投稿者「IBUOfficeSAI」のアーカイブ

草刈りを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

ガチガチの農協派で

先日、ガチガチの農協派の兼業農家さんの土手草刈りを終えました。
土手にしろ、ほ場にしろフンダンに除草剤を散布しているだけあり、それなりに草ははていません。
土手に除草剤を散布していると土手が歩けなくなったり、石が出てきたり、後々、非常に面倒ですが、農協派の方よりある意味で仕方がないと思います。(ちなみに、この農家さんのセガレは、農協に勤務しているみたいです)
除草剤を散布しても土手草は、ある程度、生えます。今回、土手の草刈りを終えた時点でのほ場の様子を耕作者にコッソリ撮影しましたので紹介します。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 

草刈り後のほ場の様子

サスガに化学肥料もフンダンに散布しているだけあり、異常なほど生育が良いみたいです。土の力ではなく人間がイジりにイジっている感じです。
ほ場内も除草剤を散布しているだけあり、田の草は、目立ちません。但し、今回、この農家さんのほ場も排水側は、稲がない部分があり、カモなどのヘリポートみたいな場所を多く見かけました。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月06日

草刈り直後のほ場の様子

慣行栽培のほ場

本当に良いのかな・・・

化学肥料や除草剤を散布すると、それなりに作物は栽培でき出荷、つまり、お金にすることができるようです。
一方、ガチガチの農協派の農家さんでも、栽培履歴の書類化、それら書類の内容の確認は、公的機関で認証して出荷されていないみたいです。
人が口にするものでこそ、安全性が求められると思います。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月15日
新規投稿
−以 上−

草が生えていません-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

なんとかなりそうです

今年は、水不足やほ場の配管などの不具合などにより、上代掻き時や田植え後に、田んぼに水を張ることができず、田の草が生える可能性があると、耕作者と共に、懸念していました。
本日、このほ場の耕作者より、電話があり田の草は生えていないらしいです。
早速、私がエンジン付きの除草機を利用して除草作業を行っているこれらのほ場を見に行きました。
耕作者は、異なりますが、これらのほ場を見に行く際、一時期、栃木県の県北のNPO法人の指導を受け、現在、何らかの認証を得ているほ場も見ました。そのほ場も除草剤などを利用せずお米を栽培しているみたいですが、田の草は非常に賑やかでした。
今回、私が手伝っているほ場と、耕作者は異なりますが、除草剤を散布せず、何らかの認証を得ているほ場の2ヶ所のほ場を紹介します。

関連する投稿内容

基本的に、後は、耕作者側の水管理です。
ちなみに、下記に、関連する今年の投稿内容のリストも紹介します。

除草作業後、1週間後の様子です-こだわり編
2019年06月15日 新規投稿
2回目の除草作業を終えました-こだわり編
2019年06月06日 新規投稿
除草作業を終えました-こだわり編
2019年05月30日 新規投稿

RyuRyumall

ほ場の様子

ほ場を撮影した場所は、栃木県大田原市です。(詳細な場所は、大田原の集落名を紹介すると耕作者が分かるので、省略します。)
〇〇研究所の指導を受けいてる (受けていた) ほ場は、田の草は賑やかですが、除草剤を利用せずお米を栽培しているので、ある意味では、ここまで抑えられていることが立派です。
一方、私が手伝わして頂いているほ場は、現時点では、田の草は生えていません。

手伝っているほ場

同一ほ場ですが、バチバチと撮影しました。
まくらの部分は、空き家が多いですが、除草時に私がふんばビッタリとか、田植え時に上手くできなかった可能性があります。
これらのほ場は、イセキの乗用の6条の田植え機を利用しています。除草作業の都合より、まくらの部分は、2本倒さず、6条のまま植えて貰うようにお願いしています。

手伝っているほ場
手伝っているほ場

認定ほ場

このほ場の耕作者は、誰だか知りませんが、除草剤を散布せず、有機認証を得てお米を耕作しているみたいです。 (あくまでも私の推測で、関連する資料は、閲覧したことはありません。)
手前の方に、その看板が見えますが、その内容は、よくわかりません。
ちなみに、この写真には、写っていませんが、このほ場の内側は田の草で賑やかです。

認定ほ場

kusa1_20120703.jpg

上述に紹介したほ場は、左のような田の草が多く見られました。
一方、これらの田の草の名称は、分かりませんが、2014年05月07日頃に 今回は田の草について に、田んぼでよく見られる田の草を紹介しています。
本当に、これらのほ場は、田の草で賑やかです。

無農薬のプロのほ場

東京の認定NPO法人が、耕作面積の全面積が無農薬で栽培していると紹介しているプロの農家さんのほ場を紹介します。
詳細な作業日程は、知りませんが、私が農協派の兼業農家さんの土手の草刈り時に撮影しました。撮影日は、2019年07月05日です。
田の草や空き地などが、にぎやかでした。除草時期を逃した感じです。

プロのほ場

時期を逃すと痛い目にあう

耕作面積が広く、手がまわらないなどとよく耳にすることがあります。私にとっては、言い訳にしか聞こえません。
全ての耕作面積の田植えを終え、その後、除草作業を行っていくと除草時期がズレる可能性があります。
また、手がまわらないなどと言い訳しているみたいですが、私自身、上述で紹介している耕作者が除草作業を行っている姿を見たことがありません。基本的に人任せです。 (作業者にお金を払えば良いの感覚が多いみたいです。)
更に、国家より個別補償して貰っているのに、何なんだろうなと思う時があります。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月15日
プロのほ場も紹介
2019年07月03日
新規投稿
−以 上−

除草作業後、1週間後の様子です-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今年もなんとかなりそうです

今年も、エンジン付き除草機を利用した除草を2回、行いました。
先日、この除草作業を行った農家さん宅で、別件の作業を行う前、現在のほ場の様子 (具体的には、田の草は生えていないよな〜とか踏み倒してしまった苗も立ってきたかな〜) を見ました。
見た感じですが、田の草も抑えられている感じで、更に、苗も立っていました。
今回、除草作業を行ってから、約1週間後のほ場の様子を紹介します。

立ってきています

エンジン付き除草機を利用しての除草作業時、この機械の切り返しの祭、田んぼのまくらの部分を足で踏んでしまい、苗を倒すことが多いです。
仕方がないといえば、それっきりですが、耕作者の気持ちを思うとできるだけ倒さないように注意して作業しているつもりですが、足で踏んでしまい倒してしまいます。
更に、除草作業、つまりエンジン付きの機械で強引に田んぼをカッ散らかす訳ですので、苗はそれなりに倒れてしまいます。
しかし、稲は強い。根の部分にも息がいき、すんなりと立ってきます。但し、根っこごと引っこ抜くとどうしようもありません。しかし、根っこごとひっかくこと自体、難しいですが・・・

約1週間後の様子

除草剤は、一切、使用していません。更に、除草効果を高める特別な資材も利用していません。エンジン付き除草機を使用して、単純に田んぼの中を歩いているだけです。
何も考えず、単純に田んぼの中を歩いているだけで、下記の写真で、紹介するように田の草は抑制されています。除草剤の資材など、つまり、変なお金を使わなくても田の草は、抑制できるみたいです。

約1週間後の様子

一番、倒した部分

前回、2回目の除草作業を終えました (2019年06月06日 新規投稿)で紹介したまくらの部分ですが、一番、倒した部分も、下記の写真で紹介するようにきちんと立っています。
本当に、稲は強いな〜って感じです。

一番、倒した部分

今までの様子を紹介します

除草作業は、通年、2回、行います。3回も行えば良いと思いますが、あまり苗が伸びすぎるとエンジン付きの除草機を利用しての除草作業はできません。
除草機のかき回す部分で、苗自体をひっかき、どうしようもなくなる可能性が高いです。
これらのことより、通年、除草作業は、2回、行っています。
今年の除草作業に関する私のブログの投稿内容を紹介します。

投稿年月日
タイトル
2019年06月06日
2回目の除草作業
2回目の除草作業を終えました
2019年05月30日
1回目の除草作業
除草作業を終えました

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年06月15日
新規投稿
−以 上−

2回目の除草作業を終えました-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

間が空きすぎた感じです

前回、除草作業を終えました-こだわり編で投稿したように、1回目の除草作業を2019年05月30日に行いました。
私なりの仕事の都合やほ場の草、水管理などの状態より、2回目の除草作業が手付かずの状態でした。
本音を言えば、雨が降った後、つまり、ある程度ノロがたたかれた翌日に除草作業を行いたかったのですが、何事にも思ったようにいきません。
明日あたりより、雨が降るみたいですが、1回目の除草作業より、日にちが経ちすぎるので、本日 思い切って2回目の除草作業を行いました。

ナノ・ユニバース公式通販サイト

それなりに除草されている感じです

本音を言えば、もう少し早く2回目の除草作業を行いたかったですが、天気などの都合より、1回目の除草作業より、1週間あきました。
まだウブ毛みたいな田の草は、見えませんでしたが、早めに除草作業を行い、深水にてなどの田の草を抑えたほうがお利口さんです。

除草前

このほ場は、油断するとノロが張りやすいみたいです。
前回の除草後、倒れていた苗も立っていました。あんなに踏んたびって倒したのに、きちんと立っていました。

除草前

2回目の除草後

除草も上手くいった感じで、あんなに張っていたノロもきちんとかき混ぜることができました。
この写真は、まくらの部分ですが、エンジン付きの除草機の切り返しの際、苗を踏んでしまい、倒すことが多いです。
しかし、苗は倒れていても、それなりの日にちが経つと立つと思います。

除草後

除草後の倒れた状態

私は、耕作者ではありません。賃トリで除草作業を行っています。
この耕作者は、俗に言われるクイッぷち分は、除草剤などを利用せず、お米を育てています。ほ場的には、2枚です。
今回、苗が一番倒れた場所を紹介します。
このように倒れていても数日経つときちんと立ちそれなりの稲に育っているみたいです。

除草後の倒れた状態

今が大切と思います

除草作業を終えるまでの苗の生育の管理が大切と思います。油断しているとなどの田の草に負けてしまいます。
今年は、代掻き後、水を十分に張ることが出来ず、更に、ポンプよりの配管の故障などより、田植え後、数日間、田んぼに水を張ることができませんでした。
除草作業は行いましたが、これらの点が、どのように影響するかです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年06月06日
新規投稿
−以 上−

イチゴ刈りです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

私なりのイベントです

本日、私のお客様のイチゴ農家さん宅で、イチゴ刈りを行いました。
毎年、このイチゴ農家さんの寛大なるご協力の下、イチゴ刈りを行っています。
今回、もぎったイチゴなどを紹介します。

尚、この農家さんは、私が企画、開発 → 作成したアプリケーションを利用して、イチゴの出荷管理を行っています。この提供しているアプリケーションも、ご動作なく意図したように集計、レポート出力 (Microfost Office Wordへの出力) されているみたいです。

セシール

お中元代わりです

基本的に、私のお客様へのお中元の代わりとして、私がもぎったイチゴを配っていました。
イチゴ狩りの入場料金は、無料ですが、イチゴ農家さんへのお中元として、面白そうな物を購入して渡しています。
つまり、お中元としてお金が発生するところが一件ですみます。また、他のお客様ですが、ワザワザ買ってまでの物品はなかなか受け取りにくい感じですので、イチゴ農家さんのご厚意の元、イチゴ狩りしたイチゴを配っています。

イチゴ

イチゴ農家さんの収穫を終えたイチゴをもぎらせてもらっています。
この写真のように、香りが高く甘酸っぱいイチゴがずらりとなっています。

イチゴ

イチゴの花

イチゴの花も咲いていました。
多分、イチゴは、多年草と思います。商品価値は、別として、これから実をつけると思います。

イチゴの花

収穫しました

もぎりたてのイチゴです。
私の最終卒業校の同級生が香りセンサーなるものの研究を行っていることをラジオで聞きました。(間違っていたらゴメン)
写真だけでは、イチゴの物凄い香りを伝えることはできませんが、センサーだとどのような感じになるのだろうか・・・。とにかく、車の助手席に収穫したイチゴを載せていると匂いが強烈です。

収穫しました

仕事をゲットできそうです。

お世話になった方々に配った際、面白そうな話しがあがりました。具体的には、母屋の解体作業で、今月下旬に、一緒に作業を行う方と共に、見積もりを行う予定です。
今月中旬まだ、私自身、忙しいため、今月下旬より、見積もりが追えば、着手できればラッキーと思っています。また、母屋解体の場所にて、稲刈り後の立ち木の伐採、処分の話もあります。

一方、私自身も、明日より、このイチゴ農家さん宅の連棟ハウス解体作業を行う予定です。
更に、お米の苗の生育状態をみながら、この農家さん宅の2回目の除草作業を着手する予定です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年06月02日
新規投稿
−以 上−