作成者別アーカイブ: IBUOfficeSAI

田んぼの風景を紹介します-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

今年も、慣行栽培の農家さんの田んぼ関係のお手伝いを依頼され、先日より、上代掻き前の田んぼの土手の草刈りを着手しています。
今回は、上代掻き前の田んぼのほ場を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年04月23日
備考的に
多分、基盤整備の田んぼで、ガチガチの農協派の慣行栽培のほ場です。
このほ場は、通常の肥料の散布後、ミネラルも散布しました。

デアゴスティーニ

上代掻き前のほ場の風景

代掻きは、行っているみたいですが、上代掻きは、まだの状態です。
田んぼの土手の草刈り前の風景を紹介します。
ちなみに、このガチガチの農協派の兼業農家さんの田植えは、5月3日より行う予定らしいです。

上代掻き前の風景

今年も紹介できそうです

私は、慣行栽培、こだわりの栽培を行っている各々の農家さんの賃トリを行っています。
今年も、昨年と同様に、慣行栽培の田んぼの風景を紹介できそうです。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月23日
新規投稿
−以 上−

最近のほ場の風景

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

今月は、農家さんが、多いです。主に、お米の種まきや代掻き前のほ場の手入れなどの手伝いを行っており、関連する農家さん宅の訪問が多いです。
2018年03月19日に、耕起後のほ場の風景として新規に投稿したほ場の最近の風景を紹介します。
今回は、慣行栽培こだわり栽培のほ場にて、耕起後の草の生え方が、顕著に違うことがわかります。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年04月09日
備考的に
大正時代の基盤整備で、この集落では、古い田んぼらしいです。

au WALLET Market

ほ場の風景

今回は、こだわり栽培のほ場慣行栽培のほ場のみでなく、こだわり栽培と慣行栽培のほ場も紹介します。
このこだわり栽培と慣行栽培のほ場の写真のほうが、草の生え方の違いがわかると思います。

こだわり栽培と慣行栽培のほ場

手前が、慣行栽培のほ場で、左奥側のほ場が、こだわり栽培です。
慣行栽培のほ場は、緑色の草が生え、左奥側のほ場、つまり、こだわり栽培のほ場は、草が生えていません。
ちなみに、稲刈り後の耕起は、類似した日に行っているようです。

こだわり栽培と慣行栽培のほ場

こだわり栽培のほ場

このこだわり栽培のほ場は、草が生えていません。
田んぼの除草作業は、エンジン付きの五条の除草機を使用し、一年で、2回、除草作業を行いました。

こだわり栽培のほ場

慣行栽培のほ場

この慣行栽培のほ場は、通常のほ場と同じで、今の時期は、うっすらと草が生えています。
ある意味で草がみっしりです。

慣行栽培のほ場

ある意味で安上がりかも・・・

除草剤などを利用しなくても、適切な時期に、昔ながらの除草作業を行っただけで、田んぼの草は、抑えられるみたいです。
稲刈り後の草の生え方も少ないので、ある意味で安上がりかもしれません。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月11日
新規投稿
−以 上−

お米の種まきの風景です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

種まきですヨ

明日は、農家さんの苗箱広げお手伝いです。
種まきの時期は、この農家さんにとって非常に早く感じられます。
本日、具体的な作業内容の確認も含め、機嫌とりに訪問しました。なんと種まきをやっていました。
今回は、ある意味で私は、お客さん的な立場ですので、このお米の種まきの作業風景を堂々と撮影しましたので、紹介します。

今回は、農家さん宅で、正々堂々と撮影しましたが、紹介する写真の利用などは、紳士協定でお願い致します。

種まきの風景です

種まきの機械 (播種機と呼んでいるらしい) も含み種まきの全体の風景を紹介します。
この写真のように、床土と覆土を同時に行うタイプが、主流になりつつある感じです。
人では必要と思いますが、作業者の立場的には、単純です。
ただ、機械に追われて呆れる時があります。
種を巻く時間など詳細なことは、わかりません。

種まきの全体

お米の種を巻いている部分です。
苗箱あたりに巻く、具体的な量は知りませんが、ガチガチの農協派の農家さんと比較すると、半分程度と思います。
ガチガチの農協派の農家さんの場合は、びっちり蒔いています。

種まきの種の部分

尚、これらの写真は、自然派人間の写真館 2018-04にも紹介しています。このGoogleドライブの写真も見てください。

緑化後に広げる場合が多くなりつつあります。

兼業農家さんも含め、種まき後、直ぐに苗箱をハウスに広げるより、箱積みを行ったり、専用の芽出し機を利用したりして、芽出し後、苗箱をハウスに広げる場合が多くなりつつあります。
兼業、専業、更に、農協派なども問わず、農家さん曰く、緑化させてしまうまでは、ひと仕事のコメントを耳にします。
ちなみに、苗箱広げは、腰にきます。
私個人的ですが、明日より、トビトビですが、お米の種まきに関するお手伝いが始まります。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月05日
新規投稿
−以 上−

耕起後のほ場の風景

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

今年も、そろそろお米の種まきのシーズンが始まりつつあります。
後、数カ月すると田植えも始まると思います。
今年も、エンジン付き除草機を利用して除草作業を依頼され、この除草作業を行った田んぼを紹介できると思います。
今回は、俗に言われる秋うなえを終えたほ場を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
農家さん
主にイチゴを栽培している専業農家さん
撮影日
2018年03月18日

ほ場の風景

紹介する写真は、イマイチですが、エンジン付き除草機を利用して除草作業を行ったこだわり栽培のほ場のほうが、同じ時期に耕起したにも関わらず、草の伸び、つまり草が生えている緑の部分が少ない感じがします。
一方、慣行栽培のほ場は、草が伸びており、草の緑色が少し見られます。尚、俗に言われるグルワキの部分は、イチゴを破棄した物と思われます。

こだわり栽培のほ場

こだわり栽培のほ場

慣行栽培のほ場

慣行栽培のほ場

備考

今年は、除草作業時、得意先の訪問時に紹介するごとに、投稿ページを設ける考えです。
尚、インデックス的なページは、本来ならホームページに設けたほうがよいですが、ポームページの更新がなかなか進まず、このブログ内の何処かにインデックス的なページを設けます。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年03月19日
新規投稿
−以 上−

塩ビ管と家電の処分について

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

私は、環境の保全を図る活動と洒落こんで、古物が大好きな活動です。
即金性が高く、かつ、私のお客様宅も片付き、お客様より喜ばれる場合が多いです。
しかし、お客様自体、誤解している方が、多くなり、かつ、私自身の取引状況の変化により、塩ビ管と家電製品の洗濯機の無料処分はできなくなりました。

Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

追記的に・・・

洗濯機の処分はリサイクル券が必要になったみたいですが、ブラウン管の有無を問わず、テレビの処分もリサイクル券が必要になったみたいです。
但し、手間をかければ、処分費は、必要にならない可能性がありますが、あくまでも可能性です。テレビの処分もリサイクル券が必要であると思っていたほうが無難です。



今後、処分しません

基本的に、塩ビ管の処分は、無料でできません。
今まで、処分費を必要としなかったのは、私の取引先の取引状況により、行えただけです。
今後、私は、俗に言われるゼロ処分は、行いません。
栃木県大田原市の広域クリーンセンターでも、塩ビ管は、引き取ってもらえず、お金を出しても処分してくれません。

一方、洗濯機は、昨年までは、ゼロ処分できました。
私の取引先の状況の変化より、リサイクル券が必要となり、私では、ゼロ処分は、できません。私自身、リサイクル券を購入してまで、お客様の不要物の処分を無料で行う考えは、一切、ありません。



今後の対応

私の環境美化、つまり、環境の保全を図る活動について、誤解している方が、多くなり、中傷的なコメントをされる場合が多くなりました。
特に、東京都の認定NPO法人の出身の方とか、私が行っている環境美化運動に対し、そこまで落ちこぼれていないとまで言われています。つまり、各種処分に対する活動は、この認定NPO法人の出身の方は、落ちこぼれている仕事らしいです。
一方、こだわり農法の農家さんも、タダで渡しているのだから、諸々の仕事をタダでしてくれの感覚です。

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!

私自身、これらの方々との取引は、中止します。減収になる可能性がありますが、利益が上がる可能性が高いです。
これらの方々にて、今後、諸々の処分が必要になった時、処分費というものは、必要なものだとわかることでしょう。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年03月22日
テレビに関する内容を追記
2018年03月15日
新規投稿
−以 上−