レンタルサーバー」タグアーカイブ

Nextcloudが設定できたみたい-ロリポップ版

Published / by IBUOfficeSAI / Nextcloudが設定できたみたい-ロリポップ版 への2件のコメント

初めに

私は、ロリポップ! (プランは、スタンダードです) のレンタルサーバーを利用し、ブログの投稿や、レンタルサーバー上のMySQLを利用しています。
現時点のスタンダードのプランのディスク使用量は、120GB まで利用できるらしいです。
まだ、このディスク容量に余裕があり、 Nextcloud を設定し、私の固有得意とのコンテンツの共有を計画し、今回、ロリポップ!に Nextcloud を設定しました。
やっとの思いで、ロリポップ! に設定することができました。
ちなみに、今回、設定した Nextcloud のバージョンは、15.0.5 です。設定する側、つまりロリポップ! のPHP設定は、 PHP 7.1 を選択しないと、インストール開始時にエラーメッセージが表示されました。
尚、今回は、PHP 7.1 (CGI版) にて、設定しました。

今回、やっとの思いで Nextcloud が、設定ができたので、備忘録として投稿します。
尚、今回の設定の際に利用した私のパソコンの環境を下記に紹介します。

ブラウザ
Mozillz Firefox 65.0.1 (最近の履歴は、すべて消去して設定しました)
ファイル転送
File Zilla 3.40.0
利用したパソコン
Lenovo ThinkPad SL510 (メモリは、増設しました)
パソコンのOS
Ubuntu 18.04 (64Bits版)

ディノス オンラインショップ

結論的に・・・

Nextcloud のインストーラは、https://nextcloud.com/ より、入手できました。
今回、Nextcloud を設定する際、数多くの方々のブログを参考に行いました。投稿されておられた内容の殆どが、Web Installer の利用でした。
私の場合、Nextcloud は、ロリポップ! に設定できたみたいですが、起動時に不可解な現象がありました。
結論的には、Web Installer の利用ではなく、Archive File をダウンロードして、解凍した内容をロリポップ! に貼り付け (アップデート) することより、意図したような設定でき、更に、それなりの動作を行っているみたいです。

今回の設定に関する私なりのポイント

  • ロリポップ! には、Nextcloud を利用するサブドメインを設定し、WAF設定や海外アタックガードの設定を行ったほうがよさそうです。
  • 作成したサブドメインの PHP設定をPHP 7.1 にあげること
  • 利用するインストーラは、Web Installer の利用ではなく、Archive File を利用する « これが一番のポイントと思います
  • WAF設定や海外アタックガードの設定を変更した場合、すぐに反映されないみたいです。反映される具体的な時間は、把握しかねますが、しばらくお待ちくださいの感じです。
  • Nextcloud で利用するデータフォルダは、新たに、フォルダを設けず、インストールの際、標準的に作成される既定値を利用したほうが無難な感じです。

手順、設定の準備

Nextcloud をレンタルサーバーのロリポップ! に設定する際、インストーラの入手もさることながら、ロリポップ! 側の設定が必要な感じがします。
今回、Nextcloud レンタルサーバーに設定する前のロリポップ! 側に設定した内容を紹介します。

Nextcloud で利用する MySQLのデータベースを新規に作成する

但し、SQLite を利用する場合、MySQL は、必要でないかもしれませんが、利用しているプランが、スタンダードより、MySQL を利用したほうが使い勝手がよいと思います。

サブドメインを新規に作成し、公開(アップロード)フォルダ を設ける

この公開(アップロード)フォルダ を設けることより、ファイルなどの転送先や、転送先のパスが把握しやすくなると思います。

新規に作成したサブドメインのPHP設定、WAF設定や海外アタックガードの設定などを下記のように変更する

PHP設定
PHP 5.6 (モジュール版)→PHP 7.1 (CGI版)、つまり、PHP 7.1 にあげる。
尚、モジュール版でも設定できると思います。(私は、現在、モジュール版、つまり、サーバー移設をロリポップ! に依頼中です)
WAF設定
Nextcloud の設定時は、無効で設定しました。設定後、既定値の有効にすると、Nextcloud の起動時に不可解な現象が発生しています。
海外アタックガード
Nextcloud の設定時は、無効で設定しました。設定後、有効に変更しました。
独自SSL (無料)
Nextcloudを設定するサブドメインは、独自SSLを利用せず、Nextcloudを設定しました。設定後は、SSL保護を有効にしました

セシール - 春色インナー特集

ユーザー設定

入手したArchive File を貼り付けた URL をブラウザで開くと、下記のように起動すると思います。
既に、レンタルサーバー側に貼り付けているので、Nextcloud 自体の設定は、終えているので、後は、ログイン情報と利用するデータベースの設定と思います。
尚、このユーザー名は、管理者と思います。WordPress で利用しているログイン情報は、利用しないほうがよさそうです。(直感的にです)

ユーザー設定画名

データベース設定

ストレージとデータベースは、下記のように設定しました。
データフォルダーは、ロリポップ! FTP で表示される内容ではなく、パスの名称です。
パスの確認は、<?php echo __FILE__; ?> の内容を myPassChk.php などのようなファイル名にして、パスを確認するディレクトリーに貼り付けるとブラウザより確認できました。

データベース設定画面

[サーバー管理] → [データベース] より表示されるユーザー名です。
多分、アカウントIDと思います。
尚、作成した MySQL を phpMyAdmin で開くと、このユーザー名の後に、@も含んだ数値が表示されると思います。しかし、ここで設定するユーザー名は、[データベース] より表示されるユーザー名を記載しました。
作成したデータベースのパスワードです。
表示されるデータベースです。
多分、ユーザー名-命名したデータベース名と思います。
localhost の表示に悩みました。
利用するデータベースのデータベースホストです。

不可解な起動

Web Installer を利用してNextcloudを設定すると、Nextcloud 自体は、設定された感じですが、Nextcloud の起動時に下記のような不可解な現象が発生しました。
具体的な内容ですが、グルグル回りっぱなしです。Windows Application 作成時に利用するload.gifみたいなのが、回りっぱなしで、すべてのファイルが表示されず、プロフィールの設定もできない状態でした。
更に、外部ストレージを設定する権限がありませんのような警告メッセージも表示されました。
これらは、Web Installer の利用ではなく、Archive File をレンタルサーバー側に貼り付け、Nextcloud を設定することで対処できたみたいです。

エラー画面

備考

今回の投稿は、Nextcloudを ロリポップ! のレンタルサーバー (スタンダード) に配置する私の備忘録です。
設定前後のディスク容量などの変化を下記に紹介します。

項目 設定前 設定後
ディスク使用量 247.892 MB 482.826 MB
ファイル数 9,579 / 500,000 25,424 / 500,000
ファイル使用量 190.328 MB 422.262 MB

ちなみに、下記のアプリは、追加しました。このアプリの追加は、WordPress で言うところのプラグインの追加みたいな感じです。

  • Auditing / logging
  • Calendar » 予定表
  • Contacts » 連絡先






  • この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

    2019年03月16日
    新規投稿
    −以 上−

    UbuntuにてロリポップにFileZillaを利用してみました

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    前略

    私は、ロリポップ!のレンタル・サーバーを利用して、ブログの投稿やホームページなどを配置しています。
    作成した複数のHTMLファイルをロリポップ!のレンタル・サーバーに容易にアップできないものかと、探っていたら、FileZillaなるものを見つけました。

    無い知恵を絞りながら、何とか設定することができました。
    全ての環境で設定できるとは、限りませんが、私なりの備忘録として、投稿します。

    下記に、私なりに気づいた内容を紹介します。

    設定した環境

    FileZilla自体もバージョンがあると思います。そして、利用するOSにより、違いが思います。
    下記に、今回、設定したパソコンなどの環境などを紹介します。

    FileZilla
    3.7.3
    レンタルサーバー
    ロリポップ!
    プラン
    ライトプラン
    OS
    Ubuntu 14.04 LTS 32Bits版
    その他
    インターネットの接続は、SoftBank Air2 を利用



    設定手順として

    UbuntuのパソコンにFileZilla自体を設定する方法は、Ubuntuソフトウェアより設定しました。FileZilla自体は、単純に設定することができました。

    レンタル・サーバー側の設定

    ロリポップ!の管理画面より、WEBツール → FTPアクセス制御を選択し、現在の接続元IPアドレスを確認します。
    この現在の接続元IPアドレスの値が、FTPアクセス制御の一覧表にない場合、現在の接続元IPアドレスを追記する必要があるみたいです。

    レンタル・サーバー側にFTPアクセス制御されている場合FileZillaの接続後、下記のようなエラー・メッセージが表示されるようです。


    レスポンス: 550 PWD: Permission denied
    エラー: ディレクトリ一覧表示の取り出しに失敗しました


    私は、SoftBank Air2の利用したいるためか、接続元のIPアドレスが、変動します。
    ロリポップ!の管理画面より、WEBツール → ロリポップ! FTPにて、直下の.ftpaccessファイルに直接、Allow from allを追記しました。(邪道で、危険な行為かもしれません。)

    Allow from .bbtec.netの追記で接続可能と思いましたが、FileZillaより、接続の際、エラーが発生しました。
    この内容は、今後の私なりの課題です。

    FileZillaの設定

    数多くのブログを参照にさせて頂きました。ブログを投稿された方々に、感謝感激です。
    私なりに下記のようにまとめてみました。

    尚、ロリポップ!サーバー情報は、管理画面 → アカウント情報より、サーバー情報が表示されています。

    一般タグタブ

    ホスト
    FTPSサーバー
    プロトコル
    FTP – ファイル転送プロトコルを選択
    暗号化
    明示的なFTP over TLSが必要を選択
    ログオンの種類
    通常を選択
    尚、パスワードを尋ねるを選択した場合、接続毎にパスワードをタイプする必要があるみたいです。
    ユーザ
    FTP・WebDAVアカウント
    パスワード
    FTP・WebDAVパスワードのパスワード
    アカウント
    空欄

    詳細タブ

    サーバの種類
    既定値 (自動検出)を選択
    既定のローカル ディレクトリ
    各自が作成している Web サイトのディレクトリを選択したほうが、便宜性が良さそうです。

    転送設定タブ

    転送モード
    パッシブを選択

    文字セットタブ

    転送モード
    自動検出を選択



    備考

    今回、邪道な方法にて、FTPアクセス制御を解除しましたが、直下の.ftpaccessファイルの記載方法が、今後の課題と思います。

    この投稿の改定履歴

    2016年02月28日
    新規投稿

    レンタルサーバーについて

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    利用中のレンタルサーバー

    通称、栃木の自然派人間のWordPressのツールを利用したオフィス菜のブログは、ロリポップ!を利用しています。

    先日、個人のサイトではなく、法人さまのサイト作成の依頼がありました。
    相手方は、ドメインは、取得しているようですが、どのようなサーバーを利用しているのか、解らない状態です。(相手方も未明と思われます。)

    このため、広告バナーなどを利用し、どのようなレンタルサーバーがあるか、私なりに調べました。
    今回は、このレンタルサーバーにつき、投稿します。
    尚、私見的な部分も多いと思いますが、ご了承の程、宜しくお願い致します。

    レンタルサーバー

    私なりに、ピッキングしたレンタルサーバーを下記に紹介します。
    各社、諸々の長所、短所があるようです。
    尚、Lotus Domino/Notesを設定できるレンタルサーバーは、見当たりませんでした。




    私も利用しているサービスで、単にWordPressのツールを利用してのブログ投稿を、主なる目的の場合は、容易に利用できると思います。
    なぜなら、私みたいな初心者でも利用できるからです。
    尚、下記に、プランを紹介します。

    コロリボプラン
    MySQLのサービスはない。つまり、WordPress は、利用できない。
    ロリポプラン
    MySQL のデータベースは、1p利用できる。つまり、最低限度にて、WordPress は、利用できる。
    チカッパプラン
    MySQL のデータベースは、5ps利用できる。
    私なりが感じる長所
    • ロリポプラン以上のサービスならば、WordPressのツールを利用したブログの投稿ができる。
    • 比較的、知名度があるらしく、私でも容易に利用できる。
    私なりが感じる短所
    • Microsoft SQL Serverのサービスがない。
    • ClickOnceによるWindows Applicationsの配置ができなかった。(設定方法が、解らない)
    • Web Applicationsを強引に作成し、配置してみたが、うまくいかなかった。




    利用していないサービスで、詳細な投稿は、できませんが、カタログ値的には、魅力的なサービスです。
    今後、このサービスに利用変更を考えており、現在、私達が設立準備中の法人は、このサービスを利用する考えです。
    下記に、カタログ値的にみた内容を紹介します。

    私なりが感じる長所
    • Microsoft SQL Server 2008が利用できる。つまり、.NETFrameworkで作成したアプリでもSQL Serverが利用できると思う。
    • MySQLも標準的に利用できるみたい。つまり、WordPressのツールを利用したブログの投稿ができると思う。
    • 利用できるデータベースの数に対する料金が、安い感じがする。
    私なりが感じる短所
    • 私なりに、まだ、直観性がない。




    最近、諸々のサイトで利用している利用者が多くなりつつある感じです。
    基本的に、会社組織のレベルの利用者をターゲットにしている感じです。(それなりのサービスらしく、料金も比較的、高めな感じです。)
    私なりに、まだ、直観性が、全くなく、長所、短所も投稿できません。

    基本的に、利用目的と思う

    レンタルサーバーの利用は、利用目的と思います。
    つまり、次のような考えです。

    ブログの投稿ならば、WordPressのツールに限らず、Seesaaのサービスを利用し、リンクさせる画像のみをレンタルサーバーより利用すればよいでしょう。
    そして、社内のみならず、外部よりデータ処理を行う考えならば、MySQLを利用すればよいでしょう。
    .NETFrameworkを利用したアプリケーションの場合、Microsoft SQL Serverが、利用できるサービスを利用したほうが、開発が容易と思うし、ClickOnceによる配置もできる可能性があると思います。

    以上のことを踏まえて、私は、ロリポップ!
    ロリポプランより、 Windowsレンタルサーバー☆ExpressWeb
    に変更することを検討しています。
    後は、私の予算と今後の事業展開次第と思う今日この頃・・・

    -以 上-

    レンタルサーバーにて思うこと

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    始めに

    昨年 (2011年) 末より、このブログの投稿は、ロリポップ! を利用しています。
    また、私の各々のブログのインデックス的な存在であるホームページも、上記のレンタルサーバーの利用開始しました。

    利用の目的

    何事も、借用するのは、その利用目的が、各自あると思います。
    私の場合の利用目的は、下記に記載する内容でありますが、まだ使いこなしておらず、十分な成果は、現時点では、得ていません。
    徐々に、利用方法を拡大していく予定ではあります。

    • とにかく使ってみたいという好奇心
    • WordPressのツールを利用したブログを継続したい (最低限の利用目的)
    • 公開先を限定させたい
    • ClickOnceによる開発したアプリケーションの配布 (業務的な利用目的)
    • 欲を言えば、Microsoft SQL Serverのデータベースを公開したい。
      具体的には、ウェブアプリの公開です。(ASP.NETの分野になると思いますが・・・)

    諸々の内容を調べると、WordPressのツールを利用したブログ投稿は、MySQLなどが、必要なことが解りました。

    現在、利用しているプランについて

    現在、ロリポップ! には、コロリポプラン、上位のチカッパプランが、あるようですが、ロリポプランを利用しています。

    ロリポプランについて

    MySQLについて
    1つ利用できる
    その他の要因もありますが、WordPressが利用できる(実際、利用できています)
    容量
    13 GB
    事務手数料、消費税含む、金額 (実際に、初期に発生した金額)
    1年間のドメイン使用料 » JPN1,100-
    6カ月のサーバー使用料 » JPN1,725-

    まだ、確認は、行っていませんが、ClickOnceによるアプリの配布の場合は、文字の日本語化などがあるようで、.htaccessファイルの中身を変えれば、できるそうです。この点は、確信を得ていません。

    チカッパプランについて

    30個のデータベースが、利用できるらしいです。
    料金を紹介します。

    月額利用料
    JPN 525- より
    プラン設定費用
    JPN 787- (3ヶ月)

    これらのプランは、レンタルサーバー借用の最低限の目的である WordPress は、利用できることが、解ります。
    但し、ASP.NET関連のことを思うと・・・です。

    他のレンタルサーバー

    下記の Express Web なるレンタルサーバーをみつけました。
    期間限定かもしれませんが、料金は、ロリポップと、大差はありません。


    何と、SQL Server 2008 も利用できるようです。
    MySQL を操作したことがない、私には、この点は、非常に魅力を感じます。
    つまり、SQL Server 2008 で作成した、今まで正常に動作しているコードが、利用できるものと思っています。
    但し、Windows/Server認証やインスタンスなどは、確認していません。

    少し、紹介します

    (2012-02-14 追記)
    このExpress Webのサービスは、利用していませんが、サイトで公開されている内容をピッキングします。
    現在、少し、浮気心があります。

    料金 (キャンペーン中なのかな?)
    12ヶ月払い特価 (12ヶ月の合計 JPN 3,150-)
    初期費用 » JPN 0-
    月次費用 » JPN 263-
    OS
    Windows Server 2008 R2 SP1 << ClickOnceによる配置が容易かな?
    SQL Server 2008
    データベース数 » 3 p’s
    管理ツール » myLittleAdmin
    データベース数 » 3 p’s << この価格で、魅力を感じます
    管理ツール » phpMyAdmin

    なんと、WordPressのみならず、WebMarixをダウンロード後、WebMarixも利用できる感じです。
    Domino/Notes までとは、ないでしょうが、WebMarix の利用は、魅力です。

    -以 上-