求人情報」タグアーカイブ

求人に関する広告バナー

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

相変わらず、就職難で、年内に内定を、もらえない方々もおられるらしい。
その一方、小生の時代も現在も、教員と公務員は、なりなくない職種のベスト3に、ランクされているとか・・・

これは、別として、小生自身、登録はしていないが、バイトなども含め、諸々の求人に関する広告バナーを集めてみた。
感じるには、いろいろな職業もある。
その一方、医療などのような専門性の高い職種は、相変わらず、人手不足のような感じである。

ざっとみた程度の求人のバナー



あいかわらず、カタカナの職業で、テレフォンレディというものらしい。
昔流の言い方で、電話番のことだろうか ?


本当にチャットレディとは、なんぞやの気分である。
本日 (12/20) に、顔みしりのレジの非常に若い女性に聞いてもわからないらしい。
とにかく、いろいろな在宅ワークがあるものだと感心する。


全国エリアのバイト探しらしい。少し、検索してみたが、学習塾関連に関する内容に目を引いた。
物を教えるという行為なら、教員より、塾関連のほうが、サラリーがよいのは、知己の事実である。


バイト、アルバイトで、お祝金がもらえるらしい。
当然と言えば、当然だが、このバナーより応募し、応募先で仕事を開始してから、お祝金がもらえるみたい。


転職サイトで、小生自身、インターネットが普及していない時代に、利用した経験があるリクルートの流れと思う。(間違っていたらゴメンナサイ)
その際、非常に親切であった。(小生のフライニングで、まとまった話しがNGになった経験あり。)


リクナビNEXTの兄弟的な感じ。どっちもどっちと思うが、いかがなもんぞやって感じ。
いえるのは、転職に関しては、慎重に !! である。


薬局、薬剤師の支援サイト (申し込んでいないが、昔流で言う薬屋さん)
このように、基本的に、専門性が高い職種は、比較的、多く目を引く。
つまり、誰でもできる仕事は、誰でも応募でき、その人でなければの仕事は、十分に、仕事はある感じである。

とにかく・・・

ざっと閲覧した感じでも、上記の広告バナーがある。
本当に、多いものだ。
(尚、上記の広告は、A8.net さまより、提携させて頂いている広告を利用しました。)

ほんとうの意味での就職活動は、焦っていいあんばいに就職はしないほうがよい。
基本的に、会社でなく、職種に就職するのだから、その団体に入ることにより、何を行いかが原点と思う。

-以 上-

ほんとうに就職難だろうか

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

2011年11月18日付けの MSN のニュースにて、過去二番目の就職内定率らしい。
MSN のニュース (リンク切れになったらごめんなさいね)
その一方、転職の理由は、「仕事内容」が55%と断トツらしく、ほんとうにやりたいことが分からず、ただ単に職を探し、就職している感じがする。
小生の時代は、数値的には就職難ではなかったが、基本的には就職難であった。
つまり、1企業(官公庁も含み)に対し、1~2人しか、本人が、希望する会社に就職できなかった。
(この理由は、1学科 35名程度で、全員の希望する業界に人を回すと、せっかく求人してくれた会社に申し訳が立たなかったらしい)

ざっとみた程度の求人のバーナー

前置きは、別として、小生自身、農繁期もほぼ終え (先日の牛さんの稲のわらあげでほぼ終わりって感じ)、現在、話題になっている就職について、諸々のサイトをいろいろとググってみた。
小生がみる程度でも、下記のように求人支援の組織みたいなものがある感じ。
(ちなみに小生の時代は、リクルートが代表的で他はあまり知り得なかった)
ある意味で、現在のほうが就職活動が行いやすい感じがする。
紹介程度に下記に、それらのバナーを張り付けた。
基本的に、医療関連に関する業界は、人手不足な感じがする。つまり、専門性が高い業界は、昔も今も変わらず、人手不足みたいな印象であるが、実際は、どのようなものだろうか?

株式会社ファンコミュニケーションズ

いろいろな分野の求人情報を得ることができそうなサイト
職種、勤務地なども選択して探したりできそう。とにかく、いろいろなことができそうなサイト



トライアドジャパン株式会社

薬局・薬剤師の求人・求職・就職・転職・紹介・募集等支援サイトとして下記のような組織があるらしい。
薬剤師などま求人支援のサイトみたいだが、実際の活動は、未調査である。

株式会社ハイスペック

(2011年12月08日 追記分)
小生自身、俗に言う男性より、チャットレディなるものは、知らない。
しかし、単にお金を得るためなら下記のようなサイトもある。



株式会社 all engineer

(2011年12月29日 追記分)
日本最大級のエンジニアの求人サイトらしい。
小生自身、前職は、非常に特殊な分野の企画、開発職に従事していた。
小生を例に挙げ、少し、検索してみた。
なるほど、日本最大級の歌い文句はあっている。

ほんとうの意味での就職活動は ?

現に、内定を頂いていない方には、失礼かもしれないが、就職とは、会社に就職するのではなく、業種に就職することが大事な点と思う。
つまり、本人自身が、何を行いたいかである。
単に、お金を得るための就職なら、国家公務員(昔流の言い方の上級の乙職)や公立の教員になればよい。資格免除でこれらの職は、幅広く就職できる。但し、国家公務員の場合は、年齢に注意しなければ、どんどん転勤ばっかりになるらしい。

焦っていいあんばいに就職はしたものは、いいものの、数カ月で離職するなら、いっそうのこそ、教科で得ることができなかった内容をスキルアップし、自己PRしたほうが、受け入れ側も大切に扱ってもらうと思う。
ある意味で、このような就職難といわれる時代は、俗に言う大手に勤務するのではなく、専門性が高い業界に就職したほうが、おのれ自身の価値が高まると感じるが・・・(小生自身、俗に言う、大手に就職して失敗だったと感じている。)

-以 上-