Okabe Marking Systems」タグアーカイブ

出荷予定一覧表のPDFの利用

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

はじめに

小生の周りでは、ヤマト運輸さまが提供している配送ソフト B2SE を利用している農家さんが増えつつある。
その際、出荷予定一覧表を紙印刷ではなく、PDF で管理する農家さんもいる。
今回、小生のブログの整理の意味合いも含め、この件に関する従来の投稿内容を再確認し、再投稿する。

お願い事項など

  • この内容は、各社に問い合わせないこと。(このブログは、表記する各社には、関係のない内容です。)
  • この内容は、小生のお客様の対応の際のメモ記録である。
  • 以前、行った作業の記憶的な部分もある。
  • B2SE のバージョンは、Ver.6.10 である。
  • etc…

PDF ファイルを利用する考えになった理由

理由は、単純である。

  • 紙が非常に多くなり、紙印刷させた出荷予定一覧表が、どこに保管したか分からなくなった場合はないだろうか?
  • 電子的に管理できないものだろうか?
  • 「紙」印刷みたいに、ビジュアルに閲覧できないだろうか?

この点につき、小生のお客様にて、PDF ファイルでパソコン上で保管し、昨年 (2010年) より、今回、紹介する内容で、出荷予定一覧表を管理し、それなりの評価を頂いている。

出荷予定一覧のフォームに至るまで

以前、行った作業の記憶的な内容を下記に示す。(多分、下記の順番で出荷予定一覧のフォームが起動したと思う)

  1. [メインメニュー]フォームより[帳票出力]ボタンあたりをクリック
  2. [帳票出力]フォームより[出荷予定一覧]ボタンあたりをクリック
  3. [出荷予定一覧]フォームが起動されると思う

具体的な操作方法

基本的な考えは、通常の[業務終了]ボタンと同様に、出荷予定一覧表を印刷するダイアログを表示させ、(通常)紙印刷している業務をPDFファイルに保存させることである。

[出荷予定日]の欄
年月日を選択する
[ご依頼主]の欄
依頼主、つまり、氏名、或いは、会社名を選択する
[印刷]ボタン
選択した出荷予定日と依頼主の該当データがあれば、通常の[業務終了]ボタンと同様に、出荷予定一覧表を印刷するダイアログが起動する。
該当するデータがなければ、それなりのメッセージボックスが表示される。

後は、通常の[業務終了]ボタンと同様に、起動された出荷予定一覧表を印刷するダイアログにて、[PDF・・・]みたいなボタンをクリックすると、Adobe Acrobat が、設定されていないパソコンでも自動的にPDFファイルを作成することができる。
尚、作成する出荷予定一覧表の PDF ファイルの名称を自分なりにルールを作ればよい。
例えば、出荷予定日が、2010年4月30日 ならば、2010-04-30.pdf である。

具体的な出荷予定一覧の画面


出荷予定一覧表

各々のPDF ファイルの管理について

各々、電子出版させたPDFファイルは、出荷予定日のみであり、期間、つまり、10/01 ~ 10/30 という内容でない。
これらを行うには、小生は、Adobe Acrobat を使用して、各々のファイルを結合させ、しおりを付けている。
仮に、出荷内容が、間違った場合、利用者側で、Acrobat Reader X で、ノートをつければ、それなりの管理ができている。また、Adobe Acrobat を保有していない場合でも Reader X の利用のみで、追記の形で内容が見直された確認もできる。

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
» ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE について

-以 上-

B2SE側の設定

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

はじめに

前回までの投稿で、ラベルプリンタ (Okabe Marking Systems Eta 424) の諸々の設定に関する説明は終えたと思う。
今回は、送り状ソフト B2SE 側の設定に関する内容を再投稿する。

お願い事項など

  • この内容は、各社の公式な見解でない。よって、各社に問い合わせないこと。(このブログは、表記する各社には、関係のない内容です。)
  • この内容は、小生のお客様の対応の際のメモ記録である。
  • 以前、行った作業の記憶的な部分もある。
  • B2SE のバージョンは、Ver.6.10 である。
  • etc…

送り状の印刷設定のフォームに至るまで

  1. [メインメニュ]フォームの[システム管理]ボタンをクリック
    ([システム管理メニュ]フォームが起動されると思う。)
  2. [システム管理メニュ]フォームの[基本設定]ボタンをクリック
    (新たにフォームが起動されると思う。)

左上の[送り状]フレーム内を下記のように設定

  1. [ラベルプリンタ]オプションボタンを選択する。
  2. [Okabe Eta 424/Et424]をコンボボックスより選択させる。
  3. 接続手段を「その他」で「USB」をコンボボックスより選択させる。
  4. プリンタドライバを「Okabe Marking Systems E424」を選択する。

備考

このコンボボックスの選択忘れで、送り状が印字できないケースがある。

今回の投稿で、ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE でのラベルプリンタ Okabe Marking Systems Eta 424 を使用しての送り状の発行に関する諸々の設定に関する説明は、終わりである。
小生自身、小生のお客様宅で、当初、これらの設定はできなかった。
このラベルプリンタの設定を変更することより、印字できる確信を得たのは、前職で、X線管の製品ラベルの印刷→製品名称、製造番号などのデータ化のアプリケーションを作成した経験よりのカンである。(X線管の場合は、異なるラベルプリンタであったが・・・)

余談的に・・・

小生自身、これらの投稿内容のシステムも利用していないし、関連する業務に携わっている訳でもない。
これらの投稿の目的は、あくまでも小生のお客さま対応でのみで、小生のメモである。
下記の内容は、以前、ヤマト運輸さまに問い合わせた内容をピックアップして紹介する。

IIS の設定について
基本的には問題はないが、ポート80の通信を限定しないこと。
限定させると、B2の通信に影響があることも考えられるらしい。
   
利用するブラウザについて
推奨ブラウザを利用のこと。
Internet Explorer5.0以上またはNetscape Navigator4.7以上らしい (2011-12-08 再確認)

プリンタは注意が必要

2011-12-08 に、ヤマト運輸さまのサイトで再確認した。

  • レーザープリンタ (A4対応)
  • カラーインクジェットプリンタ (A4対応)
  • ラベルプリンタ (指定機種のみ)
  • 中寄せ印字タイプのプリンタには対応していない。この点は、要注意である。
    着払いの送り状を発行する際、Okabe のプリンタ以外で利用する場合がある。
    尚、Canon MP560 は、中寄せ印字タイプのプリンタには対応していない可能性がある。



この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
» ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE について

備考的に・・・

2012年01月22日 追記

小生のお客様宅で、B2SEのシステムを利用しておられる方がいる。
よく耳にするのは、起動時のエラー、観察していると、データ更新後や、作業日、初回時の起動時によく発生している感じである。
この現象は、B2SEのアプリケーション・バグではなく、MS SQL Server Express側の不可解な現象が発生している感じである。下記に示す手順で対処している、小生のお客様もいる。
2011年12月08日投稿 SQL Serverの不可解な現象

注記として

B2SE が正常に起動しない場合のパソコンは、MS SQL Server 2008 Express など、他の SQL Server のデータベースも利用している場合に発生している感じである。
しかし、OS が Vista (32 Bites版) のみ発生し、Windows 7 (32 Bites版) を利用している小生のお客様宅では、B2SE 導入後、現在 (2012年01月22日) に至るまで、発生していない。
何かの参考と思い、この部分を追記する。

-以 上-

プリンタEta424のプロパティの設定

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

はじめに

前回の投稿に続き、今回は、ラベルプリンタ (Okabe Marking Systems Eta 424) のプロパティの設定につき、小生なりのメモとして再投稿する。

お願い事項など

  • この内容は、各社に問い合わせないこと。(このブログは、表記する各社には、関係のない内容です。)
  • この内容は、小生のお客様の対応の際のメモ記録である。
  • 以前、行った作業の記憶的な部分もある。
  • etc…

プリンタのプロパティ

コントロールパネルあたりで、プリンタのプロパティを、通常のプリンタと同様にプリンタのプロパティを起動させる。
設定は、フォントタブのフォントの部分である。
尚、この設定は、ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE Ver.6.1 の場合の設定である。

プリンタ名
Sample Bar Code Font
→ 削除させる
タイプ
バーコード
→ 削除させる

仮に、これらの値が、既定値として設定されている場合、「設定されているプリンタ」を削除させる。
つまり、[フォント]の部分の表示は「なし」。

具体的なプロパティの]フォント]タブの画面


プロパティの設定

今回の投稿の内容で、ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE を利用し荷札を印刷させるためのプリンタの設定は、終了である。
次回は、配送ソフト B2SE 側の設定につき、投稿する予定である。

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
» ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE について

-以 上-

プリンタEta424の印刷設定

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

はじめに

ヤマト運輸さまが、無償で提供している配送ソフト B2SE を利用する際、ラベルプリンタ (Okabe Marking Systems Eta 424) を利用し、荷札を作成することができる。
今回より、このラベルプリンタの設定につき、小生なりのメモとして再投稿する。

お願い事項など

  • この内容は、各社に問い合わせないこと。(このブログは、表記する各社には、関係のない内容です。)
  • この内容は、小生のお客様の対応の際のメモ記録である。
  • 以前、行った作業の記憶的な部分もある。
  • etc…

プリンタ ドライバーの入手

小生自身、このプリンタ ドライバーを見つけるのに、非常に苦労した。
下記のサイトより、ダウンロードできる。
このページの Okabe Marking Systems をクリックするとドライバのダウンロードが開始される。(ファイル形式は、EXE である。)
Seagull ドライバのWindows プリンタドライバのダウンロード

初回に入手した2009年12月14日 も含め、2011年11月08日も英語表示
尚、この時点では、パソコンとプリンタは接続していなかったと思う。

 


リンク先の紹介 « 2015年11月26日 追記

2015年11月26日に上記のサイトを閲覧した際、ドライバーなどの情報を下記に紹介します。

Version
7.4
Size
15.0 MB
Date
9/30/2015

プリンタをパソコンに認識させる

プリンタドライバをパソコンに設定後、(プリンタ) Eta424 をパソコンに接続。
後は、通常のプリンタの追加と類似作業。

プリンタの印刷設定の変更

コントロールパネルあたりで、プリンタの印刷設定を、通常のプリンタと同様に起動させる。(右クリック当たりで、表示される可能性がある)
次に示すタブを変更する。

  • [ラベル用紙]タブ
  • [オプション]タブ

[ラベル用紙]タブ

設定変更する内容を下記に示し、具体的な画面も添付する。

用紙設定
ラベルセンサー現在の設定を使用よりラベルマークに変更する。
用紙の種類
印刷後動作なしより手切りに変更する。
開始オフセット印刷後動作既定値を使用する。

具体的な印刷設定のラベル用紙の画面

印刷設定のラベル用紙タブ

[オプション]タブ

設定変更する内容を下記に示し、具体的な画面も添付する。

印刷速度
既定値を使用
場合にもよるが、微調整の必要もあると思う。しかし、基本的に既定値の使用でよいと思う。
ヘッド温度
既定値を使用
場合にもよるが、微調整の必要もあると思う。しかし、基本的に既定値の使用でよいと思う。
グラフィックオプション
自動よりPCXに変更

具体的な印刷設定のオプションの画面

印刷設定のオプションタブ

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
» ヤマト運輸さまの配送ソフト B2SE について

デル株式会社

B2 の利用に当たり « 2015年11月26日 追記

B2ならバージョン7を・・・にも、紹介したように、B2には、バージョンがあります。
何も不都合がなければ、バージョン 7の設定を強く推奨します。

その理由は、バージョン 7で利用しているデータベースは、SQL Server Compactを利用しており、既存のパソコンに Microsoft SQL Server が設定されていても、バージョンが7であれば、B2が設定できました。
尚、Microsoft SQL Serverを、アン・インストール、或いは、パソコンを工場出荷時に戻したとしても、Microsoft SQL Server のインスタンスが残り、B2(バージョン 6)が設定できない現象がありました。

この投稿内容の履歴

2015年11月26日
リンク先の紹介を追記
2011年12月03日
内容を確認し、今回、再投稿
2011年11月08日
Google Blogger で公開 (2011年12月 上旬、Blogger を廃止した)
2011年12月03日 削除
2010年02月23日
WordPress.com で公開
2011年12月03日 削除
-以 上-