タグ別アーカイブ: 簿記

雑務が追いつきません

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今週のひとりごと

新年を迎え、約半月が経ちます。
お正月に片付けたかった内容も多かったですが、今年のお正月は、ゴロゴロするはずでしたが、諸々のことが多く、思ったようなことができませんでした。
当面、行わなければならないことをメモ的にまとめ、がんばる度アップにつなげたいです。


当面のやりたいこと

そろそろ確定申告の受付が始まります。
まだ、昨年の仕訳も終えていません。概略的な収支は、把握していますが、数値化していないため、なんとも言えない状態です。
下記に、当面のやりたいことをリスト化してみます。

  • 昨年の仕訳 « 急務です
  • 仕訳後のデータ入力
  • アプリケーション作成の開発ツールのまとめ
  • サイトの運営に関する内容

やりたいことやらなければならないことをあげたらきりがありません。
基本的に、環境の保全を図る活動と洒落こんでの環境美化運動、つまり、俗に言われる古物が大好きです。
一方、賃トリも大好きですが、これらは一時的な内容であり、今後の私自身のことを思うと、上記に記した内容も行わないと、いけない感じです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年01月12日
新規投稿
−以 上−

年末に向けて

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

慌てないように準備しましょう

今年も、残り、1週間程度です。
年末の掃除、諸々の道具の手入れは、直ぐに頭にうかびますが、意外と、確定申告に関する整理は、忘れがちと思います。
私自身、申告前にアタフタしながら、収支の整理を行い、諸々の免除、減額申請が行えるように慌てる場合が多いです。
特に、仕訳が追いつきません。毎年、わかってはいるのですが、いつも申告時に慌てています。

今年は、振替、記帳などの業務に慌てないように、必要と思われる帳面などについて紹介します。
尚、これらの書式の帳面は、申告の時期になると、意外と、書店などで売り切れ、或いは、扱っていない場合もあり、私自身、記帳に必要な用紙を探したことがあります。
今回、私自身の備忘録として、紹介します。

帳面について

会計関連の記帳で必要な帳面は、申告者次第ですが、諸々、あると思います。
各社の広告を利用しながら、下記に紹介します。

まだ、手にとって見てはいませんが、この総勘定元帳に、記帳しておられる方も多いと思います。
しかし、私自身、意図した感じでなく、特に記帳する考えはありません。
総勘定元帳ですので、振替伝票の一覧表的な帳面にしたいからです。

このルーズリーフの仕訳帳は、使い勝手が良さそうです。
ホームセンターなどでも、販売されているみたいで、記帳次第で、振替伝票の、一覧表的な帳面を記帳できると思います。

簿記の基本は、仕訳で、この振替伝票に記載することと思います。
この仕訳ができないと、何をどのようにやるのかなど、わからないと思います。

記載した振替伝票のファイルも必要です。
意外と、身近な店舗で見かけない場合が多いです。

会計関連のソフトを紹介

現在、紙ベースでなく、電子的に記帳、運用しておられる方も多いと思います。
仕訳さえ、行えれば、振替伝票に、記帳せず、直接、データを入力するだけで良い可能性もあります。
簿記は、確定申告時の利用だけでなく、各位の事業の分析と思います。

下記に、私が携わった簿記関連で利用したソフトを紹介します。
クラウドで代表されるライセンスの取得より、パッケージ版が安くつくと思いがちですが、パッケージ版のソフトは、利用するOSが、有料の場合が多いみたいです。つまり、利用できるOSが限定されることは、OSの販売会社に自社の事業が牛耳られることと思います。
尚、下記のソフトは、当時、クラウドで利用できました。
ソフトの供給元は、推奨していないですが、OSも、Ubuntuでも利用できました。

有名な弥生会計です。
仕訳さえできれば、振替伝票に記帳する感覚で、データ入力が行えました。(このソフトを利用した当時です)
しかし、事業仕訳は、行えないみたいで、同一銀行の口座の管理に不満を感じていました。
尚、上述したようにソフトの供給元は、推奨していないですが、OSも、Ubuntuでも利用できました。

この会計ソフトfreeeは、NPO法人の仕訳ができるようです。(私達が設立したNPO法人では、利用していません)
私は、NPO法人と、一般的な法人、個人事業主などの仕訳、データ入力の違いは、事業仕訳の有無と思います。試していませんが、事業仕訳ができると思います。
尚、上述したようにソフトの供給元は、推奨していないですが、OSも、Ubuntuでも利用できました。

備考

今回は、簿記に関する帳面、ソフトなどを紹介しました。
私自身、申告時に慌てないようにしようと思います。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2017年12月24日
新規投稿
−以 上−

確定申告を終えました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今年は、ギリギリでした

私は、個人事業主として、諸々の活動を行っています。
今の時期、つまり、3月上旬は、確定申告のため、頭を悩みながら、申告を行っています。先日確定申告を終え、今年も事業費、市県民税も納付することなく、更に、国民年金も全額免除されると思っています。

ゆっくりしていられない

個人の申告は、終えましたが、私達が設立したNPO法人の報告書の作成が、まだです。
昨年は、所轄の栃木県 那須塩原市に下記の資料を提出しました。
今年は、活動の拠点を大田原市に移動したので、大田原市に関連する資料を提出するため、現在、NPO法人の職員の方と、資料作成のための準備段階、つまり、仕訳などを行っている最中です。

年度ごとに必要な資料

  • 活動年度の社員名簿
  • 活動年度の役員名簿。報酬の有無の記載も必要
  • 事業報告書
  • 活動計算書
  • 貸借対照表
  • 計算書類の注記
  • 財産目録
  • 事業報告書等提出書

2016年08月27日に、新規投稿した報告書の作成を終えましたも参照してください。

生涯勉強です

私自身、税務署の職員の方々に、諸々の相談を行っています。
特に、具体的な仕訳や申告書の作成に関する内容を主に、相談しています。
私の性格的に、単に人から教わるだけでなく、自分で調べてから相談することが多いです。
近日中に、若干、集金できる予定ですので、NPO法人に関する会計関連の図書を導入する考えです。

NPO法人の会計に関し、バイブル的な図書らしいです。
私達も、NPO法人の設立の際、市役所の方より推薦して頂きました。
昨年は、この図書を参照にしながら、関連する資料を作成し、提出しました。

NPO法人の会計は、一般的な会計と比較し、別枠的な印象を抱いています。
仕訳の勘定科目も、一般的に利用されている内容と若干、異なる感じです。
生涯、勉強です。思い切って、この図書を導入する予定です。

この投稿の改定履歴

2017年03月17日
新規投稿
−以 上−

確定申告の準備中です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今週のひとりごと

今回の投稿は、ひとりごとというより、グチっぽい内容です。
私なりの確定申告関連の業務が滞っています。

今年確定申告の時期になりました。
税務署より、申告の用紙は届いていますが、仕分けは終えていますが、計算を終えておらず、現在、帳尻あわせの段階です。

データ入力中です

仕分けは、終えているので、後は、データ入力を行い、各々の計算を行うだけですが、今年は、それらの業務が、特に遅れています。
遅れている理由は、単純です。非常に単純です。
単なるズボラです。
最近、怠け癖がつき、面倒なことは、後回しの状態です。

パッケージソフトなどを導入すれば良いのですが、私自身、現在、Ubuntuの環境にて、開発ツールをMonoDevelopを利用し、MySQL、あるいは、MS SQL Serverのデータベースにて、アプリケーションを作成することをチャレンジ中のため、ソフト導入に至っていません。

給与計算も大切です

私達が設立したNPO法人の給与計算も大切です。
私自身、個人事業主の活動で、申告が長いため、職員の給与計算など未知の世界です。
この給与計算に関しては、理事長と相談のもと、ソフトを導入して頂く予定です。

給与関連のソフトを紹介します

私自身、導入していませんが、パッケージ版、クラウドなど、世の中、諸々のソフトがあるみたいです。
私は、クラウド型のソフトの利用を強く推奨します。

理由は、単純です。
利用中のパソコンが、壊れ、利用できなくなった場合、パッケージ版のソフトを利用中の場合、データが、全て、破棄状態になります。
更に、パッケージ版のソフトの利用できるOSは、有料のOSを多く見かけます。
推奨は、されていないみたいですが、クラウドの場合、Ubuntuの環境でも動作しました。(但し、会計関連のソフトのみです)

この投稿の改定履歴

2017年02月24日
新規投稿
−以 上−

仕訳のルール

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

私は、会計関連に関する内容は、素人です。わからないことが多く、タックアンサーなどで閲覧したり、税務署に相談に行く機会が多いです。
一方、NPO法人を設立し、間違いの少ない会計を行う必要があります。
色々な方々のコメントより、右左の仕訳が基本だよのコメントを耳にします。

私なりに覚えたと思う右左の仕訳のルールを備忘録として投稿します。

右左の仕訳

専門的には貸方科目、借方科目というらしいです。

借方科目
貸方科目

資産

資産が増える
→ 左 借方科目
資産が減る
→ 右 貸方科目

財布をイメージすると、財布を左手に持ちます。
現金(資産)を出すときは、右手で財布より、右側、つまり、財布より現金を出します。
現金(資産)が入るときは、右手で財布より、左側、つまり、財布に現金を入れます。

負債

負債が増える
→ 右 貸方科目
負債が減る
→ 左 借方科目

資産の場合と逆です。
買掛金などの場合に、頭を切り替えて仕分ければ良いと思います。

資産、負債とは・・・

資産、負債とは、なんぞやと感じることが多いと思います。
難しいことは、別として、具体的な例を下記に紹介します。
一方、BSとかPLの関連もあると思いますので、費用、収益の例も紹介します。

資産

  • 現金や普通預金とか当座預金
  • 売掛金
  • 受取手形
  • 建物とか土地
  • 備品
  • などなど・・・

負債

  • 借入金
  • 買掛金
  • 支払手形
  • などなど・・・

費用

  • 仕入
  • 通信費、広告費などのような経費
  • 支払利息
  • などなど・・・

収益

  • 売上高
  • 受取家賃
  • 受取利息
  • などなど・・・

会計ソフトの利用

LibreOffice BaseとCaleを併用すれば、各自でデータ入力、集計を行うことができます。実際、私は、LibreOfficeを利用しています。
規模にもよると思いますが、会計ソフトを利用する場合がてっとり早いです。
下記の2点のソフトは、クラウド型で、Ubuntu 14.04と16.04 (32Bits版) でも利用できました。

尚、ご利用は、各自の自己責任でお願い致します。

やよいの青色申告 オンライン

会計ソフトfreee

パッケージ型のソフトの紹介


この投稿の改定履歴

2016年09月23日
新規投稿
−以 上−