月別アーカイブ: 2018年4月

新しいUbuntuがリリースされたみたいです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

2018年03月04日に、このブログにメモリの増設を計画していますについて投稿しました。
私が保有しているLenovoThinkPad SL510 2847-4XJのメモりサイズの標準値は、2GBですが、新たに4GBの増設メモリを購入しました。
単純に、このノート型パソコンの裏フタを開け、開いている場所に新規に購入した増設メモりを挿入するだけで、それとなく認識し、動作しているみたいです。

しかし、今回のメモりの増設が要因か未明ですが、不可解な現象が発生しました。
また、色々と検索していくと、BIOSのことなど、雑学的に知り得た内容を備忘録的に投稿します。

増設前後の状態

私が利用しているOSは、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits版)です。
64Bits版のOSならば、それなりのメモり容量を認識するらしいです。
下記に、増設前後のメモりスワップについて、記載します。尚、システムモニタのメモりとスワップの履歴にて、確認しました。

  増設前 増設後 備考
メモり 1.8 GiB 5.7 GiB 増設分は、それなりに認識された感じです
スワップ 1.9 GiB 1.9 GiB 変化なし

スワップ領域は、OS設定時のことと思いますので、変化なしは、当然と思います。



不可解な現象

今回のメモり増設が、直接的な原因とは、思いませんが、メモり増設後、パソコンの電源の投入時に、下記のようなダイアログが表示されるようになりました。

The system is running in low-graphics mode.

上述のダイアログにて、次に進むとWhat would you like do ?の問い合わせ後、Try running with default graphical mode (規定でオンになっています) を選択させるとログイン画面が表示され、それとなくパソコンが動くようになりました。

ちなみに、上述の内容は、常に発生せず、パソコンの機嫌が悪い時に発生する感じです。



色々、検索しました

The system is running in low-graphics mode.の件は、比較的、多く検索され、BIOSを最新版にするとか、BIOSにて、認識させるメモり数を買える変えるなど、解決されておられる方もいるみたいです。
ここに、LenovoThinkPad SL510のBIOSの起動方法を紹介します。

電源投入後のF1です。F12は、Boot Menuのみ表示されました。F1だと、BIOS Setup Utilityが起動しました。

一方、seaBIOSなるものもあり、sudo apt install qemu-kvmで設定できるみたいです。(設定できました。)
しかし、パッケージマネージャで、seaBIOSの説明みたいなものをみると、
Note, however, that SeaBIOS does not handle early initialization of core chipsets, so don’t even think of flashing it to your board (look at Coreboot for that).
の記載されてあります。
私が利用しているパソコンのCPUは、Intel® Core™ 2 Duo CPU P8700 @2.53GHz x 2 です。
このseaBIOSを設定しても、大した変化は、ありませんでした。

結論的に・・・

Ubuntu Japanese Teamをみましたが、Ubuntu 18.04 LTSが、2018年4月27日に、リリースされたみたいです。
日本語版の配布は、どのようになっているか、わかりませんが、新しいUbuntuのリリース後、約1ヶ月程度、経過後、日本語 Remix リリースされるもたいですので、日本語がリリースされているようでしたら、パソコンのOS を、入れ替える予定です。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月02日
誤字の修正 買える → 変える
2018年04月30日
新規投稿
−以 上−

お米の苗です-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

私は、賃トリとして、こだわり栽培のみならず、ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんも含め、色々な農家さんのお手伝いを行っています。
現在、慣行栽培の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを行っており、仕事の合間をみて、稲などの生育状況をコッソリと撮影しました。
今回は、手ブレがひどく、ピンぼけ気味ですが、ハウス内のお米の苗の生育状況を紹介します。
尚、紹介する苗は、慣行栽培の兼業農家さんの苗です。



ここまで生育しています

昨日、土手の草刈りを行う前に、ハウスに並んでいるお米の苗をコッソリと撮影しました。
この農家さんは、種まきを行いながら、ハウスに苗箱をならべず、一回、芽出し機に入れ、緑化させた後、ハウスに苗箱を並べます。俗に言われる苗箱並べです。(この作業は、結構、腰にきます)
プール育苗ではなりませんが、緑化後、並べ、更に、苗箱の下側に水が漏らないように、ビニールがひいてありますので、苗の生育の時期的には、プール育苗と類似している感じです。
今回は、仕事に追われ、ピントがズレていますが、ご了承の程、お願いします。

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
買種のコシヒカリ
種まき年月日
2018年04月08日
ハウスに広げた年月日
2018年04月11日
撮影した年月日
2018年04月24日
備考
種まきの際、タチガレなどの農薬も利用していると思います。
プール育苗ありませんが、苗箱の下にビニールをひいているので、苗箱は、水に浸されている時が多いです。

2018年04月24日のお米の苗の状態

お米の苗

いつも感じること

お米の苗の生育についていつも感じていることがあります。
芽出しと緑化がポイントと感じています。
プール育苗は、病気に強いとか、苗のおともりは楽とか耳にしますが、緑化させれば、こっちのものって感じです。
後は、きちんと根が張っていることを見ながらのおともりと思います。

尚、この農家さんの田植えは、2018年05月03日より、作業着手の予定で、田植えに関する仕事も、通年とおり、依頼を受けました。
今年も、慣行栽培の農家さんのお米の生育状態もコッソリと紹介できると思います。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月25日
新規投稿
−以 上−

田んぼの風景を紹介します-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

今年も、慣行栽培の農家さんの田んぼ関係のお手伝いを依頼され、先日より、上代掻き前の田んぼの土手の草刈りを着手しています。
今回は、上代掻き前の田んぼのほ場を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年04月23日
備考的に
多分、基盤整備の田んぼで、ガチガチの農協派の慣行栽培のほ場です。
このほ場は、通常の肥料の散布後、ミネラルも散布しました。

デアゴスティーニ

上代掻き前のほ場の風景

代掻きは、行っているみたいですが、上代掻きは、まだの状態です。
田んぼの土手の草刈り前の風景を紹介します。
ちなみに、このガチガチの農協派の兼業農家さんの田植えは、5月3日より行う予定らしいです。

上代掻き前の風景

今年も紹介できそうです

私は、慣行栽培、こだわりの栽培を行っている各々の農家さんの賃トリを行っています。
今年も、昨年と同様に、慣行栽培の田んぼの風景を紹介できそうです。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月23日
新規投稿
−以 上−

最近のほ場の風景

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



始めに

今月は、農家さんが、多いです。主に、お米の種まきや代掻き前のほ場の手入れなどの手伝いを行っており、関連する農家さん宅の訪問が多いです。
2018年03月19日に、耕起後のほ場の風景として新規に投稿したほ場の最近の風景を紹介します。
今回は、慣行栽培こだわり栽培のほ場にて、耕起後の草の生え方が、顕著に違うことがわかります。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年04月09日
備考的に
大正時代の基盤整備で、この集落では、古い田んぼらしいです。

au WALLET Market

ほ場の風景

今回は、こだわり栽培のほ場慣行栽培のほ場のみでなく、こだわり栽培と慣行栽培のほ場も紹介します。
このこだわり栽培と慣行栽培のほ場の写真のほうが、草の生え方の違いがわかると思います。

こだわり栽培と慣行栽培のほ場

手前が、慣行栽培のほ場で、左奥側のほ場が、こだわり栽培です。
慣行栽培のほ場は、緑色の草が生え、左奥側のほ場、つまり、こだわり栽培のほ場は、草が生えていません。
ちなみに、稲刈り後の耕起は、類似した日に行っているようです。

こだわり栽培と慣行栽培のほ場

こだわり栽培のほ場

このこだわり栽培のほ場は、草が生えていません。
田んぼの除草作業は、エンジン付きの五条の除草機を使用し、一年で、2回、除草作業を行いました。

こだわり栽培のほ場

慣行栽培のほ場

この慣行栽培のほ場は、通常のほ場と同じで、今の時期は、うっすらと草が生えています。
ある意味で草がみっしりです。

慣行栽培のほ場

ある意味で安上がりかも・・・

除草剤などを利用しなくても、適切な時期に、昔ながらの除草作業を行っただけで、田んぼの草は、抑えられるみたいです。
稲刈り後の草の生え方も少ないので、ある意味で安上がりかもしれません。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月11日
新規投稿
−以 上−

お米の種まきの風景です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

種まきですヨ

明日は、農家さんの苗箱広げお手伝いです。
種まきの時期は、この農家さんにとって非常に早く感じられます。
本日、具体的な作業内容の確認も含め、機嫌とりに訪問しました。なんと種まきをやっていました。
今回は、ある意味で私は、お客さん的な立場ですので、このお米の種まきの作業風景を堂々と撮影しましたので、紹介します。

今回は、農家さん宅で、正々堂々と撮影しましたが、紹介する写真の利用などは、紳士協定でお願い致します。

種まきの風景です

種まきの機械 (播種機と呼んでいるらしい) も含み種まきの全体の風景を紹介します。
この写真のように、床土と覆土を同時に行うタイプが、主流になりつつある感じです。
人では必要と思いますが、作業者の立場的には、単純です。
ただ、機械に追われて呆れる時があります。
種を巻く時間など詳細なことは、わかりません。

種まきの全体

お米の種を巻いている部分です。
苗箱あたりに巻く、具体的な量は知りませんが、ガチガチの農協派の農家さんと比較すると、半分程度と思います。
ガチガチの農協派の農家さんの場合は、びっちり蒔いています。

種まきの種の部分

尚、これらの写真は、自然派人間の写真館 2018-04にも紹介しています。このGoogleドライブの写真も見てください。

緑化後に広げる場合が多くなりつつあります。

兼業農家さんも含め、種まき後、直ぐに苗箱をハウスに広げるより、箱積みを行ったり、専用の芽出し機を利用したりして、芽出し後、苗箱をハウスに広げる場合が多くなりつつあります。
兼業、専業、更に、農協派なども問わず、農家さん曰く、緑化させてしまうまでは、ひと仕事のコメントを耳にします。
ちなみに、苗箱広げは、腰にきます。
私個人的ですが、明日より、トビトビですが、お米の種まきに関するお手伝いが始まります。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年04月05日
新規投稿
−以 上−