出穂していました-慣行栽培編



出穂しています

先日ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを行い、とりあえず、草刈りを終えました。
その際、最近の稲の生育状態を見る機会がありました。
なんと出穂していました。
今回も、耕作者にコッソリと、この出穂の状態を撮影したので、投稿します。


最近のほ場の様子

繰り返しますが、出穂しています。
流石に肥料もふんだんに散布し、お金をかけているだけあり、生育は、立派です。私自身、そんなにお金をかけなくても、いいのにと思っています。更に、収量でなく、食味で勝負したほうが賢明と思っていますが、諸々の耕作者は、収量で勝負している傾向です。

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
コシヒカリ » 俗に言われる買種です
撮影日
2018年07月29日

ほ場の全体の様子

今年は、除草剤を散布しているいも関わらず、全体的に、田の草が目立ちます。
聞く話ですが、今年は、除草剤を散布する時、風が強く、除草剤のムラがあったそうです。
このほ場は、特に、目立ちませんが、この耕作者の他のほ場は、トビツカレが、賑やかなほ場もあります。

ほ場の全体の風景

出穂のアップ

上記の写真で紹介した、同一のほ場の稲のアップです。
出穂しています。

出穂のアップ

この耕作者の別のほ場のの稲のアップです。
出穂しており、トビツカレなどが生えていても、このような状態では、田んぼに入ることはできません。
ちなみに、ヒエは、特に目立ちませんでした。

出穂のアップ

生育が早い感じです

今年は、昨年と比較し、生育が早いそうです。
つまり、稲刈り時期も早まる可能性があるらしいです。
この調子ですと、9月上旬には、稲刈りが行える感じらしいです。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月01日
新規投稿
−以 上−



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA