オフィス菜のブログ

牛さんもお米を食べる?

飼料用米と思います

最近、農家さんのお手伝いの賃トリにて、田んぼの土手草刈りを行っています。(先日、やっと終わった!)
その際、作業しているほ場に隣接する田んぼにて、諸々の看板を見かけます。
飼料用米? 牛さんもお米を食べるの?って感じです。
今回、この飼料用米の田んぼの様子を耕作者にコッソリと撮影したので、紹介します。
見る人が見れば、分かると思いますが、私は、こんなもんなんだ〜って感じで、この苗の状態では、サッパリです。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2022年06月21日
備考
俗に言われる子とりの牛屋さんのほ場です

とちぎの里というお米らしい

田んぼにある看板は、新規需要米生産水田と表記され、次の内容が記載されていました。

ほ場所在地
ほ場の番地が記載されているみたいでした
ほ場面積
耕作している田んぼの面積をアール単位で記載されているみたいでした
用途
飼料用米
品種
とちぎの里
は種
種まきした月日
田植
田植した月日
出荷先
または利用者
那須野農業共同組合

飼料用米/とちぎの里

育てるのは、大変と思う

昔々、牛屋さんは、輸入自由化の際、大変だった時があったそうです。(少し、記憶にありますが・・・)
市場の金額的には、輸入品には、太刀打ちできず、更に、オーストラリアへの移住は、当時、白人主義で、中々、移住が困難だったみたいです。(例外処置を作ってもらい、移住した牛屋さんも多かったらしいです。)
基本的に、国内の肥育は、ブランド化しない限り、生き残れない方向になったそうです。
ちなみに、これらのことをやってくれた方々は、現在、モグラ遊びやっていることと思う。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2022年06月26日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。