田植え直後のほ場-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment


田植えのお手伝いをしました

先日、通年、私がエンジン付きの5条の除草機を利用して除草作業を行っている農家さんの田植えのお手伝いを行いました。
この農家さんの田植えのお手伝いは、初めてですが、どの農家さんも作業内容は、類似しています。
田んぼの除草作業は、通年行っていますが、この農家さんの場合、ヘリ周りに土が寄り過ぎ、きちんと除草作業ができない場合が多く、今回、私も出動しました。
今回、こだわり栽培の田植え直後のほ場を紹介します。
尚、1回目の除草作業は、2018年05月24日あたりを予定しています。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年05月18日 » 田植えを行った日でもあります
株数
1.1マスの50株程度
利用した田植機
イセキの乗用の6条の田植機

マクラの部分は、6条の一回です

通常、6条の田植機を利用して田植えした場合、マクラの部分は、重なり部分を考慮して、2回、歩きます。
しかし、昨年頃より、6条のままの一回で行うようにしました。
エンジン付きの除草機の都合もあり、かつ、除草作業時に踏み倒すこともありますので、6条のままの一回で田植えを行うようにお願いしています。
田植え後の見栄えですが、そんなに大差はありません。

田植え直後のほ場

田植え直後のほ場

除草作業まで水管理に留意です

この農家さんは、除草剤の散布も行わず、更に、田の草も拾ったりしません。
除草作業は、私が、年に2回行っているエンジン付きの除草作業のみです。
つまり、耕作者は、田んぼに入ることなく、更に、除草剤も使用せず、田の草の抑制は、主に、水管理で抑えています。

エンジン付きの除草機のみでは、ヘリ周りは、上手く除草できません。
この人力のアルミの除草機を利用して、ガラガラして、更に、土手の草刈り時も水際もきちんと草を駆らないと、土手側より田んぼに草が入り込む感じです。
今までの除草作業、及び、その除草後のほ場を見ると、このガラガラもポイントと感じています。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月19日
新規投稿
−以 上−

税金の季節が始まります

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



農耕車もナンバープレートが必要らしい

本日、市役所より軽自動車税の納税通知書が郵送されてきました。
同封されていた書類に、農耕作業用車のナンバー、納税に関する内容が同封されていました。つまり、トラクター、コンバインなどに関する農耕車の税金についてです。
これら農耕車に関する諸々の内容につき、他のウェブサイトなども参照にしながら、調べました。
今回、これら農耕車の軽自動車税などに関する内容を備忘録的に、投稿します。

ナンバープレートは必要らしい

同封されていた書類によると、農耕作業用車は、道路の走行の有無に関わらず、軽自動車税の対象になり、申告が義務付けられているらしいです。
つまり、ナンバープレート (課税標識) を、付けなければならないらしいです。
仮に、ナンバープレートを付けていない場合 (ない場合と思いますが) は、役所にて申告し、交付を受ける必要があるらしいです。
尚、この役所への申告の際は、メーカー名 (購入した会社、個人などでないと思います)、車体番号、排気量がわかる書類 (販売証明書などらしい)などが必要らしいです。
ちなみに、農耕作業用車とは、トラクター、コンバインなどと記載されていました。

道路運送車両法施行規則なるものがあるらしい

道路運送車両法施行規則なるものがあり、この別表第一に、自動車種別の一覧表があるみたいです。
この別表第一にて、大型特殊自動車として、下記の記載があります。

ロ 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

つまり、田植機 (乗用用と思いますが・・・) も、ナンバープレートを付けることが義務付けられ、課税対象みたいです。
しかし、例外なき規則はないと思いますので、構造上、ナンバープレートを付けることが困難な場合は、例外処置があると思います。

参照元

道路運送車両法施行規則
https://ja.wikibooks.org/wiki/道路運送車両法施行規則
別表第一 » 自動車種別の一覧表
http://touroku.cho88.com/daiiti.htm

デアゴスティーニ

固定資産税を思うと良いかも

重量税が課税されている資産は、固定資産税は、課税されないと思います。
つまり、ナンバープレートをつけ、軽自動車税を納税してさえいれば、仮に、固定資産税の対象でも、固定資産税は、課税されず、減税できると思います。
ちなみに、この固定資産税の課税対象の有無の判断は、面倒で、税務官のさじ加減です。
前職中、資源探査衛星の管球の開発の際の地上フィールド試験設備について、財産元は、官公庁でしたが、これら設備のある場所が、メーカーでした。
税務官が来所の際、これら設備内のやばそうな試験設備は、各自の車の中などに隠した経験があります。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月12日
新規投稿
−以 上−

2018年の田植えを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



田植え直後のほ場です

今年も、通年、お世話になっているガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんのお手伝いを行えるようになりました。(例年とおり、おらげも手伝ってくれないかとのことです。)
先日、補植も含み田植えに関するお手伝いを終えました。
今回は、田植え直後のほ場の風景を紹介します。
尚、私がブログで紹介している大部分の写真は、耕作者に対し、こっそりして撮影したものが多いです。
閲覧して頂ける方は、この点をご留意の程、お願い致します。

ほ場などを紹介します

このほ場などに関する補足的な説明を行い、田植え直後の写真を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
お米の種類など
買種のコシヒカリで、ガチガチの農協派の慣行栽培
田植えをした年月日
2018年05月04日ころと思います。
この日は、天候不順のため、私は、お手伝いは、お休みでした。
撮影した年月日
2018年05月05日 この日に補植のお手伝いを行いました。
補足的に
このほ場には、ミネラル (貝化石らしいです) の散布しました。

慣行栽培の田植え直後のほ場

次回の予定

この慣行栽培の農家さんは、今年も年間を通して仕事の依頼を受けました。
次回のほ場の風景は、田んぼの土手の草刈りの仕事の際に、このほ場の風景を撮影できると思います。
日程的には、2018年05月20日以降です。

お米とは、関係ありませんが、しょう油の広告を紹介します。
何かの漫画でみましたが、しょう油は、色々の料理の調味料に合うらしいです。
ステーキの隠し味に合うらしいです。

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月06日
新規投稿
−以 上−

新しいUbuntuがリリースされたみたいです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

2018年03月04日に、このブログにメモリの増設を計画していますについて投稿しました。
私が保有しているLenovoThinkPad SL510 2847-4XJのメモりサイズの標準値は、2GBですが、新たに4GBの増設メモリを購入しました。
単純に、このノート型パソコンの裏フタを開け、開いている場所に新規に購入した増設メモりを挿入するだけで、それとなく認識し、動作しているみたいです。

しかし、今回のメモりの増設が要因か未明ですが、不可解な現象が発生しました。
また、色々と検索していくと、BIOSのことなど、雑学的に知り得た内容を備忘録的に投稿します。

増設前後の状態

私が利用しているOSは、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits版)です。
64Bits版のOSならば、それなりのメモり容量を認識するらしいです。
下記に、増設前後のメモりスワップについて、記載します。尚、システムモニタのメモりとスワップの履歴にて、確認しました。

  増設前 増設後 備考
メモり 1.8 GiB 5.7 GiB 増設分は、それなりに認識された感じです
スワップ 1.9 GiB 1.9 GiB 変化なし

スワップ領域は、OS設定時のことと思いますので、変化なしは、当然と思います。



不可解な現象

今回のメモり増設が、直接的な原因とは、思いませんが、メモり増設後、パソコンの電源の投入時に、下記のようなダイアログが表示されるようになりました。

The system is running in low-graphics mode.

上述のダイアログにて、次に進むとWhat would you like do ?の問い合わせ後、Try running with default graphical mode (規定でオンになっています) を選択させるとログイン画面が表示され、それとなくパソコンが動くようになりました。

ちなみに、上述の内容は、常に発生せず、パソコンの機嫌が悪い時に発生する感じです。



色々、検索しました

The system is running in low-graphics mode.の件は、比較的、多く検索され、BIOSを最新版にするとか、BIOSにて、認識させるメモり数を買える変えるなど、解決されておられる方もいるみたいです。
ここに、LenovoThinkPad SL510のBIOSの起動方法を紹介します。

電源投入後のF1です。F12は、Boot Menuのみ表示されました。F1だと、BIOS Setup Utilityが起動しました。

一方、seaBIOSなるものもあり、sudo apt install qemu-kvmで設定できるみたいです。(設定できました。)
しかし、パッケージマネージャで、seaBIOSの説明みたいなものをみると、
Note, however, that SeaBIOS does not handle early initialization of core chipsets, so don’t even think of flashing it to your board (look at Coreboot for that).
の記載されてあります。
私が利用しているパソコンのCPUは、Intel® Core™ 2 Duo CPU P8700 @2.53GHz x 2 です。
このseaBIOSを設定しても、大した変化は、ありませんでした。

結論的に・・・

Ubuntu Japanese Teamをみましたが、Ubuntu 18.04 LTSが、2018年4月27日に、リリースされたみたいです。
日本語版の配布は、どのようになっているか、わかりませんが、新しいUbuntuのリリース後、約1ヶ月程度、経過後、日本語 Remix リリースされるもたいですので、日本語がリリースされているようでしたら、パソコンのOS を、入れ替える予定です。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月02日
誤字の修正 買える → 変える
2018年04月30日
新規投稿
−以 上−

お米の苗です-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

私は、賃トリとして、こだわり栽培のみならず、ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんも含め、色々な農家さんのお手伝いを行っています。
現在、慣行栽培の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを行っており、仕事の合間をみて、稲などの生育状況をコッソリと撮影しました。
今回は、手ブレがひどく、ピンぼけ気味ですが、ハウス内のお米の苗の生育状況を紹介します。
尚、紹介する苗は、慣行栽培の兼業農家さんの苗です。



ここまで生育しています

昨日、土手の草刈りを行う前に、ハウスに並んでいるお米の苗をコッソリと撮影しました。
この農家さんは、種まきを行いながら、ハウスに苗箱をならべず、一回、芽出し機に入れ、緑化させた後、ハウスに苗箱を並べます。俗に言われる苗箱並べです。(この作業は、結構、腰にきます)
プール育苗ではなりませんが、緑化後、並べ、更に、苗箱の下側に水が漏らないように、ビニールがひいてありますので、苗の生育の時期的には、プール育苗と類似している感じです。
今回は、仕事に追われ、ピントがズレていますが、ご了承の程、お願いします。

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
買種のコシヒカリ
種まき年月日
2018年04月08日
ハウスに広げた年月日
2018年04月11日
撮影した年月日
2018年04月24日
備考
種まきの際、タチガレなどの農薬も利用していると思います。
プール育苗ありませんが、苗箱の下にビニールをひいているので、苗箱は、水に浸されている時が多いです。

2018年04月24日のお米の苗の状態

お米の苗

いつも感じること

お米の苗の生育についていつも感じていることがあります。
芽出しと緑化がポイントと感じています。
プール育苗は、病気に強いとか、苗のおともりは楽とか耳にしますが、緑化させれば、こっちのものって感じです。
後は、きちんと根が張っていることを見ながらのおともりと思います。

尚、この農家さんの田植えは、2018年05月03日より、作業着手の予定で、田植えに関する仕事も、通年とおり、依頼を受けました。
今年も、慣行栽培の農家さんのお米の生育状態もコッソリと紹介できると思います。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月25日
新規投稿
−以 上−