イチゴの苗の移植を手伝いました

イチゴの苗の移植です

最近、イチゴ屋さんと仲良くなり、今回、イチゴの苗の移植のお手伝いを行いました。
私自身、イチゴ関連の手伝いを行ったことはなく、苗をに配るお手伝いが主な仕事でした。
今回、この苗の移植後の様子を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
多分、トチオトメと思います
作業日
2019年09月10日 から 2019年09月13日

移植後の様子を紹介します

イチゴの苗を配るのは、単純でしたが、移植となると上手くできませんでした。
私自身、慣れている方と比べると2倍以上の時間が掛かり、途中で別の作業に変更です。
ちなみに、今回、お手伝いしたイチゴ農家さんは、連棟と単棟の2つのハウスがあります。

移植直後の全体の様子・・・連棟ハウス

苗の移植直後の様子です。
の高さは、程度でした。

移植直後の全体の様子(連棟ハウス)

移植直後の畝の部分

拡大した写真です。
苗の間隔は、20cm 程度 (25cm と思います) のようです。
尚、白く見えるのが、何ならかの肥料です。
ちなみに、の中央の黒色のチューブは、水を撒くためのものらしく、チューブに小さな穴が開いていました。

移植直後の畝の部分(連棟ハウス)

移植直後の全体の様子・・・単棟ハウス

単棟ハウスにも、苗を移植しました。みたっくれは、こちらが綺麗に感じました。
尚、の中央に見える青色のチューブは、上述の写真と同様に水を撒くためのものらしいです。

移植直後の全体の様子(単棟ハウス)

いろいろな肥料を利用していました

今回、お手伝いしたイチゴ農家さんのイチゴの栽培は、無農薬無化学ではありません。一般的なイチゴの栽培です。
参考までに、今回、散布した肥料の袋を紹介します。
尚、面積あたりに散布した量の詳細は、分かりません。私も散布しましたが、いいあんばいでした。

袋の表側の写真

利用していた肥料の袋(表側)

肥料の袋の表側の写真です。
ニュートリスマート ® という商品のようです。
尚、袋に入っている肥料の重さは、正味 20kg のようです。
ちなみに、楽天市場などでは、この商品は、容易に検索できませんでした。
 も同様に容易に検索できませんでした。

袋の裏側の写真

利用していた肥料の袋(裏側)

肥料の袋の裏側の写真です。
この袋に表記されている成分分析例 (%) を紹介します。
(誤字脱字の場合は、ご了承のほどをお願い致します。)

成分分析例 (%)

有機物
30.93
腐植酸
7.98
けい酸全量
40.76
石灰
2.55
チッソ全量
0.52
リン酸全量
0.36
カリ全量
0.95
苦土
0.44
1.98
硫黄
0.86
PH
7.4

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年09月17日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください