オフィス菜のブログ

インターネットの切断の対処-Ubuntu編

不可解な現象です

私は、パソコンの起動時に GNU GRUB version 2.04 にて、Ubuntu または、Windows を選択して、各々の OS を起動させるようにしています。
Windows (Windows 10 Pro.) にて、インターネットを利用している場合、切断されませんが、Ubuntu (Ubuntu 20.04 LTS) を利用している時、任意の継続した時間、インターネットを利用していると、自動的に切断される現象がありました。
具体的には、下図で紹介するように、パソコンの右上にはてなマークの表記に変わり、インターネットが切断されました。
今回、この対処に関する内容を備忘録的に紹介します。尚、今回も紹介しきれない程、数多くのサイトを参考にさせて頂きました。

切断されている時の表示

はてなマーク

具体的な対処の方法

dhcp-client.conf というファイルを /etc/NetworkManager/conf.d/ の直下に作成します。
この dhcp-client.conf ファイルの内容を下記に紹介します。(2行のみのようです)

dhcp-client.conf ファイルの内容

[main]
dhcp=dhclient

この作成した dhcp-client.conf ファイルを /etc/NetworkManager/conf.d/ のディレクトリーに持っていった状態を紹介します。

UserName@PCName:/etc/NetworkManager/conf.d$ ls -l
合計 8
-rw-r--r-- 1 root root 32  3月 14  2020 default-wifi-powersave-on.conf
-rw-r--r-- 1 root root 21 10月 22 21:16 dhcp-client.conf
UserName@PCName:/etc/NetworkManager/conf.d$ 

パソコンの再起動を行います

pgrep -l dhclient にて、状態を確認するらしいですが、パソコンを再起動しないと、端末には何も表記されませんでした。
パソコンの再起動後、986 dhclient なるものが表記されました。
再起動後に端末で表記された内容を紹介します。

UserName@PCName:~$ pgrep -l dhclient
986 dhclient
UserName@PCName:~$ 

 

ログファイルの対処

このままだと、ログファイルにapparmorのエラーメッセージが頻繁に出力されるらしく、その対処を紹介します。

  1. プロファイル sbin.dhclient のシンボリックリンクを /etc/apparmor.d/disable ディレクトリ直下に作成する
  2. カーネルにロードされた、apparmor の dhclientプロフィルの削除

これら各々の具体的な端末の表記を紹介します。

プロファイル sbin.dhclient のシンボリックリンクを /etc/apparmor.d/disable ディレクトリ直下に作成する

root@PCName:/home/UserName# sudo ln -s /etc/apparmor.d/sbin.dhclient /etc/apparmor.d/disable
root@PCName:/home/UserName#

root@PCName:/home/UserName# ls -la /etc/apparmor.d/disable
合計 8
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 22 21:27 .
drwxr-xr-x 8 root root 4096 10月 16 16:25 ..
lrwxrwxrwx 1 root root   29 10月 22 21:27 sbin.dhclient -> /etc/apparmor.d/sbin.dhclient
lrwxrwxrwx 1 root root   31 10月 15 09:28 usr.bin.firefox -> /etc/apparmor.d/usr.bin.firefox
lrwxrwxrwx 1 root root   33 10月 15 09:28 usr.sbin.rsyslogd -> /etc/apparmor.d/usr.sbin.rsyslogd
root@PCName:/home/UserName# 

カーネルにロードされた、apparmor の dhclientプロフィルの削除

尚、このようにしても、なんらかのリンク元として、/etc/apparmor.d/sbin.dhclient ファイルは残りました。

root@PCName:/home/UserName# sudo apparmor_parser -R /etc/apparmor.d/sbin.dhclient
root@PCName:/home/UserName# 

基本的に意味を把握していません

今回の dhcp-client.conf ファイル自体、何を意味するのか、他にどのような記載を行うべきかなど、私自身、把握していません。
上述したとおり、数多くの方々のサイトを参考にして、Ubuntu 20.04 LTS 利用時のインターネットの自動切断の対処を行いたいだけで、今後、dhcp-client.conf に関する内容などは、ガツガツ・ゴリゴリです。
ちなみに、今回、紹介した内容の設定により、任意の連続した時間によるインターネットが遮断される現象はなくなったみたいです。

e87.com(千趣会イイハナ)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2021年11月20日
新規投稿
−以 上−

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。