オフィス菜のブログ

環境の保全を図る活動に支障発生

3/11 頃に発生した大地震の影響にて、福島の原子力発電所事故を受けた放射能汚染が伝えられ、鉄源汚染問題で、混乱が発生しているらしい。現に、輸出マーケットに壊滅的な打撃になりつつあるらしい。
先日、 (3/19) にて、スクラップの買い取り会社より、説明を受け、シャー切断物B であろうが、鉄類は、ゼロになった。
屋外に放置されているスクラップは、上記、汚染物をかぶる可能性が高いためらしい。

説明を受けた資料よりの抜粋

小生が持ち込んでいる会社は、現時点では、持ち込み制限がないが、鉄くず業界は、ほぼ100%の業者がゲートモニターを設置しているらしく、屋外放置のスクラップは、基本的に芳しくない傾向らしい。
下記に、説明を受けた資料の抜粋をメモっておく。

  • 現時点で、対中輸出の規制値といえる0.4マイクロシーベルトの値が、そのまま摘要されるのか微妙らしい。
  • いわき地区では、持ち込まれた鉄くずから、2.4マイクロシーベルトの線量が記録されたらしい。

まだ、金額がついている主なスクラップ品

品目 単価 備考
アルミ缶 JPN 50-/kg ビールなどのアルミ缶
アルミ (ビスなし) JPN 90-/kg ビスなどを取ったアルミサッシなど
ガラ JPN 50-/kg なべなどの磁石に付かない物 (アルミ、ステンレスなど)
2号銅 JPN 380-/kg 俗に言う、ピカ銅
雑線 JPN 80-/kg 俗に言う、電気の線

基本的には、上記の内容も引き取りたくないと思うが、今後のつなぎの意味合いで、引き取っている感じがする。

とはいえ・・・ (小生が感じるには・・・)

スクラップの買い取りもそうだが、どこに避難するの? である。
非核宣言の地方都市でも、原子爆弾の材料になりうるウランが、保管ではなく、保存されているし、浜川崎の工業地区にも、原子力の実験炉はある。(1999年の時点の話しだが・・・)
基本的に、正確な情報のもと、あわてず、冷静な行動が一番な気がする。

このような状態にも関わらず、公的機関よりの税金の納付の請求は続いている。

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページは、下記に紹介します。
(リンク先は、ブログの紹介で、各々のブログのカテゴリの部分にジャンプします)
» ブログの紹介

-以 上-



昔、「はだしのげん」だったと思うが、米国が広島市と長崎市に落とした、原子爆弾の漫画を読んだことがある。
被ばくすると、髪の毛が抜けるのだろうか? (本当かどうかは、知る余地はないが・・・)
現在、育毛剤みたいなものまで、通販で入手できる世の中になった感じである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。