投稿者「IBUOfficeSAI」のアーカイブ

田植えをやっていました-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

少し遅いと思いますが

私自身、地域の方々の支援のもと、諸々の賃トリを行っています。
今回、紹介する農家さんは、イチゴ農家さんで、私が開発作成、そして、その後のメンテナンスを行っている農産物の出荷管理、請求書作成などを行うプログラムも利用しています。
この農家さんは、クイッぷちのお米は、除草剤などを散布せず、栽培し、エンジン付きの5条の除草機を利用した除草作業は、ある意味で私が担当で、手間賃の他に、このほ場で栽培されたお米をいつも 30kg 貰っています。
本日、午前中の用事を終えた後、この農家さん宅のほ場を見たら、田植えを行っていました。
今回、田植えの様子、そして、田植え直後のほ場の様子を紹介します。

セシール ディノス オンラインショップ

田植えの様子とその後のほ場

田植えの様子は、どの農家さんも似たりよったりで、見慣れてくるとこんなもんかなが本音です。
除草作業を行う身としては、土手周りの土は、なるべく、今のうちに田んぼに押してくれればよいのにと何時も思っています。
ちなみに、6条の田植え機械で田植えした場合、まくらの部分は、先に2条 植えてから、6条 植えるのが一般的ですが、除草作業時、6条の田植え機は、非常に除草作業がやりづらいので、まくらの部分も6条で植えて貰っています。

場所
栃木県 大田原市
田植え日
2020年05月24日
田植え機
イセキの6条の乗用で、多分、尺1と思う。
株数など
多分、50株と思う。

ちなみに、2020年04月23日頃に種まきを行ったと思います。種は買い種と思いますが、タチガレなどの農薬は使用していないと思います。

前側から見た様子

田植え機のつなぎ目の間隔を保つように田植えをお願いしています。
間隔が狭くなったら、除草機を押した際、苗を倒してしまう時が多いです。

前

後ろ側から見た様子

こんな感じです。
田植え機に乗っていると、ひたすら前のみを見ますので、後ろの方はどうなっているやらが本音です。

後ろ

田植え直後のほ場

この農家さんの田植えのまくらの部分は、何時もグチャグチャです。
除草機を押すとそれなりに綺麗になりますが、いかがなもんかなが本音です。

田植え直後

今後の予定

田植え後、数日経つと、根が活着します。今までの感じだと、4日目です。
田の草が見えていなくても、この時点で、1回目の除草作業を行っています。土の中の草の根が浮き出て来る時がありました。
その後、1週間後2回目の除草作業を行うと、今までの感じだと、深水管理で、田の草、ヒエなどを抑えてお米になり、お金をかけていない割には、しっかりしたお米になっているみたいです。(草が生えていないです)
後、1週間程度は、私自身、他の急な賃トリは控えています。(この1週間程度で、1年が決まります。)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年05月24日
新規投稿
−以 上−

諸々の手続き中です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

変な時代です

最近、コロナ騒ぎで、外出の自粛など騒がれている時代です。
私自身も年間を通してお世話になっている業者さんも、2件の仕事がペンディングの状態らしいです。
一方、私自身の仕事は、周り10町歩、見渡しても作業者は私ひとりが多く、田植え、土手の草刈りなどの農家さんのお手伝いに関する仕事は、さほど影響がなさそうです。
私自身は、それなりですが、世の中、非常に困っておられる方々が多そうです。それに対し、諸々の申請を行えば、それなりの物がありそうです。
現在、自宅での業務の合間、私なりに調べ、それなりに対応したことを、備忘録的に投稿します。



シナリオ的に・・・

上述したように、最近、部屋に閉じ困っています。暇している訳にはいかないので、諸々の SNS で投稿されている内容を参考にしながら、私なりに調べて見ました。

 

シナリオ

  • 現住所がはっきりしていること。
  • 個人事業主であること。
  • 売上が、昨年の同時期と比較し、減少していること。
  • 私の場合は、市県民税などが免除されている低額所得者です。

どのようなものがあるのだろう

次に紹介するものがあるみたいです。私の申請状況なども踏まえ、紹介します。
これらの窓口は、持続化給付金を除き、栃木県大田原市の場合、市役所に隣接している社会福祉協議会でした。 (持続化給付金は、中小企業庁らしく詳細なことは説明できないらしいです。)
尚、正式名称と異なる可能性があります。ご了承のほど、お願いします。あくまでも私の備忘録です。

 

緊急小口資金 (特別貸付)

2020年04月06日 に新規投稿した 生活福祉資金を申し込みました でも紹介しました。
基本的に、借入で、私の場合、1年間の据置で、JPY 100,000- 借りることができました。
申請してからの対応も早く、04月03日 (金曜日の午後) に申請し、04月09日 (木曜日) に振り込まれていました。

 

特別定額給付金

俗に言われている JPY 100,000- です。
栃木県大田原市の場合、本年6月 上旬を目標に作業しているらしいです。
ちなみに、私の場合、04月14日 に、この申込に関する資料が郵送されました。尚、この申込は、パソコンを利用して行うことはできませんでした。有料ソフトを導入しない限りパソコンでは利用できない感じです。

 

総合支援資金

上述の 緊急小口資金 (特別貸付) とは、別の借入で、生活福祉資金貸付制度なるものに基づく貸付らしいです。貸付なので、審査があり、申込後、約3週間後、審査の結果が連絡され、審査に通った場合、借入できるらしいです。
単身世帯の場合、JPY 150,000- /月で、貸付期間は原則として3か月らしいです。尚、据置期間は、1年で、連帯保証人は不要、そして、無利子らしいです。ありがたいことに、償還期間は、据置期間経過後、10年以内らしいです。
私は、2020年05月19日社会福祉協議会の指導のもと申し込みました。

 

住居確保給付金 生活困窮者住居確保給付金

従来より、この制度はあり、生活貧困者住居確保給付金なるものらしいです。今回のコロナ騒ぎで、この申請の特例らしく、私も申請手続き中です。
シナリオ でも紹介したように、今回のコロナ騒ぎで、大幅な収入減の場合、求職活動を行っていなくても、3か月の家賃は行政側が給付してくれるみたいです。(オーナーさんに直接、振り込んでくれるそうです。)
この給付金は上限があり、単身世帯の場合、JPY 32,200-みたいです。(栃木県大田原市の社会福祉協議会より入手した資料)
私は、現在、アパートのオーナーさんに記載して頂く資料を郵送し、これらの手続き中です。(近日中にも申請できる状態です)
尚、家賃支援策として特別家賃支援給付金なるものもあるらしいですが、これは、住居確保給付金とは別物らしいです。
余談ですが、相談の際、実際に滞納が発生するとオーナーさん達に迷惑をかけ、現在、経済状況が苦しくなりつつあります。いろいろなマスメディアの閲覧の際、この制度のことをみました。すぐにでも利用したいです。ご指導のほど、お願いいます。などのような切り出し文句だと受けが良さそうでした。

 

持続化給付金

中小企業庁が行っている内容らしく、社会福祉協議会では明確なことはことは言えないらしいです。
コールセンター 0120-115-570 の番号のみ教えて頂きました。
諸々のことを片付けてから、中小企業庁のサイト などを閲覧し調べ、私にも当てはまるなら申請する予定です。

RyuRyumall ロフトネットストア|カタログギフト

これで良いのだろうか・・・

今回のコロナ騒ぎで、助成金、給付金など色々なことを知りました。
ほんとうに生活に困っておられる方も多いと思います。
しかし、今回、紹介した内容に頼らず、なにくその根性で活動していくことが本来の姿と思います。(こんな感じだと仕事をしなくなると思います)
ちなみに、兼業農家さんも含め、農家さんは、諸々の助成金などを得ながら仕事をしているみたいです。JPY 4,000,000- を超える機械の導入でも、半額は免除されたりとか、軽油税の免除、更に、事業税の税率も軽減されているみたいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年05月22日
「生活貧困者住居確保給付金」ではなく、「生活困窮者住居確保給付金」というらしい。
2020年05月21日
新規投稿
−以 上−

田植えを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

やっと終わった

ガチガチの農協派の兼業農家さんの田植えのお手伝いを終えました。
今年も2件の農家さんのお手伝いで、04月27日から05月03日まで、ほぼ毎日、田植えのお手伝いでした。
私自身、よっぽどのことがない限り、田植え機には乗りませんが、苗箱を配ったり、まくらの部分をならしたり、その他、諸々と忙しいお手伝いで、田植えを終えた翌日は、補植まで終えました。
今年も2件の農家さんのお手伝いでしたが、田んぼの中を入ったり、現在、足がパンパンの状態です。

RyuRyumall

田植え直後のほ場

今年の苗は、例年と比べると短い感じがしまた。
最近、この農家さんの奥方さんがパートを休んで、苗のおともりをやっているみたいで、いつもハウスの温度を上げすぎ旦那さんより、グチを言われているみたいです。(詳細は、分かりませんが・・・)

お米の苗

一方、田植え直後のほ場の様子です。
田植え直後は、どの農家さんも似たりよったりです。

田植え直後のほ場

こだわりの方々の田植えのまだです

通年、私がエンジン付きの5条の除草機を利用して除草作業を行っている農家さんの田植え、そして、除草予定も踏まえ、本日こだわり栽培 (クイッぷちと私のクイッぷちのみ栽培です) の農家さん宅を訪問しました。
天候次第ですが、2019年05月25日あたりに田植えを予定しているらしいです。
私としては、天候が良く、苗の活着が落ち着いた日に除草作業ができれば良いと思っています。
NPO法人 民間稲作研究所 が指導している農家さんのほ場が近くにあります。田の草が賑やかです。
私自身の変な意地ですが、今年も、彼らに負けないようにしたい気持ちです。

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年05月04日
新規投稿
−以 上−

今回は、ビール麦です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

ビールですよ

私が主に活動している栃木県 大田原市の農家さんは、お米以外にビール麦も栽培しています。
今週、田んぼの土手の草刈りの際、ビール麦の畑の土手の草刈りも行いました。
草刈り作業の一休みの際、耕作者にコッソリと、麦の穂の部分も含め写真を撮りましたので投稿します。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

畑の様子です

刈り入れは、まだまだのようですが、最近の麦畑の様子を紹介します。
撮影、つまり、草刈り作業中、風が強く、ビール麦の穂も揺らいでいました。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年04月21日

麦畑の様子

草刈り作業の一休みの間、つまり、土手に腰掛けている際、耕作者にコッソリと撮影しました。
まだまだ、青いです。
ちなみに、5月下旬より、刈り入れを行っている様子を見かけます。

麦畑

穂の部分

ビール麦、具体的には、二条大麦というらしいですが、穂の部分が、二条になっています。
最初、なんで二条大麦というのか、分からなかったです。

麦の穂

物凄いです

昔々、ガチガチの農協派の農家さん宅にて、ビール麦も含め、大豆のお手伝いを行った時があります。
除草剤などの散布料は、物凄かったです。
今回、紹介したビール麦も、基本的に同じと思いますが、あの農薬の散布を経験すると、ビールは飲みたくないです。麦の芽が出る前に除草剤みたいなのを散布しますが、この農薬が手袋や作業服に付くと、匂いもさることながら、洗っても農薬の黄色の色が落ちない時がありました。
最近、無農薬で栽培されたビールも宣伝されているみたいですが、除草剤は、散布していなくても防カビ剤は、散布している可能性があります。 (こだわるなら栽培歴など確認したほうが良いかも・・・)

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年04月25日
新規投稿
−以 上−

そろそろ田植えです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草刈りを終えました

04月19日より、ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを行い、先日、作業を終えました。
今年は、前回の台風の影響で、耕作できないほ場もあり、耕作面積は減ったそうです。
今年も通年とおり、私に声をかけてくれるそうで、今年も農協派の慣行栽培のほ場を紹介できそうです。
今回、上代掻き前の土手の草刈りを終えたほ場の様子を紹介します。

テレワークにおすすめのモバイルPC 

上代掻き前のほ場です

土手の草刈りを終えた状態のほ場です。
このほ場は、小学校が隣接しますが、高速道路なみに速度を出して運転している方が多く、更に、土手に空き缶、ビンの投げ捨てが多いです。
耕作者、自体、土手に除草剤を散布することが好きな感じで、道路側の土手は、小石が非常に多く、土手自体えぐれています。
このように作業やりづらいですが、それとなく草刈りを終えました。
ちなみに、今年は、このほ場にて、慣行栽培のお米の生育状況を、耕作者にコッソリと紹介していく予定です。(今まで紹介していたほ場は、前回の台風で、今の時期は耕作できないらしいです。水路がまだ復旧していないらしいです。)

場所
栃木県大田原市
撮影日
2020年04月21日

上代掻き前

今度は田植えです

耕作しているほ場は、麦のほ場もありました。しかし、隣接するほ場が他人のほ場でも、田んぼに接している土手の草刈りも終え、上代掻き後、今回は、田植えが始まります。
今後は、05月01日に、田植え前のゴミ拾い(浮いているワラ拾いです)を終えた後、次の日より、田植え、そして、まくらの部分のつなぎ目の補植です。
最近、外出自粛の世の中、自宅待機の方も多いと思います。このように即金の賃トリができるだけでもありがたいことと思っています。

苗箱運搬棚を紹介します

アルミ製の水平式育苗棚 (64枚)です。
アルミは軽いですが、溶接できない、つまり、アングルの部分が破損した場合は、頭が痛いと思います。

これもアルミ製の苗コン (60枚)です。
60枚の苗箱だと、3反部ほどの田んぼの田植えはできると思います。
ちなみに、私がお手伝いしている諸々の農家さんは、苗のつかみしろもあると思いますが、50株で基盤整備のほ場だと、1反部、20枚は使用していない感じです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年04月24日
新規投稿
−以 上−