備忘録」タグアーカイブ

言語の設定を行いました-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

パソコンの利用目的は、別として、私は、Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) 頃より利用し、それなりに OS の設定を行い、文書作成、表計算、プレゼンテーションやパンフレットの作成、そして、ネットサーフィンなどを行っています。(本来なら、アプリケーションの作成を着手しなければなりませんが、C言語があなり分からず、おろそかになっています。)
OS の設定を終えた時点で、最初に行うことが言語の設定と思います。
慣れてきたためと思いますが、言語の設定に関し、固定観念が強く、設定させる場所を探すのが、一番の仕事でした。
今回、Ubuntu 20.04 LTS (Focal Fossa) の言語の設定、そして、言語バーと思える部分の設定につき備忘録的に投稿します。

地域と言語

基本的に、日本語は、追加するものと思ったほうがよさそうです。
Ubuntu の画面左下のタイルみたいものより、設定 (すべてよりです) を起動させます。
この設定のタブの下側に、地域と言語 があり、インストールされている言語の管理 ボタンをクリックし、後は、素直にクリックして進めるだけでした。日本語 (Mozc) の歯車のアイコンをクリックしたりすれば、それなりに設定されました。
ポイントは、これら地域と言語の設定を終えたら、パソコン自体を再起動することと思います。再起動しないと意図する操作や表示がされませんでした。

地域と言語

言語バー

再起動後、右上の言語バーの下矢印を開き、ツールのノードを開くと、このように表示されました。
このツールのプロパティの部分で、日本語入力や英語 (ローマ字) 入力などの設定が行え、辞書ツールより、辞書を作成することができました。
上述したように、私自身、以前より Ubuntu を利用しているので、今まで使用していた辞書はバックアップ (テキスト形式のエクスポート) を行い、このバックアップされた辞書のインポートで今までと同じ辞書が利用できています。
また、手書きの部分もあるので、読み方の困難な漢字については、重宝に利用しています。

 

基本的に自己責任と思います

Ubuntu は、無料で利用できると思います。(諸々のライセンスや使用許諾などにより、無料という言葉の意味合いは別としてです。)
バグや意図したように動作しないなどとクレームを言う前に、自己責任で利用させて頂いているの気持ちが必要と思っています。
一方、私の顧客で導入の際、無料のものを利用するとタダだったんでしょうという農家さんがいます。このような方々とは、一切、取引を中止し、あなた達で調べて各種の設定を行えばよいでしょうのスタンスで接しています。

 明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年09月02日
新規投稿
−以 上−

フォントを設定しました-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

IPAフォントを利用しています

私自身、特にこだわっていませんが、(特に、官公庁に提出する) 資料の作成時のフォントは、IPA フォントを利用しています。
ウィキペディア の IPAフォント を見ると、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) によって配布されているらしいです。
各位、諸々の見解はあると思いますが、私自身、日本国内の標準的なフォントと思っています。
今回、Ubuntu 20.04 LTS にこの IPAフォントを設定し、システムフォントに設定しました。
今回、このフォントの設定に関することを備忘録的に投稿します。

フォントの設定

以前、IPAフォントの追加について (2011年07月23日 新規投稿) で投稿しましたが、今回は、端末で設定できました。
sudo apt install fonts-ipafont fonts-ipaexfont
これのみで、IPAフォントは、設定されました。

システムフォントに設定する場合

fonts.conf でなく local.conf というファイルに、この内容 を記載します。
記載する文字に、 < や > があり、変にタグ付けされるので、私の Google Drive に貼り付けました。

システムフォントに使用する場合は、この local.conf というファイルを下記の場所に貼り付けるだけでした。
/etc/fonts/local.conf を作成する。 « fonts.conf でなく local.conf です。
尚、各利用者ごとに設定したい場合は、home/ユーザー名/.local/fontconfig/local.conf です。(隠しファイルになっています。)

RyuRyumall 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月31日
新規投稿
−以 上−

LibreOfficeを設定しました-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

設定できました

標準的に、Ubuntu 20.04 LTS を新規に設定すると、LibreOffice も設定されます。
しかし、設定される LibreOffice のバージョンが新しいとは限らないので、今後のことも思い LibreOffice を開放し、再度、設定しました。
今回、Ubuntu 20.04 LTS において、LibreOffice の開放も含み、備忘録的に投稿します。
尚、libreoffice-sdbc-hsqldb のパッケージを追加することより、LibreOffice Base も利用することができる感じです。

既に投稿しているLibreOffice関連の内容 (ピックアップします)

私は、OpenOffice.org の時代より利用し、LibreOffice 関連は、それなりに備忘録的に投稿しています。
今までに投稿している内容の一部を紹介します。

新規投稿年月日
タイトル
2019年03月03日
LibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編
2012年01月18日
再度、LibreOfficeを設定した
2011年12月17日
LibreOffice で年賀状作成

基本的な考え方

Ubuntu 20.04 LTS を標準的に設定させると、最新版の有無は別として、LibreOffice も設定でき、その後、sudo apt update などで、バージョンの更新が行えれば良いのですが、メジャーアップなどのことを思うと、標準的な設定ではなく、一回、開放し、LibreOffice を再設定したほうが良さそうです。
下記に、私が LibreOffice の設定の (基本的な考えも含む) 手順を紹介します。(あくまでも私見です。絶対ではないと思います。)
尚、LibreOffice を設定させる前に、IPA フォント関連は、先に設定させていたほうが良さそうです。

  1. LibreOffice の開放
  2. 端末を利用して PPA の設定
  3. 端末を利用して LibreOffice の追加
  4. GUI の日本語化
  5. LibreOffice Base を利用できるようにする

開放について

アンインストール、つまり、LibreOffice の開放ですが、LibreOffice のアンインストール にて、紹介したように、Synaptic パッケージマネージャを利用したほうが、良さそうです。
Ubuntu Software や端末を利用した場合は、アプリケーションを表示するより、LibreOffice の諸々のアプリケーションが表示され、起動される場合がありました。
尚、場合にもよると思いますが、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連が追加されていれば、削除させたほうが無難な気がします。私は、削除の後、設定しました。(当然と思いますが、PPA の設定の時、自動的に設定されました。)

再設定について

次に、設定した LibreOffice の手順を紹介します。尚、全て端末を利用して設定し、Synaptic パッケージマネージャは、閉じた状態で作業を行いました。

PPA の追加

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa
sudo apt-get update
この時点で、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連 (具体的には、http://ppa.launchpad.net/libreoffice/ppa/ubuntu) が追加されたみたいです。

パッケージの追加

sudo apt install libreoffice
この時点では、英語版の LibreOffice が設定され、日本語化されていませんでした。

日本語化

sudo apt install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja
この時点で、日本語化されました。
今回、紹介した手順で LibreOffice を設定すると、2020年08月30日 時点では、6.4.6.2 のバージョンが設定されました。

Base について

LibreOffice の [ツール] – [オプション]より LibreOffice 詳細 タブで、Javaオプション にて、Java実行環境を使用(ペンダーUbuntu 11.0.8)が設定されていても、Baseのテーブル作成、既存のデータベースファイルは開きますが、テーブルを開くことができませんでした。
その画面を紹介します。

LibreOfficeのオプション

libreoffice-sdbc-hsqldb なるパッケージを追加しました。
sudo apt install libreoffice-sdbc-hsqldb
このパッケージの追加で、既存のデータベースファイルのテーブルも開けました。そして、新規にデータベースも作成することもできました。

その他

今回、LibreOfficeの再設定の際、libreoffice-evolution なるパッケージを見かけました。
どのようなパッケージかわかりませんが、とりあえず設定しました。
sudo apt install libreoffice-evolution

その他

とにかく、Ubuntu 20.04 LTS に、LubreOffice 6.4.6.2 が設定できました。
LibreOffice のバージョンは、7.*系も発表されているみたいですが、7.*系の設定は、sudo apt update などで、バージョンアップできれば良いのですが、場合により、6.*系が残る可能性があります。
この時は、今回投稿した内容を参考にしながら、再設定していく考えです。

テレワークにおすすめのモバイルPC パソコン工房

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月30日
新規投稿
−以 上−

ブラウザの設定について-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今回は、ブラウザの設定についてです

私が拾ってきた Lenovo のノート型パソコンに OS を Ubuntu 20.04 LTS を設定し、ブラウザの設定を行いました。
今回、ブラウザの設定後、FlashPlayer などの拡張機能の設定について、備忘録的に投稿します。
思ったより、比較的、苦労しました。単なる拡張機能などの追加ではなかったです。

ブラウザについて

ブラウザも種類が下記のような種類があるそうです。

NPAPI
Netscape Plugin Application Programming Interface/Netscape Plugin API
Firefox とその他の Gecko ベースのウェブブラウザー用
PPAPI
Pepper Plugin Application Programming Interface/Pepper Plugin API
Chromium、Opera、Vivaldi 及び、その他の Blink ベースのウェブブラウザー用

Firefox は、Ubuntu 20.04 LTS の設定時、規定で設定されますが、プラグインの Shockwave Flash は、設定されていませんでした。
この Shockwave Flash は、アドオンを探すよりも検索されませんでした。
一方、今回は、Chromiumでなく、Google Chrome を設定しました。この Google Chrome は、オープンソースの Chromium に、いくつもの機能を Google が追加したブラウザらしいです。
ちなみに、Google Chrome を設定する前は、[設定] → [ソフトウェアとアップデート] → [他のソフトウェア] タブ には、http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main は、見当たりませんでした。

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】 デル株式会社

 

Shockwave Flash の設定

今回、端末を使用し、この Shockwave Flash のプラグインを追加した方法を紹介します。
尚、Firefox のブラウザは閉じた状態で設定し、端末を使用して設定したので、Synaptic パッケージマネージャも閉じた状態で設定しました。

  1. sudo apt install flashplugin-installer
  2. sudo apt install browser-plugin-freshplayer-pepperflash

尚、browser-plugin-freshplayer-pepperflash のパッケージの設定の際、端末では、下記のように表示されました。
ちなみに、これらを設定した年月日、2020年08月24日です。
端末の表示
ユーザー名@パソコンの名前:~$ sudo apt install browser-plugin-freshplayer-pepperflash
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
libevent-core-2.1-7 libevent-pthreads-2.1-7
推奨パッケージ:
adobe-flashplugin
以下のパッケージが新たにインストールされます:
browser-plugin-freshplayer-pepperflash libevent-core-2.1-7 libevent-pthreads-2.1-7
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。

これらパッケージの設定後、Firefoxを起動したら、Shockwave Flash のプラグインが追加されていました。

 

Google Chrome の設定

Google Chrome ウェブブラウザ のサイトの Chromeをダウンロード ボタンより、ファイルをダウンロードしました。
今回、ダウンロードしたファイル名は、google-chrome-stable_current_amd64.deb です。

ちなみに、ダウンロードする際、諸々の事項に対し、同意する必要があります。
尚、端末で、sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb で Google Chrome を設定すると思いますが、この設定後、[ソフトウェアとアップデート] → [他のソフトウェア] タブ には、http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main が追加されていました。

この Google Chrome を設定後、アプリ → Chrome ウェブストア より、flash player を検索させ、提供元が、Good App Developer である Flash Player を [Chromeに追加]ボタンより、Flash Player を拡張機能に追加しました。

 

備考的に・・・

Flash Player は、Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ を見る限り、2020年12月31日に、配布と更新を終了するみたいです。

そして、私は、各々のブラウザにて、Web Developer も追加しています。

G-Tune

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月28日
新規投稿
−以 上−

UbuntuにPintaを設定しました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

少し苦労しました

今回、私が拾ってきた Lenovo のノート型パソコンの OS を Ubuntu 20.04 LTS に入れ替え、画像の編集、サイズ変更などが行えるソフト Pinta を再設定しました。
Pinta は設定できましたが、Pinta の利用中、突然、Pinta がダウンしてしまう不可解な現象 (具体的には、画像サイズの変更に多発) が発生しました。
基本的に、Pinta の設定方法に問題があったみたいで、今回、投稿する内容で設定したら、Ubuntu 18.04 LTS の時と、同様な操作が行えました。
今回は、失敗した設定方法や、現時点 で Pinta が動いた設定方法などを備忘録として、投稿します。

 

結論的に・・・

snap なるものが、Ubuntu 18.04 LTS の時も表示され、気になっており、20.04 LTS の時も表示されています。
この snap なるものの説明は、別として、今回は、Pinta の設定について投稿します。

開発者のサイト https://www.pinta-project.com/ より、ダウンロードのサイト https://www.pinta-project.com/releases/ に進み、Linux (Snap) の Download をクリックしました。
ダウンロードとはいえ、ファイル自体はダウンロードされず、sudo snap install pinta-james-carroll の表記があり、端末で実行しました。

端末の表示は、こんな感じでした。
ユーザー名@パソコンの名前:~$ sudo snap install pinta-james-carroll
[sudo] ユーザー名 のパスワード:
pinta-james-carroll 1.7 from James Carroll installed « この部分は、一行表示されては消え、また、表示されてきた。
ユーザー名@パソコンの名前:~$

結果的には、Pinta が設定され、利用中も不可解な現象が発生せず、利用できています。
尚、この内容で設定後、Synaptic パッケージマネージャや Ubuntu software より、Pinta を検索してもインストールされたようなことは、表記されませんでした。

マウスコンピューターMousePro デル株式会社

 

失敗した例として

Pinta の設定は行えましたが、利用できなかった時の設定した方法も紹介します。
パッケージの設定は、このような感じで良いという固定観念が強かったみたいです。
繰り返しますが、この失敗例でも Pinta は、設定できました。

失敗例 その1

端末を利用した設定として
sudo add-apt-repository ppa:pinta-maintainers/pinta-stable
sudo apt update
sudo apt install pinta

失敗例 その2

Synaptic パッケージマネージャ、Ubuntu Software を利用しての設定
単に、Pinta を検索させインストールさせるだけ

 

設定後のパソコンの内容

今回は、snap なるものを利用して設定しました。この設定後のパソコンの状態を紹介します。
home/ユーザー名/snap/pinta-james-carroll/ が作成された感じで、この下に、4 と common、そして、current (フォルダーへのリンク (inode/directory)) が、作成されました。
尚、一部、隠しファイル (ls -a) のものもありました。
ちなみに、今回、設定できた Pinta は、日本語で表示されています。

一方、Synaptic パッケージマネージャ、Ubuntu Software 、そして、sudo apt パッケージ名 では、Pintaは表記されませんでした。
今回は、sudo apt パッケージ名 ではなく、sudo snap パッケージ名 のため、私自身、感覚が今までと違うみたいです。

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月26日
新規投稿
−以 上−