稲刈りシーズンです-慣行栽培



稲刈りのお手伝いです

天候不順でも、ガチガチの農協派の兼業農家さんは、稲刈りを行っています。
私自身、田植え長靴を履いて、よせがりなどを手伝っています。ちなみに、私が利用している田植え長靴は、下記の商品です。

【一部欠品中】弘進ゴム A0122AA 裏付農業長 黒【農業長靴/田植え長靴/長靴】

感想(1件)

そして、今年も、この兼業農家さんのお手伝いを行うことより、慣行栽培のお米に関する投稿も行えることができました。
今回の投稿で、慣行栽培のお米の紹介は、今年の最後になると思います。

ロフトネットストア

ほ場となどを紹介します

繰り返しますが、今回は、慣行栽培のお米に関し、今年、最後の投稿になると思います。
上述したように、よせがりの時に田植え長靴についたお米の穂や、稲刈り直後のも田んぼの様子も踏まえて紹介します。
尚、これらの写真は、耕作者にコッソリと撮影しました。

稲刈り直前のほ場

このほ場は、倒伏が少なく、更に、とびつかれなどの田の草も少なかったほ場です。
このように、倒れていないほ場の稲刈りは、作業がやりやすいみたいです。
しかし、この耕作者の他のほ場は、見れたもんじゃないです。除草剤などをふんだんに散布し、空中散布なども行い、お金もふんだんに使っても、ひどいほ場が多かったです。

稲刈り直前のほ場

稲刈り直後のです

乾燥機に入れる最中に、グレインタンク内のを撮影しました。
このは、上記に紹介したほ場です。倒れていないほ場だと、もキレイです。
ちなみに、倒伏が激しいほ場のは、比較的、土などがつき、黒っぽいです。(汚れが目立ちます)

モミ

田植長靴についていた穂

お米の穂

おまけ的に紹介します。
今年の稲刈りは、天候不順などにより、よせがりの時も含み田植え長靴を履いて作業しました。
この田植え長靴の側面についている金具の部分に、稲穂が絡まっていました。
この穂を紹介します。田植え長靴に絡まっていた穂ですが、ほ場にある穂は、お金をかけているだけあり、流石にリッパでした。

倒伏している稲穂

 » 2018年09月18日 追記

慣行栽培は、除草剤を散布、或いは、流し込みを行っているみたいです。その散布する回数は、2回は行っているみたいで、除草剤が効いていない場合、それ以上、散布するようです。
この兼業農家さんは、田植えの数日後、そして、その後日と、2回は、除草剤を散布しているようです。
但し、散布する時期が悪かったり、そして水を切ったりすると、除草剤を利用しても、全くダメな感じです。
更に、肥料 (化学肥料と思います) のやり過ぎも考えものです。水を完全に切る時期を間違ったり、刈り入れ時期が遅くなったりすると、倒伏が激しくなるみたいです。
その一例を紹介します。

除草剤を散布しても草は生えているほ場

倒伏している稲穂

今年を振り返って

このガチガチの農協派の兼業農家さんは、天候に悩まされた年だったと思います。
田植えの時、つまり、5月の連休は、雨、風に悩まされ、除草剤を散布したいときは、水の温度も低かったみたいです。追い打ちが、稲刈り時の雨です。
兼業であるがため、仕方ないと言っているかもしれませんが、人間の都合でなく、お米の都合で栽培したほうが、ある意味で、お金が掛からず、良い物ができると感じているのは、私だけだろうか。

セシール

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月18日
倒伏している稲穂を追記
2018年09月13日
新規投稿
−以 上−



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA