タグ別アーカイブ: 税金

税金の季節が始まります

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



農耕車もナンバープレートが必要らしい

本日、市役所より軽自動車税の納税通知書が郵送されてきました。
同封されていた書類に、農耕作業用車のナンバー、納税に関する内容が同封されていました。つまり、トラクター、コンバインなどに関する農耕車の税金についてです。
これら農耕車に関する諸々の内容につき、他のウェブサイトなども参照にしながら、調べました。
今回、これら農耕車の軽自動車税などに関する内容を備忘録的に、投稿します。

ナンバープレートは必要らしい

同封されていた書類によると、農耕作業用車は、道路の走行の有無に関わらず、軽自動車税の対象になり、申告が義務付けられているらしいです。
つまり、ナンバープレート (課税標識) を、付けなければならないらしいです。
仮に、ナンバープレートを付けていない場合 (ない場合と思いますが) は、役所にて申告し、交付を受ける必要があるらしいです。
尚、この役所への申告の際は、メーカー名 (購入した会社、個人などでないと思います)、車体番号、排気量がわかる書類 (販売証明書などらしい)などが必要らしいです。
ちなみに、農耕作業用車とは、トラクター、コンバインなどと記載されていました。

道路運送車両法施行規則なるものがあるらしい

道路運送車両法施行規則なるものがあり、この別表第一に、自動車種別の一覧表があるみたいです。
この別表第一にて、大型特殊自動車として、下記の記載があります。

ロ 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

つまり、田植機 (乗用用と思いますが・・・) も、ナンバープレートを付けることが義務付けられ、課税対象みたいです。
しかし、例外なき規則はないと思いますので、構造上、ナンバープレートを付けることが困難な場合は、例外処置があると思います。

参照元

道路運送車両法施行規則
https://ja.wikibooks.org/wiki/道路運送車両法施行規則
別表第一 » 自動車種別の一覧表
http://touroku.cho88.com/daiiti.htm

デアゴスティーニ

固定資産税を思うと良いかも

重量税が課税されている資産は、固定資産税は、課税されないと思います。
つまり、ナンバープレートをつけ、軽自動車税を納税してさえいれば、仮に、固定資産税の対象でも、固定資産税は、課税されず、減税できると思います。
ちなみに、この固定資産税の課税対象の有無の判断は、面倒で、税務官のさじ加減です。
前職中、資源探査衛星の管球の開発の際の地上フィールド試験設備について、財産元は、官公庁でしたが、これら設備のある場所が、メーカーでした。
税務官が来所の際、これら設備内のやばそうな試験設備は、各自の車の中などに隠した経験があります。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月12日
新規投稿
−以 上−

国民健康保険税と市県民税について

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

大田原市民になりました

先日より栃木県大田原市 市民に返り咲き、本日、税務に関する諸々の内容を市役所で教えて頂きました。
教えて頂いた内容は、所得に対する減税に関する内容です。
収益がある程度の金額以下であれば、下記の税金の納付する金額は、減額、或いは、免税になる可能性があります。
更に、国民年金の全額免除になる可能性も高く、この免除期間は、国民年金の加入期間にカウントされます。

  • 国民健康保険税
  • 市県民税

尚、今回、紹介する金額は、扶養の有無などの条件があります。あくまでも私の場合であり、全員が同一とは、限りません。
参考程度として、とらえてください。
この投稿は、私の備忘録です。
本日、大田原市役所より、教えて頂いた内容で、私の場合による金額です。絶対ではありません。

シナリオ

私の場合を下記に紹介します。
この内容で、栃木県大田原市 市民であれば、大差ないと思います。

扶養家族
なし。俗に言う独り者
所得
個人事業として活動。給与所得なし。
保有資産
なし。知的所有権や発明者補償などは、個人資産としてみられて感じです。
申告
俗に言う、白色申告

金額

確定申告の申告書Bの収入金額等と所得金額を足した金額、具体的には、(9)の部分です。
給与所得などがない場合は、収入金額等の(ア)の金額と思います。
私の場合は、(ア)の部分です。

国民健康保険税

JPY 330,000- を超えなければ、国民健康保険税は、一番、安くなります。
具体的には、7割の金額の納付で済むようです。

市県民税

JPY 280,000- を超えなければ、市県民税の均等分も免税されるそうです。
この金額を超えると、事業税が発生するようです。
事実、私も所得が、JPY 320,000- 程度の時、事業税 JPY 3,000- が発生しました。

基本は、仕訳と思います

申告書などを作成は、常日頃の仕訳が大切と思います。
一年分をまとめて作成しようの考えだと、間違いのもとと思います。

私の場合、約100仕訳 / 月 ですが、極力、溜めないように心がけているつもりです。

税務署も敵ではありません。
仕訳や簿記に関する内容は、親切に教えて頂けます。
税理士などに依頼するのも安心感があるでしょう。しかし、自分の営利内容は、関連する部門の指導を受けながら、手間暇をかけて行ったほうが、面白いと思います。

この投稿の改定履歴

2016年01月25日
新規投稿

仕訳もクラウド化みたいです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

簿記の前の仕訳について

私は、細々と個人事業主として、諸々の活動を行っています。
開業後も素人なりに仕訳を行い、自己申告しています。

仕訳後の簿記も、電子化の時代。更に、クラウド化まで進んでいます。
今回、利用期間限定ですが、私が先日、導入し、現在、実験的に利用しているやよいの青色申告 オンラインについて、紹介します。

2016年02月11日 追記
私自身の備忘録の意味合いも含め、このページに、クラウド会計に関するソフトを紹介します。
発注、受注に関するソフトの紹介も参照してください。

ある意味で便利です

私が利用している OSは、Ubuntu 14.04 LTS (32Bits版) です。
そして、ウェブブラウザは、Mozillz Firefox 42.0 です。

私が利用しているサービスは、やよいの青色申告 オンラインで、セルフプランで、初年度1年間(最大14ヶ月)無料のプランです。

私の環境であるUbuntu 14.04 LTS (32Bits版) でクラウドみたいに利用できるのが、一番の魅力と感じています。

利用して、今まで、感じること

Ubuntuは、推奨されているOSでは、ないみたいですが、Ubuntuの環境でも、動作しています。なんと、帳票の作成も自動的に、PDFファイル形式に出力されました。

現時点では、個人事業主としての利用では、支障はなさそうです。

少し、不満に感じること

以前、体験版も踏まえて、備忘録として記載します。

事業仕訳
俗に言われるジョブだてで、活動しておられる方も多いと思います。
私自身、3つの柱の元、活動していますが、その事業ごとの収支を把握したい場合、少し、無理がありそうです。
口座関係
同一銀行に同一名義で口座を開設しているも多いと思います。同様に郵便局も同様です。
複数の口座を有して活動している方にとって、口座間の取引に対しては、少し、工夫が必要な感じです。

パッケージ版もあります。

私は、パッケージ版みたいな商品は、導入したことはありません。
但し、体験版は、利用したことがありますが、OSの変更や法改正などによる商品の切り替え、及び、上述した事項より、導入に至りませんでした。
下記に、私が、税務署や私の取引先などで耳にした会計ソフトを紹介します。

弥生会計<新消費税対応版><新消費税対応版>

農業簿記9(消費税改正版)

基本は、仕訳と思います

どのようなシステムを利用しようとしても、基本は、仕訳と思います。
導入が面倒とか、無料で利用できるサービスをグズグスいう方は、決して利用しては、ならないと何時も感じています。
特に、農家さんに、このような傾向が強いです。このような方々は、お金を出したい方に、依頼して会計を任せたほうが、世のためです。

 

やよいの青色申告 オンライン

私も利用しています。単なる仕訳ならば、非常に便利なツールです。
紹介されている1年間の無料とは、利用開始年、つまり、最初の1年間だけ無料です。
当初、口座の設定等など、なんだろうと思っていました。

見つけたクラウド会計

新規投稿時、以降にみつけたクラウド会計を紹介します。
これらのサービスは、本人申し込みNGのため、まだ、利用していませんが、私達が設立したNPO法人で、利用を検討する予定です。

 

次に見つけたクラウド会計

世の中、クラウド化の時代。会計ソフトも、数多くありそうです。
今回、にみつけたクラウド会計を紹介します。
このサービスは、本人申し込みNGのため、まだ、利用していません。
しかし、会計ソフト freee ※会計ソフトfreeeがランディングページをご利用のお客様の声を閲覧する限り、Macも利用できるそうです。

 

発注、受注に関するソフトの紹介

クラウド受注・発注システム「COREC(コレック)」 / 株式会社ラクーン
 « 発注と受注を選択して無料利用ができるみたいです。

私のお客様宅に紹介する意味合いで、少し、いじってみました。
操作は、紙に伝票を記載する感覚で、複雑な操作は、一切、感じません。私が、請求書作成に関する専用アプリケーションを開発、納入、設定、及び、得意先でのメンテナンスを行うより、非常に安価で利用できそうです。

発注する側

受注する側

家計簿として

家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト「マネーフォワード」 / 株式会社マネーフォワード

確認していませんが、家計簿的な利用は、単純かもしれません。

この投稿の改訂履歴

2016年02月11日
広告を追加しました
2015年12月30日
広告を追加しました
2015年12月24日
広告内容の紹介などの見直し、追加
2015年11月17日
新規投稿
−以 上−

レンタル・サーバーの仕訳

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

先日栃木県 大田原税務署にレンタル期間が2年を超える複数年の場合におけるレンタル・サーバーの仕訳につき、質問しました。
レンタル期間が、1年の場合と、複数年の場合と比較すると、ドメインの借用期間も含め、比較的、お得になります。
しかし、お金の発生年は、初年のみですが、利用期間が複数年になると、減価償却みたいになるのでは?といつも疑問を抱いていました。

今回、栃木県 大田原税務署で指導を受けた内容を投稿します。
諸々の場合もあると思いますので、決して、この投稿内容が、正しいとは、限らないと思います。

シナリオ

税務的な言葉は、別として、下記にシナリオを紹介します。

レンタル期間
3年間
金額
3年間で、JPY 9,720-(税込み)
事務手数料
コンビニ振込時に、JPY 162-(税込み)
事業の体系
法人ではなく、個人事業主として活動
申告の方法
俗に言う、白色申告。但し、青色でも仕訳は、同じ感じです。

つまり、3年間で、レンタル・サーバーのレンタル金額とコンビニ振込手数料を合わせて、JPY 9,882-振り込んだ。
尚、上述のお金は、実際のお金ではなく、例としてです。

仕訳

物品の購入ではありませんが、コンサートのチケットの前売り券や切手の購入と類似した考えです。
初年度、つまり、お金と振り込んだ年月日と、以降の利用年に仕訳ればよいらしいてせす。
尚、今回、レンタル料は、雑費ではなく、レンタル料という科目を設け、事務手数料は、雑費に組み込みました。

初年度 (お金を支払った年)

金額 借方科目 摘要 貸方科目 金額
JPY 3,240- レンタル料 初年度の利用料金    
JPY 6,280- 前払い費用      
JPY 162- 雑費 事務手数料    
      現金 JPY 9,682-
JPY 9,682- 合計 JPY 9,682-

尚、前払い費用のJPY 6,280-は、青色申告の場合、申告決算書の4頁の貸借対象表の資産の部前払金に組み込むらしいです。

次年度 利用の2年目

金額 借方科目 摘要 貸方科目 金額
JPY 3,240- レンタル料 次年度の利用料金    
      前払い費用 JPY 3,240-
JPY 3,240- 合計 JPY 3,240-

この時点で、前払金の残金は、JPY 3,240-です。

最終年度

金額 借方科目 摘要 貸方科目 金額
JPY 3,240- レンタル料 最終年の利用料金    
      前払い費用 JPY 3,240-
JPY 3,240- 合計 JPY 3,240-

この時点で、前払金の残金は、ゼロです。

参考として

購入品ではなく、レンタルなので、各年度ごとのインベントリーに、各々、発生した前払金の金額は、棚卸高には、載らないと思います。

その他として

税務署は、敵ではありません。仕訳や開業などに関する相談は、署員の方々が、親身に教えて頂けます。
また、今回、下記の図書も紹介して頂けました。購入するならば、最新版を勧めます。

今回の場合は、平成24年度版ですが、所得税必要経費の税務の pp.110-111に類似した内容が、記載されています。この図書を閲覧させて頂きながら、教授してもらいました。

尚、下記の広告バナーでも購入できると思います。

この投稿の改訂履歴

2015年08月04日
新規投稿
-以 上-

ポイントのあつかい

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

今年も、1月になりました。
あと少しで、確定申告の受付が始まり、数値合わせなど、ある意味でゴタゴタする方も多いと思います。
私自身、事業を行うため、ホームセンターなどで、資材や消耗品を購入する機会があります。
それら購入の際、各ホームセンターにて、発行しているポイントを利用する機会もあります。
今回、ポイントを利用した際の仕訳につき、備忘録として投稿します。

余談ですが、これらポイントは、通常のプリペードカードと同じ会計処理をするらしく、所持しているポイントは、使ったときに消費されたものとしてみなされるらしい。
尚、ポイントは、雑益とか雑収入ではないらしい、

シナリオ

2015年01月03日に、ホームセンターにて、事業で利用する長靴をポイントを併用して現金で購入した。
尚、申告などに関する内容は、下記に示す。

事業の体系
法人ではなく、個人事業主
申告の方法
俗に言われる白色申告
購入時
買ったものは、事業で利用するもの

ポイントを利用して購入した場合の仕訳

金額 借方科目 摘要 貸方科目 金額
JPY 2,274- 消耗品費 長靴    
JPY 102- 仮払消費税 課税仕入れ    
      現金 JPY 1,374-
    クラブ買物券 (1) 販管費割戻 (2) JPY 1,000-
JPY 2,376- 合計 JPY 2,376-
  1. クラブ買物券は、各々のレシートに記載されている内容で良さそうです。
  2. 貸方科目として、販管費割戻の表記で良さそうです。

申告の方法

販管費割戻確定申告への反映は、次のようになるらしいです。
あくまでも、法人ではなく、一般の申告の場合です。
尚、この内容は、先日、栃木県 大田原税務署にて、確認しました。

白色申告の場合

実際、支払った現金は、JPY 1,376-としても、発生した金額JPY 2,376-を、消耗品費として、申告してよいらしい。
消費税も仮払として、JPY 102-になるらしい。
尚、販管費割戻JPY 1,000-は、収支などに記載しなくてよいらしい。

つまり、白色申告の場合は、申告に反映されず、無視してよいらしい。

青色申告の場合

販管費割戻は、所得税青色申告決算書の裏側の貸借対照表に、記載するらしい。
具体的には、負債・資本の部に、販管費割戻の項目を追記し、金額を記載すればよいらしい。
一方、資産の部に、販管費繰越の項目を追記し、販管費割戻と同額の金額を記載すればよいらしい。

つまり、青色申告の場合は、青色申告決算書の貸借対照表に反映されるらしい。

基本的に勉強・・・

何事も、勉強です。私自身、諸々の図書を見ながら、かつ、税務署の職員に質問しながら、申告しています。
私が、俗に言われるJPY 100-ショップで入手し、眺めている図書を紹介します。

タイトル
複式簿記の理論と演習

著作者
下野 武司 ほか
第4刷発行
平成8年3月15日

タイトル
図解 消費税の実務ができる本

著作者
小池 正明
第4刷発行
2001年4月20日

新書は、下記より購入できそうです。

この投稿の改訂経歴

2015年01月12日
新規投稿
-以 上-