田んぼの風景を紹介します-慣行栽培編



始めに

今年も、慣行栽培の農家さんの田んぼ関係のお手伝いを依頼され、先日より、上代掻き前の田んぼの土手の草刈りを着手しています。
今回は、上代掻き前の田んぼのほ場を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年04月23日
備考的に
多分、基盤整備の田んぼで、ガチガチの農協派の慣行栽培のほ場です。
このほ場は、通常の肥料の散布後、ミネラルも散布しました。

デアゴスティーニ

上代掻き前のほ場の風景

代掻きは、行っているみたいですが、上代掻きは、まだの状態です。
田んぼの土手の草刈り前の風景を紹介します。
ちなみに、このガチガチの農協派の兼業農家さんの田植えは、5月3日より行う予定らしいです。

上代掻き前の風景

今年も紹介できそうです

私は、慣行栽培、こだわりの栽培を行っている各々の農家さんの賃トリを行っています。
今年も、昨年と同様に、慣行栽培の田んぼの風景を紹介できそうです。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月23日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA