て、チェックを入れ、アドオンを更新し、インストールさせるだけで、LibreOffice Baseが利用できるようになりました。
尚、追加のアドオンを下記に紹介します。(誤字脱字は、ご了承のほど、お願い致します。)

  • Firebird SDBC driver for LibreOffice
  • HQLDB SDBC driver for LibreOffice
  • JDBC 3.0 driver for Microsoft SQL Server(tm) and Sybase(tm)
  • MySQL ODBC ドライバ
  • Java database (JDBC) driver for MySQL
  • Transitional package for libpostgresql-jdbc-java
  • MariaDB/MySQL Connector extension for LibreOffice
  • LibreOffice component for building database reports
  • PostgreSQL SDBC driver for LibreOffice
  • ODBC driver for SQLite embedded database
  • JET / MS Access データベース (MDS) ツール
  • ODBC driver for PostgreSQL
  • ODBC drivre for connecting to MS SQL and Sybase SQL servers
  • ODBC 基本ツール



LibreOffice Base の設定後の詳細とLibreOffice Baseの接続

Ubuntuソフトウェアセンターより、LibreOffice Baseをインストールさせた後の各々の画面を下記に紹介します。

設定後の詳細

このように、JavaやJREは、表示されました。
但し、各々のオプション・ボタンの色は、緑でなく赤色でした。

表示されたインストール済みのJava実行環境 (JRE)を、下記に紹介します。

ペンダー
バージョン
Sun Microsystems Inc.
1.6.0_39
Free Software Foundation, Inc.
1.5.0

設定後の詳細

設定後のLibreOffice Baseの接続

このように、LibreOfficeで使えるドライバーとしてcom.sun.star.sdbcx.comp.hsqldb.Driverが表示されました。

設定後のLibreOffice Baseの接続

LibreOffice Base の起動時の画面

LibreOffice Base の起動時の画面を下記に紹介します。
埋め込みデータベースとして、HSQLDB (埋め込み)が表示、選択されるようになっています。

設定後のLibreOffice Base

尚、Ubuntu 14.04 LTS の既存の LibreOfficeのバージョンは、4ですが、5に上げる方法は、前回、投稿したLibreOffice 5の更新方法についてを、参照してください。

この投稿の改定履歴

2016年06月18日
新規投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA