税金」タグアーカイブ

確定申告を終えました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

日頃のグータラ病のため、確定申告前は、日々、仕訳、データ入力、そして、収支合わせなどに追われる日々が、毎年、続いています。
基本的に、計画的に行動すれば良いのですが、なかなかできないのが、実情です。
2020年03月27日に、確定申告を終え、今年も、低額所得者として申告でき、国民健康保険税の減額、国民年金の全額免除などのサービスを受けることができそうです。

このように慌てることなく申告を行うならば、諸々の会計ソフトを導入すれば良いかもしれません。
私自身は、会計ソフトを導入せず、ムームードメイン より、ドメインを導入し、ロリポップ! (スタンダード・プラン) のレンタル・サーバーに自作のデータベースを設置して、データ入力、集計、そして申告書への転記を行い、確定申告を行っています。
今回、私が利用したことがある会計ソフトの紹介、私が利用している自作の MySQL のテーブル構造も踏まえ、小言的に投稿します。

私が利用している振替伝票とそのファイル

ソフトの種類について

パッケージ版のソフトより、クラウド版のソフトの利用を強く推進します。
パッケージ版は、購入すれば、ライセンスが許す限り、利用するパソコンなどに設定でき、便利かもしれません。発生する金額も導入時のみの場合もあると思います。
一方、クラウド版は、内容にもよると思いますが、使用する期間ごとにライセンス料金が発生すると思います。
しかし、パッケージ版は、以下のような不具合があると思います。

  • 消費税率などの変更に伴う変更の場合、ソフトは自動的に更新されず、更新パッケージを導入する必要性がある可能性がある。
  • 全てのソフトを見た訳ではありませんが、利用する OS が、Windows で代表される有料ソフトに限定される可能性がある。
  • 利用しているパソコンが壊れたら、大変ですよね。(栃木県大田原市の税務署では、この点を懸念しているみたいでした。)

これらのことを考慮すると、期間ごとに料金は発生するかもしれませんが、私個人としては、クラウド版を推奨します。
尚、栃木県大田原市にこだわり農家さんがいます。この農家さんは、ソフト導入も踏まえ、こんなものがこんなにするのが口癖です。販売するほうだと、俺のところは、こだわっているから高くても当たり前の考えです。
このような方は、絶対に利用すべきではないと私は、思っています。ソフト開発者に対し、大変失礼ですよね。

利用経験があるソフト

物は試しで、私自身、一般的に紹介されている会計ソフトを、俗に言われるお試し期間中、利用してことがあります。
私のパソコンの OS は、有料ソフトを利用していません。Ubuntuを利用しています。
Ubuntu 16.04 LTS の時代と、今の 18.04 LTS にて、下記のようなクラウド版の会計ソフトを利用したことがあります。ちなみに、Ubuntu は、ソフトの提供側で推奨される OS に含まれていませんが、意図したように動作していました。
私が感じた各々の印象を紹介します。

有名どころだと、この 弥生会計 と思います。
上述したように、クラウド版では、Ubuntu 16.04 LTS でも利用できました。
しかし、この 弥生会計 は、複数口座の仕訳ができませんでした。
例えば、栃木銀行大田原支店に事業ごとに口座を設けた場合、各々の口座の入出金に困難さがあり、諦めました。
更に、同一、ソフト内において、事業仕訳ができない印象です。
尚、これらの内容は、お試し期間中にざっとやった感じであり、検証した訳ではありません。

この 会計ソフトfreee は、以前、NPO 法人の利用に便利なコメントがありました。NPO 法人の会計報告は、事業仕訳が非常に面倒で、会計報告の書式も、税務署が推奨している国際標準みたいな書式です。
事業仕訳を行ったことはありませんが、NPO 法人でも利用できる点が魅力で、利用方法次第と思いますが、事業仕訳も行えると思います。
但し、お試し期間中でも、法人にて利用みたいなので、新規登録を進めるとカード番号の登録などを問い合わせてきたことがあり、登録内容の確認画面もできず、お試し期間中の利用でも有料になった場合があります。
新規登録時には、確認画面がない場合があるので、次に進む場合、物凄く注意して行う必要があります。(以前、痛い目にあった)

この マネーフォワード は、利用したことはありません。
最近、私自身、よく見かける会計ソフトで、気になっているソフトです。
詳細なことは、資料をダウンロードより入手ができそうです。仮にお試し期間があれば、お試し期間中にいろいろと試してみては如何でしょうか。

私自身は自作データを利用しています

私自身は、上述したように ロリポップ! (スタンダード・プラン) のレンタル・サーバーにデータベースを設置して phpMyAdmin を利用して直接、データベースに入力しています。非常に面倒です。入力ミスがないようにチェックも面倒です。
私が利用しているデータベースのテーブル構造を紹介します。 » https://drive.google.com/open?id=16tXvDwOk3SaqJ6G4IHR4X6KSJrwhsAuB

Windows の環境であれば、MS SQL Server を設置し、昔流でいう Visual Studio Express でコードを作成すれば容易にソフトを組めるのですが、Ubuntu の環境だと、MonoDevelop で作成できそうなことまでは解りました。
開発言語は、C#です。VBではありません。
この年になって、新しい言語に着手かと思うと、う〜んと唸っている日々です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年04月01日
新規投稿
−以 上−

得意先と食事を行いました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

消費税も諸々のようです

2019年10月03日に  いろいろな物を買ってみましたで、新規に投稿しましたが、2019年10月01日 より、消費税率が、8 %  → 10 % に増税されました。
増税後、事業性の有無を問わず、購入品のレシートを注意深く眺めるようになりました。
今回は、得意先と仕事関係の内容も含め食事を行った際の仕訳に付き、備忘録として投稿します。
責任逃れかもしれませんが、今回の投稿内容が必ずしも正しいとは限りません。ご了承の程、お願い致します。

具体的な仕訳

シナリオは、次のとおりで、下表のような仕訳になると思います。
本投稿内容の新規投稿時における仮払消費税は、8 % と 10 % があります。
税率の区分は、新たな仮払消費税の科目を設けず、摘要欄に、記載しました。

  • 得意先と、今後の仕事の進め方も含め、雑談的な会話を行うため、食事を行った。
  • その食事代は、現金にて支払った。
金額 借方科目 摘要 貸方科目 金額
JPY 982- 接待交際費 食事代 (取引先対応)    
JPY 98- 仮払消費税 10 % 課税対象品    
      現金 JPY 1,080-
JPY 1,080-   合計   JPY 1,080-

基本は同じと思う

消費税率の変更により、会計関連のデータ構造の変更が必要な場合の方もおられると思います。
消費税率のフィールドを設けていないデータ構造なら、借方科目の仮払消費税は、同じですので、摘要の部分も Where句で集計させるだけと思います。
そんなに大騒ぎすることではないと、私は、思っています。

  

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月05日
新規投稿
−以 上−

確定申告が間近です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



仕訳まで終えました

昨年は、そんなに忙しくはありませんでしたが、簿記に関する業務が滞っていました。
先月末に、右左 (貸方、借方) を、振替伝票に仕分けることを終えました。
3か月以上も仕訳が滞っており、賃トリの休みの時は、休みでありませんでした。

仕訳が基本と思います

弥生会計などで、代表されている会計ソフトを導入しても、右左の仕訳ができないと、データ入力ができないと思います。
基本は、この振替伝票に記載し、記載後、市販品、開発品などのデータに入力することが基本と思います。
簿記や会計などは、税務報告ではなく、自社の活動内容の分析と思います。

図書の紹介

私は、ネットオフで代表される中古本屋さんより、諸々の図書を購入しています。
私自身のレベルや、どのような図書が良いのか分からない場合が多く、中古本ならダメ元の感じで、図書を選んでいます。
下記に、私自身がみた図書を紹介します。

私自身は、この仕訳処理ハンドブックを購入していません。
私のお客様宅で、この図書を閲覧しました。
ネットオフなどで、代表される中古本屋さんで見つけた簿記、会計などに関する図書の物足りなさを解消してくれる図書と思います。
 

私も副理事を兼務していますが、私達は、以前、NPO法人を設立しました。NPO法人の会計基準は、書式も含み、提出書類も含み制約が多すぎます。会計基準も、会計基準 第2版による場合もあり、書類に明確に記載しなければなりません。
これらの図書は、NPO法人の会計に関しバイブルです。

この図書は、私も購入しました。NPO法人の活動の際、発生する経費などにつき、具体例を紹介しながら説明されている感じがします。
但し、このNPO法人 仕訳処理ハンドブックを参照するより、認可された自治体より発行されている手引書を閲覧し、その自治体の担当部門に相談しながら報告書を作成したほうが、相手方より喜ばれる傾向にある感じがします。

廃版になっているみたいですが、複式簿記の理論と演習は、非常にわかりやすいです。
簿記に関し、私なりのバイブルです。

データ入力です

後は、データ入力です。
私は、このブログも含めロリポップ!のレンタル・サーバーを利用しています。
プランをあげ、MySQL のデータベースを複数個利用できるプランに変更しました。
以前、パソコンをOSごと、クリーンインストールさせた際、MySQLとphpMyAdminの設定が、上手く再設定できず、どうせなら自分なりのクラウド・データと思い、ロリポップ!のレンタル・サーバーに会計関連のデータを作成しました。
現在、ローカルに設定していたデータベースの内容を、このレンタル・サーバーに移行中です。
ユニークキーとか、何なんだろうって感じで諸々の内容を調べながら、テーブル構成も含み以降中です。当面、この内容が、雑務的な急務な内容です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年02月02日
新規投稿
−以 上−



仕訳が滞っています

Published / by IBUOfficeSAI / 仕訳が滞っています への1件のコメント



今週のひとりごと

今年は、変な年です。非常におかしいです。
通常、月のうち、数日間は、賃トリ作業が途絶え、簿記などを行える日がありますが、なかなか時間が取れない月が多いです。
即金性が非常に高い、スクラップ関連もチョコチョコあり、然程、即金性は薄いですが、賃トリもそれなりに声を掛けて貰い、遊ばずすんでいる状態です。

間もなく、年末なのに、仕訳と簿記の業務が滞っています。



仕訳が滞っています

簿記について、データを入力する以前の作業で、仕訳が滞っています。
最近の世の中の動向として、仕訳より簿記の関連する業務は、freeeや、MFクラウド、そして、有名どころの弥生のようなクラウドが流行しているみたいです。
ちなみに、freee弥生は、OSが、Ubuntu (16.04LTS あたり) でも利用できました。(ちなみに、Ubuntuの環境は、各社では推奨されていなかったと思います。)
これらを利用すれば、楽なのですが、融通性のことを思うと、自分自身で、仕訳を行い、データを入力し、そして、申告したくなります。

基本は、仕訳と思います

解体現場などで出た不要なレノボのパソコンに、Ubuntuを入れて利用しています。
Ubuntu 16.04LTSを利用している時は、MySQLphpMyAdminは、すんなり設定でき、私が、Google Driveで紹介してる会計データベースのスクリプトのデータ構造を利用して簿記を行っていました。
Ubuntu 18.04LTSに、クリーンインストールさせた時、MySQLとphpMyAdminが、すんなり設定できず、現在、サービスを受けているロリポップ!スタンダードのプランであれば、ディスク容量が、120GB以内であれば、MySQLのデータベースを30個は利用できるみたいですので、私なりのクラウドの環境に移行を計画しています。

紹介程度ですが、振替伝票を紹介します。
私自身、市販の会計ソフトを利用でも、この振替伝票の記帳、つまり、仕訳が基本と思います。

愚痴になりますが・・・

それにしても、即金性のある賃トリも必要というか、面白いですが、目に見えない業務、つまり、今回、投稿した簿記関連の業務も必要と再認識している日々です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年11月11日
新規投稿
−以 上−



税金の季節が始まります

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



農耕車もナンバープレートが必要らしい

本日、市役所より軽自動車税の納税通知書が郵送されてきました。
同封されていた書類に、農耕作業用車のナンバー、納税に関する内容が同封されていました。つまり、トラクター、コンバインなどに関する農耕車の税金についてです。
これら農耕車に関する諸々の内容につき、他のウェブサイトなども参照にしながら、調べました。
今回、これら農耕車の軽自動車税などに関する内容を備忘録的に、投稿します。

ナンバープレートは必要らしい

同封されていた書類によると、農耕作業用車は、道路の走行の有無に関わらず、軽自動車税の対象になり、申告が義務付けられているらしいです。
つまり、ナンバープレート (課税標識) を、付けなければならないらしいです。
仮に、ナンバープレートを付けていない場合 (ない場合と思いますが) は、役所にて申告し、交付を受ける必要があるらしいです。
尚、この役所への申告の際は、メーカー名 (購入した会社、個人などでないと思います)、車体番号、排気量がわかる書類 (販売証明書などらしい)などが必要らしいです。
ちなみに、農耕作業用車とは、トラクター、コンバインなどと記載されていました。

道路運送車両法施行規則なるものがあるらしい

道路運送車両法施行規則なるものがあり、この別表第一に、自動車種別の一覧表があるみたいです。
この別表第一にて、大型特殊自動車として、下記の記載があります。

ロ 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

つまり、田植機 (乗用用と思いますが・・・) も、ナンバープレートを付けることが義務付けられ、課税対象みたいです。
しかし、例外なき規則はないと思いますので、構造上、ナンバープレートを付けることが困難な場合は、例外処置があると思います。

参照元

道路運送車両法施行規則
https://ja.wikibooks.org/wiki/道路運送車両法施行規則
別表第一 » 自動車種別の一覧表
http://touroku.cho88.com/daiiti.htm

デアゴスティーニ

固定資産税を思うと良いかも

重量税が課税されている資産は、固定資産税は、課税されないと思います。
つまり、ナンバープレートをつけ、軽自動車税を納税してさえいれば、仮に、固定資産税の対象でも、固定資産税は、課税されず、減税できると思います。
ちなみに、この固定資産税の課税対象の有無の判断は、面倒で、税務官のさじ加減です。
前職中、資源探査衛星の管球の開発の際の地上フィールド試験設備について、財産元は、官公庁でしたが、これら設備のある場所が、メーカーでした。
税務官が来所の際、これら設備内のやばそうな試験設備は、各自の車の中などに隠した経験があります。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月12日
新規投稿
−以 上−