ディレクトリーの構造について

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今更と思いますが・・・

最近、Linux (具体的には、Ubuntu 20.04 LTS) を利用し、複合機の追加や、諸設定を行ったりする際、直接、諸々のディレクトリーを眺める時があります。
今更、聞けないことと思いますが、このディレクトリーの構造は、ある程度、ルール化されているみたいで、今回、備忘録的に投稿します。

基本的なディレクトリー

「 / 」直下に諸々のディレクトリーがあり、意味合いはあるのだろうなとは、常々、感じていました。
今後、Windows Application などの提供もジョブの視野に入れているので、私なりに、各々のディレクトリーの意味合いを抑えていこうと思います。
尚、これらの内容は、日経Linux(リナックス) 2021年3月号 pp.44- を参考にしました。

/sbin
システム管理用コマンドの保存場所
/usr/sbin
システム管理用コマンドの保存場所
/usr/bin
基本コマンドの保存場所
/usr/lib
ライブラリの保存場所
/usr/local
ユーザーが独自にインストールしたアプリケーションなどの保存場所
/bin
基本コマンドの保存場所
/dev
デバイスをファイルとして扱う「スペシャルファイル」の保存場所
/etc
設定ファイルの置き場所
/tmp
一時ファイルの保存場所
/var
日常的に変更されるファイルの保存場所
/home/ユーザー名
ユーザーのホームディレクトリー

これを見る限り、今まで、私が提供している Windows Application 内で操作させている内容にて、仮保存も含み保存させるディレクトリーは、次のようになると思います。

/tmp
FileStream などレポート出力前の作業用ファイルやフォルダ
/var/log
Try〜Catch・・・ にて、Catch された内容やログイン情報

備考的に、ディレクトリーを表す主な記号も紹介します。

記号
説明
~
ホームディレクトリー
~_
直前にいたディレクトリー
.
カレントディレクトリー
..
一つ上の階層のディレクトリー

具体例を紹介します

先日、HDD を入れ替えた Lenovo のパソコンの各々のディレクトリーの各種権限を状態を紹介します。
入れ替えたばかりなので、やたらと変なものは、設定していないと思います。
尚、ユーザー名や日時、ファイル数などは、省略しています。

ユーザー名@パソコンの名前(ホスト名):/$ ls -l
lrwxrwxrwx	root	root	bin -> usr/bin
drwxr-xr-x	root	root	boot
drwxr-xr-x	root	root	cdrom
drwxr-xr-x	root	root	dev
drwxr-xr-x	root	root	etc
drwxr-xr-x	root	root	home
lrwxrwxrwx	root	root	lib -> usr/lib
lrwxrwxrwx	root	root	lib32 -> usr/lib32
lrwxrwxrwx	root	root	lib64 -> usr/lib64
lrwxrwxrwx	root	root	libx32 -> usr/libx32
drwx------	root	root	lost+found
drwxr-xr-x	root	root	media
drwxr-xr-x	root	root	mnt
drwxr-xr-x	root	root	opt
dr-xr-xr-x	root	root	proc
drwx------	root	root	root
drwxr-xr-x	root	root	run
lrwxrwxrwx	root	root	sbin -> usr/sbin
drwxr-xr-x	root	root	snap
drwxr-xr-x	root	root	srv
-rw-------	root	root	swapfile
dr-xr-xr-x	root	root	sys
drwxrwxrwt	root	root	tmp
drwxr-xr-x	root	root	usr
drwxr-xr-x	root	root	var
ユーザー名@パソコンの名前(ホスト名):/$

余談ですが、上述の ls -l の内容は、pre タグを利用しました。

三越伊勢丹オンラインストア ホワイトデー 2021

三越伊勢丹オンラインストア

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2021年02月21日
新規投稿
−以 上−

デスクトップにアイコンが追加できた-Ubuntu 20.04LTS編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

アイコンを追加できました

有料ソフトである Microsoft Windows の OS の場合、デスクトップに利用するアプリケーションなどのアイコンを追加し、利用しておられる方も多いと思います。
Ubuntu 20.04LTS の場合、デスクトップに貼り付けられているアイコンは、基本的に、ユーザーのホーム・ディレクトリーとゴミ箱のアイコンと思います。
昔々、Ubuntu を利用していた頃ウラ覚えでしたが、先日、OS を入れ替え、アイコンを貼り付ける方法を見つけたので、備忘録として投稿します。

デル株式会社 

手順

基本的な考えは、アプリケーションのショートカットをデスクトップに貼り付け、起動を許可することと思います。
この /usr/share/applications のディレクトリーにアプリケーションのショートカットがあるみたいです。

  1. /usr/share/applications
  2. アプリケーションのショートカットをデスクトップにコピーします
    特に、スーパーユーザーに変更しなくても、単に貼り付けるアプリケーションのショートカットをする右マウスして コピー → デスクトップへ貼り付けました。
  3. 貼り付けたデスクトップのショートカットを右クリックして、起動を許可するを選択します。
    この許可を与えた時点で、アプリケーションのアイコンが表示されました。

貼り付けたアイコン

/usr/share/applications に表示されているファイル名称と思われるものを見る限りなんのことやらが本音です。
私がデスクトップに貼り付けたアプリケーションを下記に紹介します。

Google Chrome
google-chrome.desktop
Firefox
firefox.desktop
Evolution
org.gnome.Evolution.desktop
テキストエディター
org.gnome.gedit.desktop
FileZilla
filezilla.desktop
MonoDevelop
monodevelop.desktop
XSane
xsane.desktop
GIMP
gimp.desktop
端末
org.gnome.Terminal.desktop

なお、デスクトップに追加したアイコンを右クリック後、名前の変更はできませんでした。
sudo snap install ・・・ で、設定したアプリケーションのショートカットは、/usr/share/applications に見当たりませんでした。
どこか、別の場所にもあると思われます。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2021年01月29日
新規投稿
−以 上−

財布を選びました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

お歳暮を頂きました

2020年も、残りわずか。お歳暮の時期に入りつつあります。
先日、私の最終卒業校の入寮時に直接、指導を受けた先輩より、昨年に続き、今年もお歳暮を頂きました。
カタログ・ギフトで、好みを選択するタイプです。
食べ物は、食べてしまえば何も残らないので、今年は、財布を選びました。
今年は、コロナ騒ぎで思ったような活動ができませんでしたが、来年は、先輩より頂いた財布に仕事で得たお金を入れることができるようにガンバル次第です。

いろいろな物がある

世の中、物が溢れている感じです。
以前、私が、利用した商品、そして、私なりの正月向けに食べたいと思っている物を紹介します。
尚、上述した先輩と取引先の業者には、私も苗配りなどを手伝ったイチゴを送る予定です。(後は、イチゴの時期が良いときに持っていったり、直販して貰うだけの手はずです。)

エノテカ・オンライン で、紹介されているワインは、以前、お中元で利用したことがあります。
今回も、年間を通してお世話になっている農家さんに届ける予定で、本日 手配を行い、12月14日 の夕方に届ける予定です。

ローマイヤ は、以前、私が居住していた場所の近くです。
直販は、日時が限定され、今月の直販は、終わったみたいです。
今回、私なりのお歳暮として、お正月に食べたい気持ちです。

お歳暮どころではない

私の事業内容と収支の状態だと、お歳暮どころではありません。
昔々、一緒に仕事を行っていた一人親方より、年末は、忘年会も開けるように1年をガンバル気持ちでいないとダメだ との言葉が脳裏に焼き付いています。
背伸びかもしれませんが、年末にはお世話になった方々にお歳暮を配れるようにガンバルぞの意気込みで年間を通して活動しています。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年12月11日
新規投稿
−以 上−

味わって食べましょう-イチゴ編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

大変みたいです

先月末 に、最近、取引を初めているイチゴ農家さん宅を訪問しました。
その際、イチゴの苗の手入れみたいなことを腰を曲げ、更に、人力でコマ目に作業していました。
2020年09月14日に イチゴの定植です として、新規投稿したイチゴの苗が、それなりに成長しているみたいです。
今回、イチゴの苗の手入れの様子を耕作者に堂々と撮影しました。

三越・伊勢丹オンラインストア

腰が・・・

具体的な手入れの内容は、分かりませんが、とにかく腰が張りそうです。見ていて私には無理と直感的に感じます。とにかく細かい作業です
耕作者、曰く、腰にくるとか・・・。何事もお金にすることは大変みたいです。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
トチオトメと思います
撮影日
2020年09月14日

イチゴ

お金の問題ではない

このイチゴ農家さんは、直販していません。よっぽどのことがない限り、モギリたてのイチゴを手にすることはできません。
買ってやるとか、お金を払ってやるとかで、入手することはできないと思います。
農産物を食べる時は、イチゴのみならず、味わって、更に、耕作者の気持ちになりながら食べようと感じた日でした。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年11月17日
新規投稿
−以 上−

まもなく大豆刈りらしいです-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草拾いを行いました

9月下旬 に、ガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑内の草拾いを行いました。
今回は、大豆刈り前の草拾いなどを行い、それなりに見れるほ場になったと思います。この草拾いの際、耕作者にコッソリと撮影した大豆刈り前の大豆畑を紹介します。

三越・伊勢丹オンラインストア

見れるようになったと思います

手間を掛けただけあり、見れるようになったと思います。
この大豆は、白大豆で、品名は、里のほほえみ というものらしいです。(ほ場に棒が刺されており、品種名が掲示されていました)
ちなみに、撮影した日は、2020年11月04日で、一番、きれいなほ場を紹介します。

全体の様子

全体的にも、大豆の葉も枯れ大豆刈りになりそうです。2020年11月21日頃より、大豆刈りを始めるらしいです。
私個人の感覚ですが、全体的に、背丈が低いと感じがします。(大豆の品種かもしれません)

全体の様子

大豆畑内で撮影

大豆畑内で撮影しました。
このように大豆畑の中の様子を見る機会は少ないと思います。ドアップで撮影です。
この写真で紹介したように、実の付きですが、ひとつのサヤで、2〜3個程度の実のつきで、少ない感じがします。

大豆畑内で撮影

ある意味で大変な感じです

大豆も素直に生育してくれれば良いのですが、草にやられると、後々、大変な感じです。
除草剤などの散布時期などを誤ると、草に覆われ、大豆刈りにならない、つまり、集荷できず、お金にすることができなくなると思います。
一方、用水路より水が漏れたり、上側の土手より水が漏れたりすると大豆にならない状態を見かけます。
とにかく、何事もお金にすることは大変なことと思います。

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年11月11日
新規投稿
−以 上−