LibreOfficeを設定しました-Ubuntu編

設定できました

標準的に、Ubuntu 20.04 LTS を新規に設定すると、LibreOffice も設定されます。
しかし、設定される LibreOffice のバージョンが新しいとは限らないので、今後のことも思い LibreOffice を開放し、再度、設定しました。
今回、Ubuntu 20.04 LTS において、LibreOffice の開放も含み、備忘録的に投稿します。
尚、libreoffice-sdbc-hsqldb のパッケージを追加することより、LibreOffice Base も利用することができる感じです。

既に投稿しているLibreOffice関連の内容 (ピックアップします)

私は、OpenOffice.org の時代より利用し、LibreOffice 関連は、それなりに備忘録的に投稿しています。
今までに投稿している内容の一部を紹介します。

新規投稿年月日
タイトル
2019年03月03日
LibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編
2012年01月18日
再度、LibreOfficeを設定した
2011年12月17日
LibreOffice で年賀状作成

基本的な考え方

Ubuntu 20.04 LTS を標準的に設定させると、最新版の有無は別として、LibreOffice も設定でき、その後、sudo apt update などで、バージョンの更新が行えれば良いのですが、メジャーアップなどのことを思うと、標準的な設定ではなく、一回、開放し、LibreOffice を再設定したほうが良さそうです。
下記に、私が LibreOffice の設定の (基本的な考えも含む) 手順を紹介します。(あくまでも私見です。絶対ではないと思います。)
尚、LibreOffice を設定させる前に、IPA フォント関連は、先に設定させていたほうが良さそうです。

  1. LibreOffice の開放
  2. 端末を利用して PPA の設定
  3. 端末を利用して LibreOffice の追加
  4. GUI の日本語化
  5. LibreOffice Base を利用できるようにする

開放について

アンインストール、つまり、LibreOffice の開放ですが、LibreOffice のアンインストール にて、紹介したように、Synaptic パッケージマネージャを利用したほうが、良さそうです。
Ubuntu Software や端末を利用した場合は、アプリケーションを表示するより、LibreOffice の諸々のアプリケーションが表示され、起動される場合がありました。
尚、場合にもよると思いますが、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連が追加されていれば、削除させたほうが無難な気がします。私は、削除の後、設定しました。(当然と思いますが、PPA の設定の時、自動的に設定されました。)

再設定について

次に、設定した LibreOffice の手順を紹介します。尚、全て端末を利用して設定し、Synaptic パッケージマネージャは、閉じた状態で作業を行いました。

PPA の追加

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa
sudo apt-get update
この時点で、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連 (具体的には、http://ppa.launchpad.net/libreoffice/ppa/ubuntu) が追加されたみたいです。

パッケージの追加

sudo apt install libreoffice
この時点では、英語版の LibreOffice が設定され、日本語化されていませんでした。

日本語化

sudo apt install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja
この時点で、日本語化されました。
今回、紹介した手順で LibreOffice を設定すると、2020年08月30日 時点では、6.4.6.2 のバージョンが設定されました。

Base について

LibreOffice の [ツール] – [オプション]より LibreOffice 詳細 タブで、Javaオプション にて、Java実行環境を使用(ペンダーUbuntu 11.0.8)が設定されていても、Baseのテーブル作成、既存のデータベースファイルは開きますが、テーブルを開くことができませんでした。
その画面を紹介します。

LibreOfficeのオプション

libreoffice-sdbc-hsqldb なるパッケージを追加しました。
sudo apt install libreoffice-sdbc-hsqldb
このパッケージの追加で、既存のデータベースファイルのテーブルも開けました。そして、新規にデータベースも作成することもできました。

その他

今回、LibreOfficeの再設定の際、libreoffice-evolution なるパッケージを見かけました。
どのようなパッケージかわかりませんが、とりあえず設定しました。
sudo apt install libreoffice-evolution

その他

とにかく、Ubuntu 20.04 LTS に、LubreOffice 6.4.6.2 が設定できました。
LibreOffice のバージョンは、7.*系も発表されているみたいですが、7.*系の設定は、sudo apt update などで、バージョンアップできれば良いのですが、場合により、6.*系が残る可能性があります。
この時は、今回投稿した内容を参考にしながら、再設定していく考えです。

テレワークにおすすめのモバイルPC パソコン工房

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月30日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください