日別アーカイブ: 2016年12月21日

UbuntuでSQLServerが利用できる??

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

MS SQL Server が利用できるらしいです

未確認情報ですが、Ubuntu 16.04 にて、MS SQL Server が、インストールできそうな記事を見ました。
私自身、設定していませんが、閲覧した記事を見る限り、Ubuntu に設定できそうです。

今回、この閲覧した記事の備忘録的に投稿します。
後日、賃トリ作業などを終え次第、じっくりと検証していく予定です。

記事の紹介

下記に、その記事のリンク先などを紹介します。
Ubuntu に MS SQL Server が設定できれば、ラッキーなのですが・・・

リンク先
Install SQL Server on Ubuntu
Supported platforms
Red Hat Enterprise Linux 7.3
Ubuntu 16.04 and 16.10
MS SQL Server
バージョンなどは、未確認です。設定後、再度、投稿する予定です。

Install SQL Server

Install SQL Server on Ubuntuに、紹介されているインストールの手順を紹介します。

Import the public repository GPG keys

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –

Register the Microsoft SQL Server Ubuntu repository

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mssql-server.list

Run the following commands to install SQL Server

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

After the package installation finishes …

After the package installation finishes, run the configuration script and follow the prompts. Make sure to specify a strong password for the SA account (Minimum length 8 characters, including uppercase and lowercase letters, base 10 digits and/or non-alphanumeric symbols).

sudo /opt/mssql/bin/sqlservr-setup


Upgrade SQL Server on Ubuntu

インストール後のアップグレードしたほうが良さそうです。

Update the apt-get repository lists

sudo apt-get update

Re-run the installation command ..

Re-run the installation command, this will upgrade the specific mssql-server package:

sudo apt-get install mssql-server




希望的なことですが・・・

今回、紹介した投稿内容は、ほとんどが、コピー、ペーストです。
私自身、検証していません。
仮に、MS SQL Server が、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits)に設定できたら、SQL Server Management Studio (SSMS) が、設定できれば、今まで、私自身が取得している開発コードが流用できるのですが・・・

JP_Office2016Launch_468x60

MS SQL Server は、設定できそうです

2017年01月15日 » 追記

本日、私のUbuntu 16.04 LTS (64Bits)のパソコンに、上述した内容にて、MS SQL Server の設定を試みました。
結論的に、私のパソコンには、設定することはできませんでした。
Install SQL Server on Ubuntuにも、記載されている注意内容を下記に紹介します。

You need at least 3.25GB of memory to run SQL Server on Linux. SQL Server Engine has only been tested up to 256GB of memory at this time.

つまり、利用するパソコンのメモリが、4GB以上で、ないと設定できないようです。(今回、設定しようとした私のパソコンは、2GBです)
具体的に、端末より、sudo apt-get install -y mssql-serverの際、下記のエラーが表示され、mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.debは、ダウンロードされますが、設定は、できませんでした。


ERROR: This machine must have at least 3.25 gigabytes of memory to install Microsoft(R) SQL Server(R).
dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (–unpack):

尚、この設定ができなかった内容の詳細は、後日、投稿する予定です。

この投稿の改定履歴

2017年01月15日
追記
2016年12月21日
新規投稿
−以 上−