タグ別アーカイブ: Ubuntu

新しいUbuntuがリリースされたみたいです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

2018年03月04日に、このブログにメモリの増設を計画していますについて投稿しました。
私が保有しているLenovoThinkPad SL510 2847-4XJのメモりサイズの標準値は、2GBですが、新たに4GBの増設メモリを購入しました。
単純に、このノート型パソコンの裏フタを開け、開いている場所に新規に購入した増設メモりを挿入するだけで、それとなく認識し、動作しているみたいです。

しかし、今回のメモりの増設が要因か未明ですが、不可解な現象が発生しました。
また、色々と検索していくと、BIOSのことなど、雑学的に知り得た内容を備忘録的に投稿します。

増設前後の状態

私が利用しているOSは、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits版)です。
64Bits版のOSならば、それなりのメモり容量を認識するらしいです。
下記に、増設前後のメモりスワップについて、記載します。尚、システムモニタのメモりとスワップの履歴にて、確認しました。

  増設前 増設後 備考
メモり 1.8 GiB 5.7 GiB 増設分は、それなりに認識された感じです
スワップ 1.9 GiB 1.9 GiB 変化なし

スワップ領域は、OS設定時のことと思いますので、変化なしは、当然と思います。



不可解な現象

今回のメモり増設が、直接的な原因とは、思いませんが、メモり増設後、パソコンの電源の投入時に、下記のようなダイアログが表示されるようになりました。

The system is running in low-graphics mode.

上述のダイアログにて、次に進むとWhat would you like do ?の問い合わせ後、Try running with default graphical mode (規定でオンになっています) を選択させるとログイン画面が表示され、それとなくパソコンが動くようになりました。

ちなみに、上述の内容は、常に発生せず、パソコンの機嫌が悪い時に発生する感じです。



色々、検索しました

The system is running in low-graphics mode.の件は、比較的、多く検索され、BIOSを最新版にするとか、BIOSにて、認識させるメモり数を買える変えるなど、解決されておられる方もいるみたいです。
ここに、LenovoThinkPad SL510のBIOSの起動方法を紹介します。

電源投入後のF1です。F12は、Boot Menuのみ表示されました。F1だと、BIOS Setup Utilityが起動しました。

一方、seaBIOSなるものもあり、sudo apt install qemu-kvmで設定できるみたいです。(設定できました。)
しかし、パッケージマネージャで、seaBIOSの説明みたいなものをみると、
Note, however, that SeaBIOS does not handle early initialization of core chipsets, so don’t even think of flashing it to your board (look at Coreboot for that).
の記載されてあります。
私が利用しているパソコンのCPUは、Intel® Core™ 2 Duo CPU P8700 @2.53GHz x 2 です。
このseaBIOSを設定しても、大した変化は、ありませんでした。

結論的に・・・

Ubuntu Japanese Teamをみましたが、Ubuntu 18.04 LTSが、2018年4月27日に、リリースされたみたいです。
日本語版の配布は、どのようになっているか、わかりませんが、新しいUbuntuのリリース後、約1ヶ月程度、経過後、日本語 Remix リリースされるもたいですので、日本語がリリースされているようでしたら、パソコンのOS を、入れ替える予定です。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月02日
誤字の修正 買える → 変える
2018年04月30日
新規投稿
−以 上−

UbuntuでSQLServerが利用できる??

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

MS SQL Server が利用できるらしいです

未確認情報ですが、Ubuntu 16.04 にて、MS SQL Server が、インストールできそうな記事を見ました。
私自身、設定していませんが、閲覧した記事を見る限り、Ubuntu に設定できそうです。

今回、この閲覧した記事の備忘録的に投稿します。
後日、賃トリ作業などを終え次第、じっくりと検証していく予定です。

記事の紹介

下記に、その記事のリンク先などを紹介します。
Ubuntu に MS SQL Server が設定できれば、ラッキーなのですが・・・

リンク先
Install SQL Server on Ubuntu
Supported platforms
Red Hat Enterprise Linux 7.3
Ubuntu 16.04 and 16.10
MS SQL Server
バージョンなどは、未確認です。設定後、再度、投稿する予定です。

Install SQL Server

Install SQL Server on Ubuntuに、紹介されているインストールの手順を紹介します。

Import the public repository GPG keys

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –

Register the Microsoft SQL Server Ubuntu repository

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mssql-server.list

Run the following commands to install SQL Server

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

After the package installation finishes …

After the package installation finishes, run the configuration script and follow the prompts. Make sure to specify a strong password for the SA account (Minimum length 8 characters, including uppercase and lowercase letters, base 10 digits and/or non-alphanumeric symbols).

sudo /opt/mssql/bin/sqlservr-setup


Upgrade SQL Server on Ubuntu

インストール後のアップグレードしたほうが良さそうです。

Update the apt-get repository lists

sudo apt-get update

Re-run the installation command ..

Re-run the installation command, this will upgrade the specific mssql-server package:

sudo apt-get install mssql-server




希望的なことですが・・・

今回、紹介した投稿内容は、ほとんどが、コピー、ペーストです。
私自身、検証していません。
仮に、MS SQL Server が、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits)に設定できたら、SQL Server Management Studio (SSMS) が、設定できれば、今まで、私自身が取得している開発コードが流用できるのですが・・・

JP_Office2016Launch_468x60

MS SQL Server は、設定できそうです

2017年01月15日 » 追記

本日、私のUbuntu 16.04 LTS (64Bits)のパソコンに、上述した内容にて、MS SQL Server の設定を試みました。
結論的に、私のパソコンには、設定することはできませんでした。
Install SQL Server on Ubuntuにも、記載されている注意内容を下記に紹介します。

You need at least 3.25GB of memory to run SQL Server on Linux. SQL Server Engine has only been tested up to 256GB of memory at this time.

つまり、利用するパソコンのメモリが、4GB以上で、ないと設定できないようです。(今回、設定しようとした私のパソコンは、2GBです)
具体的に、端末より、sudo apt-get install -y mssql-serverの際、下記のエラーが表示され、mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.debは、ダウンロードされますが、設定は、できませんでした。


ERROR: This machine must have at least 3.25 gigabytes of memory to install Microsoft(R) SQL Server(R).
dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (–unpack):

尚、この設定ができなかった内容の詳細は、後日、投稿する予定です。

この投稿の改定履歴

2017年01月15日
追記
2016年12月21日
新規投稿
−以 上−

MonoDevelopを利用しようと思います-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

開発言語/ツールについて

私は、Microsoft Visual Basic を利用し、MS SQL Server を用いたデータ処理は、得意な分野です。特に、Microsoft Office Word との連携は、私のお客様に好評を得ています。
現在、私が利用しているOSは、Ubuntuのため、Visual Studio自体は、利用できないと思います。
急務ではありませんが、私のお客様宅にて、農産物の出荷管理や請求書作成など行う専用アプリケーションをボチボチ作成する必要性が高まりつつあります。
アプリケーションを作成する開発ツールは、数多くあると思いますが、利用するOSが、Windowsでないため、色々と調べて見ました。
現時点における私なりの結論は、MonoDevelopを利用してアプリケーションを作成していこうと計画しています。
今回、このMonoDevelopの設定などについて、備忘録的に投稿します。
今回、開発言語をMonoDevelopに選択した経緯を備忘録的に投稿します。



開発ツールの選択など

私なりに調べた開発ツールを下記に紹介します。

選択基準

作成したコンテンツの紹介で、紹介しているように、今までの私の経験で作成できることが、重要です。まったくの新規開発は、私の残り僅かな人生で無駄なことと思います。
前職中は、Visual Basicでしたが、離職後、Visual StudioのVB.NETの利用が増えました。つまり、VB.NETの感覚で作成できることです。
更に、ウェブ系のアプリケーションではなく、ディスクトップ系のアプリケーションを作成していく考えです。ウェブ系は、有料ですが、個人的にLotus Domino/Notesには、かなわないと思っています。
つまり、基本的に、無料でどこまで利用できるかも重要な選択基準です。
データベースは、Microsoft SQL Serverが楽ですが、一般的でない感じです。
今後のことを思い、MySQLの利用に限定しました。

各々の評価

現時点における私なりの各々の考察結果です。
下記に紹介した以外にも、一般的な開発ツールは、あると思います。

Visual Studio
利用しているOSが、Windowsであれば、何も考えず、アプリケーションは作成できます。
昔流でいうExpress版ならば、ビルドも含み無料で作成できる範囲も広いです。更に、IISを利用した環境であれば、ClickOnceアプリケーションも容易に作成できます。
OSが、Ubuntuのためボツです。
Visual Studio Code
Windows以外、つまり、Ubuntuでも利用できるみたいです。
このVisual Studio Codeは、昔流で言うMicrosoft Expressionと類似している感じです。
基本的にウェブ系のためボツです。
Xojo
Ubuntuでも利用できました。
操作性、つまり、アプリケーション作成は、Microsoft Visual Studioを操作したことがあるかたは、取っ付き易いと思います。感覚も、VB.NETと類似しています。
しかし、無料で利用できる範囲が、限られています。
ビルド時は、ライセンスが必要みたいで、無料で利用できるデータベースは、SQlifeに限定されているみたいです。
このライセンス料金について、考え方次第ですが、3年程度、アプリケーションを利用する考えならば、Windowsの環境でアプリケーションを作成したほうが、安上がりの印象です。
ボツではありませんが、現在、保留中です。
MonoDevelop
現時点において、このMonoDevelopを利用していく考えです。
Ubuntuでも、作成できそうです。
ちなみに、以前、私がVB.NET (.NETFreamework 4)で作成したアプリケーションも開くことはできました。しかし、デザイン・フォームは、ビジュアル的な表示はされませんでした。
具体的なコーディングは、行っていませんが、MonoDevelopの場合、VB.NETは、Ubuntuでは意図したようなアプリケーション作成は、できないみたいです。C#ならば、Visual Studioと類似した感覚で、アプリケーションが作成できそうです。

選択の結論として

開発ツール
MonoDevelop
データベース
MySQL。今後は、レンタル・サーバーの利用も検討しています。
その他として
昔流でいうCreateObjectにて、LibreOffice Writerの利用したいですが、Name Spacesなどがどうなっていることやら・・・

マウスコンピューター/G-Tune

備考

今回、UbuntuにおけるMonoDevelopの設定に関する内容は、紹介しませんでした。
次回、紹介する予定です。

この投稿の改定履歴

2016年11月03日
表現の変更
2016年10月24日
新規投稿
−以 上−

EvolutionにGmailが設定できた-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

Ubuntuに設定したEvolutionに、Google Gmailが設定できず、悩んでいました。
Evolutionの[編集] – [設定] – [メールのアカウント]より、取得しているGmailのアドレスを追加しても、パスワードが何度も問い合わされ、Evolutionより、Googleの各種のサービスは、利用できない状態でした。
尚、メールのアカウントの追加の身元情報Look up mail server details based on the entered e-mail addressチェック外し、Googleが公開している内容を設定しても、Gmailは、設定できませんでした。

たまたまかもしれませんが、Googleアカウントを追加する方法をみつけ、EvolutionにGmailなどを設定することができました。
今回、EvolutionにGmailなどの設定に関する内容を備忘録として投稿します。
尚、今回、設定できた私のパソコンの概要を下記に紹介します。

OS
Ubuntu 16.04 LTS 64Bits
Evolution
3.18.5.2
ブラウザ
利用するブラウザは、起因しないと思いますが、私が利用しているブラウザの一部を紹介します。
Mozila Firefox 49.0 « 私が、通常、利用しているブラウザ
Chromium 53.0.2785.143 Built on Ubuntu

基本的な考え方

私見ですが、EvolutionにGmailなどを設定させるのではなくGoogleアカウント接続させるアプリを許可させることと思います。
私が取得しているGoogleアカウントに接続させるアプリ(今回は、GNOMEです)を許可させると、Evolutionにて、Gmailが利用できました。
尚、Googleアカウントのアカウントに接続されているアプリにて、UbuntuにてGoogleアカウントへのフル アクセスが可能ですと表記されているだけでは、EvolutionよりGmailなどは、利用できませんでした。
GNOMEが許可されていないといけないみたいです。

アプリを許可させる方法

色々な方法があり、偶然的にも、Googleアカウントに利用するアプリの許可を与えることができると思います。
今回は、Ubuntu 16.04 LTSの設定オンラインアカウントより、Googleアカウントに利用するアプリの許可を与えることができました。

この設定オンラインアカウントは、Ubuntu 16.04 LTSのシステム設定には、表記されていないようです。
新規に[設定] – [オンラインアカウント]を追加しました。

[設定] – [オンラインアカウント]の追加

端末より、下記にてインストール
sudo apt-get install gnome-control-center

[オンラインアカウント]の起動

端末より、下記にて起動
gnome-control-center online-accounts

尚、一般的と思われるシステム設定設定は、重複して起動できないみたいです。

具体的な画面

下記に、各々の画面を紹介します。

オンラインアカウント

端末より、sudo apt-get install gnome-control-centerにて、設定を追加させると、このようにオンラインアカウントが表記されました。

[設定]-[オンラインアカウント]

アカウントの追加

端末より、gnome-control-center online-accountsにて、設定させ、オンラインアカウントを動作させ、ボタンをクリックすると、アカウントの追加が表記されました。

アカウントの追加

アカウントに接続されているアプリ

Googleを選択させ、後は、表記されていく内容を記載していくと、Googleアカウントに接続されているアプリが追加されました。
今回は、Googleアカウントに追加させるので、途中、Googleアカウントのログイン画面が表記されると思います。
オンラインアカウントより、Googleを追加させた後のアカウントに接続されているアプリにGNOMEが追加されています。

アカウントに接続されているアプリ

やっとの思いです

Ubuntu 16.04 LTSのEvolutionに、Google Gmailを、やっとの思いで、設定することができました。
Gmailだけでなく、Googleカレンダも利用でき、ある意味で、一元管理できるようになりました。

後は、Yahooメールの設定の方法です。Yahooメールの追加は、容易に行えましたが、Yahooメール内の個人フォルダが同期していない感じです。

ちなみに、Microsoftアカウントのメールは、ものすごく容易に設定でき、このメール内の個人フォルダも同期しているようです。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

この投稿の改定履歴

2016年10月23日
新規投稿
−以 上−

MonoDevelopとは・・・

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

VB.NETは、時代遅れ?

私のホームページに公開しているように、Microsoft Visual Basicは、4 Pro.の時代よりの付き合いです。
その後、Microsft Visual Studio 2010 Expressの時代でも、VB.NETにて、統計や、昔流でいうOLEオートメーション機能を利用したアプリケーションの作成を行っています。
アプリケーションの作成は、.NETFrameworkと思っています。

現在、私の開発環境は、Ubuntu 16.04 LTS64Bits版です。つまり、Visual Studioは、設定できないと思います。
色々と検索させるとMonoDevelopなるものを見つけました。
64ビット版のOSを設定しました-Ubuntu編でも紹介しましたが、パソコンのOSを入れ替えました。

最近、このMonoDevelopなるものに凝っています。

はじめてのMonoプログラミングの図書も必要と思いますが、VB.NETに慣れている方は、C#の独習書も必要かもしれません。

生涯、勉強かな・・・

UbuntuにMonoDevelopの設定は、すんなりできました。
その後の詳細な設定は、後日、投稿しますが、今まで、やなんでいることがあります。

VB.NETではなく、C#ならば、Microsft Visual Studioと類似した開発ができそうです。
新しい言語を覚える必要がでてきました。トホトホと頭を掲げています。
一方、MonoDevelopは、Visual Studioの時の開発状態と、少し、感覚が異なります。

人生、生涯現況で、ガツガツ・ゴリゴリの精神です。それより、幾つになったら、頭を使わず、楽なことができるのだろうか・・・

この投稿の改定履歴

2016年10月19日
新規投稿
−以 上−