カテゴリー別アーカイブ: 日々の出来事

玄米調合して頂きました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



玄米で食べようと思っています

今年も、私が除草作業を手伝わせて頂いた農家さんより、お米を頂きました。
この頂いたお米は、除草剤を散布していないお米です。精米して食べるものは、もったいないと思っています。
先日、お米を頂き、私の取引先の農家さん宅にて、玄米調合して貰いました。

カタログ通販ベルーナ(Belluna)

色選をとおして貰いました

籾摺りしただけでは、アラなどが残り、食感が悪くなるそうです。
更に、胴割れや未熟粒もライスグレーダーをとおしただけでは、除去しきれないみたいです。
玄米の色選をとおすと、量は減りますが、美味しく玄米を食べることができるみたいです。

弾いた粒

このように紹介する写真のように、胴割れも弾いてくれています。(縦筋が、みられる米粒です)
更に、未熟粒 (緑色に見える米粒) やアラみたいな粒も弾いています。

弾いた玄米

調合済みの玄米

色選、更に、再度、ライスグレーダーを通すと、このように綺麗な米粒を得ることができます。
白米の色選の機械を保有している方は、居られると思いますが、玄米の色選を保有している方は、私の近くには、少ないです。
今回、私だけでなく、私の最終卒業校にて、入学時に直接指導して頂いた先輩に送るため、色選を通して貰いました。
流石、色選を通すと綺麗です。食感も良いと思います。

調合済みの玄米

玄米を食べようと思った訳

私は、雑学書を読む機会が多いです。
その際、昔々の日本人は、玄米を食べる機会が多かったらしく、脚気も少なかったそうです。この脚気は、ビタミン不足が原因らしく、ビタミンを摂取すればよいらしいです。
歴史の授業で教えない 大日本帝国の謎 pp.104-105に記載されていますが、食習慣が生んだ死の病らしく、日露戦争の時、白米が兵食として出され、動員された 約1,000,000人の兵士のうち,約250,000人が、脚気にかかり、約27,000人が死亡したらしいです。


しかし、玄米で食べることができるお米は、入手困難と思います。
私自身、農家さん相手に諸々の賃トリを行っていますが、化学肥料や除草剤の散布の多さ、追い打ち的な空中散布を見ていると、これらのものは、玄米のどこかに蓄積されていると思います。
このように栽培されたお米は、精米したほうが良いと思いますが、除草剤などを利用せず栽培したお米、それを栽培したほ場の素性を思うと、玄米で食べられるお米は、少なくなりつつあるのが現状と思います。
せっかく、このようなお米を入手でき、玄米の色選を通して貰えるツールがあるなら、玄米で食べないと損と思っています。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月19日
新規投稿
−以 上−



いちごの苗を植えていました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



今回は、いちごです

本日、お客さま宅のパソコンの電源が投入できないことの対処などに対し、訪問しました。このお客さまは、いちご農家さんです。
その際、ハウス内にいちごの苗を、植えていたので、写真を踏まえ、紹介します。

セシールオンラインショップ

苗を植えた状態

苗の間隔は、狭くても、広くても良くないらしく、程よい間隔が、必要らしいです。
この農家さんは、今回、27cm程度にしているらしいです。
尚、写真の手前側は、苗を植えた直後、水をたっぷりかけるらしいです。植木の時と同様に水シメと同じ考えだとか・・・
しかし、あまり水をかけすぎると、うねが崩れるらしく、水かけも程よい加減が、必要らしいです。

いちごの苗

まだまだ大変らしいです

私個人的な考えですが、いちごは買って食べたほうが、よいと思います。
離職の数年後、地域の方々と接する機会が多くなり、特に、農家さん相手が多いです。
俗に言われる商売人の栽培を見ていると、農産物を育てるのは、本当に大変です。私では、恐ろしくてできないと思います。
更に、ほとんどの農産物は、年に一回した収穫できないと思います。災害などで収穫前に農産物がやられても、保険が効きそうにもありません。人工衛星の打ち上げの場合、ロイズに保険をかけることができますが、農産物の場合、ロイズは、引き受けてくれないでしょう。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月07日
新規投稿
−以 上−



ポイント・サイトに凝っています

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



ポイントを貯めよう

当初は、息抜きとして、始めていましたが、最近、非常に凝りつつあります。
日々の賃トリを終え、夕方の支度などを始める時や、寝る前の少しの時間で、ポイントを貯めることができ、最近は、日課的になりつつあります。
私は、各々のポイントのサイトごとに換金するのではなく、PeXに、ポイントをまとめネット銀行などへ換金しています。
今回、私が主に参加しているポイント・サイトを紹介します。

主に参加しているサイト

世の中、数多くのサイトがあります。
私自身、参加している全てのサイトのアンケートなどを回答するには、時間的に困難です。
各サイトのポイントの有効期限もあるので、サイトを絞ったほうが良いと思います。

各々のポイント・サイトを利用する際、各サイトごと、推奨環境があります。
基本的に、有料OSである WindowsやMacOSが、推奨されているみたいです。
尚、パソコンだけでなく、モバイル媒体でも利用できるみたいです。(私自身、モバイル媒体を利用したことが無いので、コメントのしようがありません)
ちなみに、私のパソコンの環境を紹介します。これらの利用は、各位の自己責任にてお願い致します。

OS
Ubuntu 16.04 LTS (64Bits版)
ブラウザ
主に、Firefoxを利用しています。気分転換の時は、Chromiumも利用しています。

毎日貯まるポイントサイトECナビ 会員登録はこちらから

私なりに有名どころと感じているECナビです。
このサイトのポイント畑にて、一回だけ、たけのこをゲットしたことがあります。
このサイトの好きなところは、まいにちニュースです。雑学的に面白いコンテンツが配信されています。
尚、最小のポイント交換は、3,000ポイントで、PeXに交換できます。(新規投稿時)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

このちょびリッチも、諸々のアンケートを回答することより、ポイントをゲットできます。
観察力のアンケートは、写真の変化を見つけるもので、わからない時もありますが、容易にわかる時もあります。個人的に、写真の変化がわかった時は、競艇もゲットする時が多いです。
一方、日本百景のアンケートは、全国の秘境的な風景を紹介しながら、諸々のアンケートに答える内容です。この紹介される風景のステキなことといったら、旅行したくなります。
尚、最小のポイント交換は、1,000ポイントで、PeXに5,000ポイントとして、交換できます。(新規投稿時)

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムは、アンケートもさることながら、WEB診断テストも面白いです。
本当に、色々な診断があり、それにりに納得する場合があります。
尚、最小のポイント交換は、5,000ポイントで、PeXに交換できます。(新規投稿時)
5,000ポイントですが、アンケート数なども多いので、比較的、容易にポイントを貯めることができています。

アンケートモニター登録

このマクロミルは、上品と感じています。
純粋にアンケートに答えるだけで、ポイントを貯めることができます。
配信されるアンケート数も、手頃で毎日、コツコツとアンケートに答えることができ、働きなが、夕方の息抜きとしては、面白いと思います。
尚、ポイント交換は、500ポイントで、PeXに5,000ポイントとして、交換できます。(新規投稿時)

参加時の注意事項

これらのサイトの利用は、退屈しのぎには、良いと思います。
しかし、凝り過ぎると時間がかかり、本来、やらなければならないことが、おろそかになることがあります。
私自身、やらなければならないことが、溜まりつつあり、変な意味で忙しくなっています。
諸々のサイトの利用も含め、各位の自己責任で、参加することを推奨します。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月24日
新規投稿
−以 上−



外来種なのだろうか

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



今回は草についてです

私は、地域密着型の各種補佐作業にて、主に、農家さん相手に賃トリを行っています。
今の時期は、主に、ほ場などの土手の草刈りが多いです。

今回、土手の草刈りの際、最近、妙に目につつある土手の草について投稿します。

フェリシモ「コレクション」

名も知らない草ですが

私自身、長年、同一のほ場を観ている訳ではなりませんが、近所の農家さんも今までこんな草は、目につかなかったのにの声も聞きます。外来種かもしれません。
先日、お米、ビール麦を栽培しているほ場の土手に生えていた草を紹介します。
尚、これらのほ場は、ガチガチの農協派の兼業農家さんのほ場にて、草刈りの合間にコッソリと撮影しました。

土手の草

小さい時のこの草の草刈りは、ある意味で楽です。押して歩く草刈機で、草刈りすることができます。
しかし、油断すると人の背丈ほども大きくなります。直ぐに大きくなるみたいです。
大きくなると茎自体も太くなり、非常に刈りづらいです。
土手自体、幅は狭いので、難儀です。刈った草自体も上手くやらないと、ほ場に落ちたりします。

土手の草

この草は、非常にたちが悪いです。
草自体が柔らかく押して歩く草刈機では、きれいに刈れません。もし、刈れたとしても、ゴワゴワが残り見かけが悪いです。
一方、通常の草刈機を利用しても、チップソーの歯が悪いとナメてしまい、きれいに刈れません。
ちなみに、この草が、最近、目立つようになりました。近所の農家さんも、妙に増えているなのコメントです。
私見ですが、牛の堆肥を散布しているほ場の近くに見かける感じです。

土手の草

この草は、お米の場合は、あまり気にすることはありませんが、大豆の場合は、要注意です。
大豆刈りの時、この草の実が悪さをする場合が多いです。大豆刈りの際、一緒にこの草の実も刈り取られる時が多いです。
この草についても、私見ですが、牛の堆肥を散布しているほ場の近くに見かける感じです。
2018年05月30日追記
この草の名前は、ナガミヒナゲシというらしいです。
アレロパシーが強く野菜栽培に強い影響があるらしいですよ。

黒鬼灯らしき土手の草を追記します。 » 2018年09月30日
袋ほうずきか、くろほうずきと呼ぶのかわかりませんが、この青色の草は、大豆畑にとっては、天敵です。この草が実になったときは、タチが悪いです。
大豆の収穫時と、この草が実になる時期が一緒で、この青色の草の実は、袋状になり、この草の袋状の実が一緒に刈り取られ、コンテナーで、大豆を出荷させる際、大豆の実を汚し、お持ち帰りの時があるようです。(現実的に、この草で大豆畑が覆われ、大豆刈りにならなかったほ場もありました。)

土手の草

今回、紹介したこれらの土手に生えいてる草は、昔は、見当たらなかったらしいですす。最近、目に付くようになったと、老農家の方より耳にします。私自身も、最近、感じ始めました。
今年は、明治より、150年らしいですが、果たして文明開化は、良いことだったのだろうかと感じ始めました。

草の名前はなんだろう

雑草と言う名前の草は、ないそうです。なんでも名前があるとか・・・
私自身、今回、紹介した草の名前は、知りません。
閲覧して頂いた方で、ご存じの方は、おられますか・・・
ぜひとも、コメントの程、宜しくお願い致します。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月30日
黒鬼灯らしき土手の草を追加
2018年05月30日
私の Facebook Profile にて、この草の名前を教えて頂きました。ナガミヒナゲシというらしいです。コメントを頂きありがとうございました。
2018年05月29日
新規投稿
−以 上−

年の瀬です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

アパートの新居への引越しやインターネットの開設など、今年も、色々なことがありました。
腰や首の痛みなどもありますが、なんとか、皆様のご支援、ご協力のもと、なんとか無事に歳を越せそうです。
お世話になっている方に、お歳暮などを配りますが、今回は、イチゴを配りました。(農家さんより購入できました)
一方、後日、イチゴ栽培の農家さんよりイチゴを頂きました。本当にありがたいことです。
今回、この頂いたイチゴを紹介しながら、今年を締めくくりの投稿を行います。

イチゴです

イチゴです

私のお客様でもあるイチゴ栽培の農家さんより、頂いたイチゴです。
この農家さんは、自家販売は、行っていません。そして、地元の栃木県大田原市でも、入手困難なイチゴですが、気前よく頂きました。
後日、スーパーなどで、金額を見たら、ビックリしました。とても手が出る金額ではありませんでした。
ある意味で役得です。
ちなみに、この農家さんのお米の栽培にて、エンジン付きの除草作業は、私が手伝わせて頂いています。
この数年、順調に、このお米は生育していますが、来年も私に声がかかると思います。

来年に向けて

来年は、自重です。
この自重に限ります。
今年は、調子にのって、色々なことを行いました。少し、遊びすぎた傾向です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2017年12月31日
新規投稿
−以 上−