オフィス菜のブログ

大豆畑の土手の草刈り中

土手の草刈り中

先週あたり、ガチガチの農協派の兼業農家さんより大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りの依頼を受けました。
進行中の別件の仕事を終え、技術系農業手伝い、あらため、農業支援系技術者の自然派人間として、現在、草刈り機を担いでヒーコラしながら、土手草、及び、大豆畑の中の草取りを行っています。
今回、耕作者に内緒でコッソリと撮影した大豆畑と大豆の実の部分を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
種類
白色の実の大豆。但し、タチナガハではないと思います
撮影日
2019年10月16日 〜 10月17日

RyuRyumall ロフトネットストア

大豆畑を紹介します

私自身、耕作者でないので、詳細なコメントは行なえませんが、大豆のデキは、芳しくなさそうです。
俗に言われる大豆の木の高さも低く、付いている実の数も少ない感じです。
それより、私自身、今年、初めて (多分、耕作者も草刈りは行っていないと思う) の土手の草刈りのため、土手草が物凄く賑やかです。手に負えないが本音です。
更に、大豆畑の外回りの部分も、大豆に草が覆いかぶり、大豆刈りが困難な状態です。

大豆畑の全体の様子

比較的、綺麗な、つまり畑内に草が少ないほ場を選び紹介します。
やっと枯れ始めた感じで、大豆刈りは、まだ先と思います。
前述で紹介しましたが、全体的に大豆の背は低いです。

大豆の実の部分

大豆の実の部分

大豆の実の部分を紹介します。
ひとつのさやについている実の数が少ない感じがします。3つ 〜 4つは、つかないと収量が少ないと思います。
更に、実の大きさも小さい感じがします。

大豆畑の全体の様子

大豆畑の内より撮影した写真

2019年10月23日まで、このガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑などに関する仕事を行っていました。大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りと大豆畑に生えている草拾いが主な作業でした。
この作業の際、大豆畑より大豆を撮影した写真を紹介します。

撮影日
2019年10月23日

大豆畑の内より撮影

大豆畑の内より撮影

適切な時期に作業していない?

大豆の栽培は、不耕起だととんでもないことになる場合が多いです。除草剤などの散布を上手くやらないとホウズキでやられたほ場もあり、大豆刈りができない、つまり、収穫できないほ場がありました。
耕起しても、培土があまい、つまり、培土されていない畝は、草でやられます。
今回、紹介したほ場ですが、乗用の培土機械で、単に培土したのみで、細かい部分は培土されていない感じがします。
一般的な農家さん (法人格も含む) は、軽油の免税券、農産物の栽培などに関する事業税など、個別補償されているので、兼業だから間に合わないなどと言うことは、私からみれば個別補償されている事業なのに何をとぼけたことを言っているのかが本音です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月24日
草刈りと草拾いを終えた大豆畑の内側より殺意した写真を追記的に紹介
2019年10月18日
新規投稿
−以 上−

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。