少し、草が見えているかな-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

出穂してました

本日、私が、企画、開発 → 納入した農産物の出荷などを行う Windows Application のデータベースのメンテナンスのため、このアプリケーションを利用しているイチゴ農家さん宅を訪問しました。
現時点において、このアプリケーションは、私が意図したように動作しており、データベースの内容も正常にデータ化されていました。これらデータは、T-SQL ファイルに書き出し、クラウド化 (具体的には、お互い共有させている Nextcloud にコンテンツを貼り付けました) させ、メンテナンスに関する業務は終えました。

このイチゴ農家さんのお米は、俗に言うクイッぷちは、除草剤などを散布せず栽培し、除草作業は、私がエンジン付きの除草機を利用して行っています。
上述の業務内容の帰りに、これらのほ場を見学しました。
出穂しており、よ〜く見ると草が見えるかな〜ってとこです。除草剤も散布せず、その後の田の草も拾わない状態で立派なことと思います。


田んぼの様子

本当に、よ〜く見るなどもあるのかな〜って感じです。
ザッと見た感じでは、時期ハズレに除草剤を散布しているほ場より、綺麗な感じがします。
今回、全体的な様子出穂の拡大部分、更に、稲の株の周りを紹介します。

 

全体の様子

見る限り、田の草やは、分かりません。
稲の色、そして、穂の色も自然的な色です。ちなみに、慣行栽培の場合、これらの色は、作ったような感じがします。
現時点の耕作者は、ニヤニヤしていました。

全体の様子

 

出穂の状態

角度を変えて、2枚の写真を紹介します。 (穂の明るさが異なるのは、逆光などの都合によるものです。)
今年は、例年と比較して、穂の部分が長く感じられます。俵数が取れれば御の字らしいですが、こればかりは、稲刈りをしない限り分からないそうです。俗に言われるオオデキかもしれないとか・・・
とにかく、穂の部分は、長いです。(頭が大きい!!)

全体の様子

全体の様子

 

株の周り

土手側の草などより見えづらいですが、きちんと分蘖しているみたいで、株周りには、変な田の草もなく、それなりに株も太っている感じです。
ちなみに、利用した田植え機は、イセキの6条の乗用の田植え機で、(多分、尺1と思います。) 50株 で田植えを行ったようです。

株の周り

作業時期が大切と思います

除草剤を散布しても、時期を逃すとやトビツカレなどが、にぎやかなほ場を多く見かけます。
更に、無農薬栽培の看板をたて、大々的にアピールして栽培しておられる方も、除草作業の時期を逃すと、田の草などがとってもにぎやかで、株周りの草もにぎやかです。当然、株も太くありません。つまり、無農薬栽培のプロの方のほ場も、にぎやかなほ場を多く見かけます。

耕作者のコメントとして、今年は、オオデキみたいで、水を切る時期を逃さないようにしょうでした。この調子だと、倒れる可能性があるらしいです。
ちなみに、私は、例年、このほ場のお米を半タラ (30kg) 頂いています。仮に、今年、俵数が取れれば、1俵 (30kgが2本) もらえるかもしれないと思っています。

セシール 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年08月18日
新規投稿
−以 上−

今回はイチゴです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

うねあげの様子です

先日、イチゴ農家さんを訪問しました。物凄く暑い日でした。日中は、とてもハウスの中で仕事などできないと思います。
このような暑くもそして、ハウスの中、イチゴ農家さんは、仕事を行っていました。
管理機を利用してのうねあげです。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月31日

 

うねあげ直後の様子

管理機を利用して一回で畝をあげるらしいです。
俗に言われるパタパタの管理機では、畝を高く上げることができず、それなりの管理機を使用するらしいです。(ある意味で専用機と思います)
大きい石の場合は、石を弾いたり、機械が止まってくれるらしいですが、手頃な小さい石の場合、管理機の機械 (歯の部分) に石が詰まってどうしようもないらしいです。

うねあげ

とにかく暑い

イチゴの旬は、基本的に夏らしいです。人間の欲でクリスマスの印象より、強引にハウスで育て、クリスマス時期に出荷しているとか。
今回、紹介したイチゴのうねあげのように、農産物を育てるには、目に見えない肉体的なシンドさがあるみたいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年08月02日
新規投稿
−以 上−

最近の様子-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草が生えていないみたいです

先日、私が5条のエンジン付き除草機を利用して除草作業を手伝っている農家さん宅へ別件の用事があり、訪問しました。
その際、除草剤を散布していないほ場 (この農家さん宅のくいっぷちのお米) の様子も伺い、私自身も観察しました。
現時点では、へリッコも含め田の草を見つけることも困難でした。生えていません。また、稗も見つかりませんでした。
今回、このほ場の様子を紹介します。

e87.com(千趣会イイハナ) ディノス オンラインショップ

最近のほ場です

稲の分げつの時期など、私は、耕作者でないので、専門的なことは分かりませんが、とにかく田の草が見つかりません。稗も見つかりません。
除草剤を散布していなくても、田の草は、生えていないと思います。
このほ場の耕作者は、ニコニコ顔でした。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月22日

全体の様子

ほんとうに除草剤を散布しないないほ場なのかと思うほど、田の草は生えていません。
更に、ヒトフリクンなどのような化学肥料も散布せずとも、このように稲は、スクスクと生育している感じがします。

全体の様子

空き家の部分

除草機押しを利用しての除草作業の際、機械の切り返し時に、ほ場のまくらの部分を踏んで、倒したり、田植え機の都合より、まくらの部分が空き家になることがあります。
この空き家の部分は、2014年05月07日頃に 今回は田の草について に、田んぼでよく見られる田の草を紹介したような田の草が生えることが多いです。しかし、今年は、この空き家の部分も田の草は生えていないみたいです。
ちなみに、下記のまくらの部分は、一番、空き家が広いこと所を紹介します。

空き家の部分

水を切るタイミングとか・・・

今月は、中旬以降より梅雨みたいな雨が多いです。梅雨の時期が、通年よりズレている感じです。
耕作者のコメントですが、場合にもよるみたいですが、この梅雨みたいな雨が上がった時、一回、水を切る予定らしいです。稲刈りまで、水を張りっぱなしだと、稲刈りの際、コンバインが入れないらしいです。(この集落は、昔から、ぬかりっ田だったらしい)



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月25日
新規投稿
−以 上−

草刈りを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

ガチガチの農協派で

先日、ガチガチの農協派の兼業農家さんの土手草刈りを終えました。
土手にしろ、ほ場にしろフンダンに除草剤を散布しているだけあり、それなりに草ははていません。
土手に除草剤を散布していると土手が歩けなくなったり、石が出てきたり、後々、非常に面倒ですが、農協派の方よりある意味で仕方がないと思います。(ちなみに、この農家さんのセガレは、農協に勤務しているみたいです)
除草剤を散布しても土手草は、ある程度、生えます。今回、土手の草刈りを終えた時点でのほ場の様子を耕作者にコッソリ撮影しましたので紹介します。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 

草刈り後のほ場の様子

サスガに化学肥料もフンダンに散布しているだけあり、異常なほど生育が良いみたいです。土の力ではなく人間がイジりにイジっている感じです。
ほ場内も除草剤を散布しているだけあり、田の草は、目立ちません。但し、今回、この農家さんのほ場も排水側は、稲がない部分があり、カモなどのヘリポートみたいな場所を多く見かけました。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月06日

草刈り直後のほ場の様子

慣行栽培のほ場

本当に良いのかな・・・

化学肥料や除草剤を散布すると、それなりに作物は栽培でき出荷、つまり、お金にすることができるようです。
一方、ガチガチの農協派の農家さんでも、栽培履歴の書類化、それら書類の内容の確認は、公的機関で認証して出荷されていないみたいです。
人が口にするものでこそ、安全性が求められると思います。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月15日
新規投稿
−以 上−

草が生えていません-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

なんとかなりそうです

今年は、水不足やほ場の配管などの不具合などにより、上代掻き時や田植え後に、田んぼに水を張ることができず、田の草が生える可能性があると、耕作者と共に、懸念していました。
本日、このほ場の耕作者より、電話があり田の草は生えていないらしいです。
早速、私がエンジン付きの除草機を利用して除草作業を行っているこれらのほ場を見に行きました。
耕作者は、異なりますが、これらのほ場を見に行く際、一時期、栃木県の県北のNPO法人の指導を受け、現在、何らかの認証を得ているほ場も見ました。そのほ場も除草剤などを利用せずお米を栽培しているみたいですが、田の草は非常に賑やかでした。
今回、私が手伝っているほ場と、耕作者は異なりますが、除草剤を散布せず、何らかの認証を得ているほ場の2ヶ所のほ場を紹介します。

関連する投稿内容

基本的に、後は、耕作者側の水管理です。
ちなみに、下記に、関連する今年の投稿内容のリストも紹介します。

除草作業後、1週間後の様子です-こだわり編
2019年06月15日 新規投稿
2回目の除草作業を終えました-こだわり編
2019年06月06日 新規投稿
除草作業を終えました-こだわり編
2019年05月30日 新規投稿

RyuRyumall

ほ場の様子

ほ場を撮影した場所は、栃木県大田原市です。(詳細な場所は、大田原の集落名を紹介すると耕作者が分かるので、省略します。)
〇〇研究所の指導を受けいてる (受けていた) ほ場は、田の草は賑やかですが、除草剤を利用せずお米を栽培しているので、ある意味では、ここまで抑えられていることが立派です。
一方、私が手伝わして頂いているほ場は、現時点では、田の草は生えていません。

手伝っているほ場

同一ほ場ですが、バチバチと撮影しました。
まくらの部分は、空き家が多いですが、除草時に私がふんばビッタリとか、田植え時に上手くできなかった可能性があります。
これらのほ場は、イセキの乗用の6条の田植え機を利用しています。除草作業の都合より、まくらの部分は、2本倒さず、6条のまま植えて貰うようにお願いしています。

手伝っているほ場
手伝っているほ場

認定ほ場

このほ場の耕作者は、誰だか知りませんが、除草剤を散布せず、有機認証を得てお米を耕作しているみたいです。 (あくまでも私の推測で、関連する資料は、閲覧したことはありません。)
手前の方に、その看板が見えますが、その内容は、よくわかりません。
ちなみに、この写真には、写っていませんが、このほ場の内側は田の草で賑やかです。

認定ほ場

kusa1_20120703.jpg

上述に紹介したほ場は、左のような田の草が多く見られました。
一方、これらの田の草の名称は、分かりませんが、2014年05月07日頃に 今回は田の草について に、田んぼでよく見られる田の草を紹介しています。
本当に、これらのほ場は、田の草で賑やかです。

無農薬のプロのほ場

東京の認定NPO法人が、耕作面積の全面積が無農薬で栽培していると紹介しているプロの農家さんのほ場を紹介します。
詳細な作業日程は、知りませんが、私が農協派の兼業農家さんの土手の草刈り時に撮影しました。撮影日は、2019年07月05日です。
田の草や空き地などが、にぎやかでした。除草時期を逃した感じです。

プロのほ場

時期を逃すと痛い目にあう

耕作面積が広く、手がまわらないなどとよく耳にすることがあります。私にとっては、言い訳にしか聞こえません。
全ての耕作面積の田植えを終え、その後、除草作業を行っていくと除草時期がズレる可能性があります。
また、手がまわらないなどと言い訳しているみたいですが、私自身、上述で紹介している耕作者が除草作業を行っている姿を見たことがありません。基本的に人任せです。 (作業者にお金を払えば良いの感覚が多いみたいです。)
更に、国家より個別補償して貰っているのに、何なんだろうなと思う時があります。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月15日
プロのほ場も紹介
2019年07月03日
新規投稿
−以 上−