草刈りを終えました-慣行栽培編

コロナに負けられません

今年は、コロナ騒ぎで外仕事が少なく、唸っている日々です。しかし、通年、声をかけてもらっている農家さんより、今年も諸々の仕事が得られそうです。(作業中、周りを見渡しても私1人しかいない時が多いです)
今回もガチガチの農協派の兼業農家さんのほ場の土手の草刈りを終えました。
この農家さんは、今年、新しい耕作地があり、ほ場を間違えず、更に、周りの方々の雰囲気を掴みながら作業を行いました。
紹介するほ場の草刈りを終えてから、しばらく経ちますが、草刈り直後の田んぼの様子を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年06月10日 » 草刈りを行った日で、同日、撮影しました。

三越・伊勢丹オンラインストア 三越・伊勢丹オンラインストア

流石です

ガチガチの農協派だけあり、化学肥料もバッチリです。
田植え時には、箱処理剤も利用し、当然の如く、肥料もバッチリです。(元肥も行ったうえ田植え時も肥料を散布しています。)
ある意味で異常な感じがします。お金をかけているだけあります。

撮影日は、2020年06月10日です。

慣行栽培のほ場

安全第一です

私の取引先の法人さまで、草刈り中にケガがあったらしいです。
私もケガをしないように顔の部分が覆えるフェイス・ガードを利用して草刈りを行っています。
ちなみに、メッシュが、オオスメです。
クリアだと、田んぼなどの水面が見づらいです。(見づらかった)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年06月19日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください