日々の出来事」カテゴリーアーカイブ

大豆畑の土手の草刈り中

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

土手の草刈り中

先週あたり、ガチガチの農協派の兼業農家さんより大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りの依頼を受けました。
進行中の別件の仕事を終え、技術系農業手伝い、あらため、農業支援系技術者の自然派人間として、現在、草刈り機を担いでヒーコラしながら、土手草、及び、大豆畑の中の草取りを行っています。
今回、耕作者に内緒でコッソリと撮影した大豆畑と大豆の実の部分を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
種類
白色の実の大豆。但し、タチナガハではないと思います
撮影日
2019年10月16日 〜 10月17日

RyuRyumall ロフトネットストア

大豆畑を紹介します

私自身、耕作者でないので、詳細なコメントは行なえませんが、大豆のデキは、芳しくなさそうです。
俗に言われる大豆の木の高さも低く、付いている実の数も少ない感じです。
それより、私自身、今年、初めて (多分、耕作者も草刈りは行っていないと思う) の土手の草刈りのため、土手草が物凄く賑やかです。手に負えないが本音です。
更に、大豆畑の外回りの部分も、大豆に草が覆いかぶり、大豆刈りが困難な状態です。

大豆畑の全体の様子

比較的、綺麗な、つまり畑内に草が少ないほ場を選び紹介します。
やっと枯れ始めた感じで、大豆刈りは、まだ先と思います。
前述で紹介しましたが、全体的に大豆の背は低いです。

大豆の実の部分

大豆の実の部分

大豆の実の部分を紹介します。
ひとつのさやについている実の数が少ない感じがします。3つ 〜 4つは、つかないと収量が少ないと思います。
更に、実の大きさも小さい感じがします。

大豆畑の全体の様子

大豆畑の内より撮影した写真

2019年10月23日まで、このガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑などに関する仕事を行っていました。大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りと大豆畑に生えている草拾いが主な作業でした。
この作業の際、大豆畑より大豆を撮影した写真を紹介します。

撮影日
2019年10月23日

大豆畑の内より撮影

大豆畑の内より撮影

適切な時期に作業していない?

大豆の栽培は、不耕起だととんでもないことになる場合が多いです。除草剤などの散布を上手くやらないとホウズキでやられたほ場もあり、大豆刈りができない、つまり、収穫できないほ場がありました。
耕起しても、培土があまい、つまり、培土されていない畝は、草でやられます。
今回、紹介したほ場ですが、乗用の培土機械で、単に培土したのみで、細かい部分は培土されていない感じがします。
一般的な農家さん (法人格も含む) は、軽油の免税券、農産物の栽培などに関する事業税など、個別補償されているので、兼業だから間に合わないなどと言うことは、私からみれば個別補償されている事業なのに何をとぼけたことを言っているのかが本音です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月24日
草刈りと草拾いを終えた大豆畑の内側より殺意した写真を追記的に紹介
2019年10月18日
新規投稿
−以 上−

変わった色の穂を見かけました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

稲刈りは終えているみたいです

私の主な活動の拠点である栃木県 県北地方の稲刈りは、ほとんど終えているみたいです。
稲刈りが残っているのは、肥料米などのようです。
今回、以前、取引を行っていた農家さん宅を訪問し、黒米 (耕作者は、古代米と呼んでいる) が話題に上がり、一方、緑色の穂の餅米 (耕作者はも緑米と呼んでいる) のことも教えて貰いました。
これらは、稲刈りは行っておらず、まだ、ほ場にありました。
今回、これらの穂を紹介します。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 

ある意味で変わった色の穂です

私の周りの農家さんが栽培しているお米は、ほとんどコシヒカリです。一部、減反などの意味合いも含め他の品種の食用米も栽培しているようです。
これら食用米の穂は、よく見かけます。しかし、今回、紹介する稲穂の色は、ある意味で変わった色をしています。

黒米の穂です

この黒米は、生育が進むと穂の色が黒くなります。この状態では、稲刈りは、まだまだの感じです。
黒米だけで食べたことはありませんが、一般的なお米と混ぜて食べるとまずい米も旨くなります。この黒米を混ぜると小豆色みたいな色のご飯になります。
ちなみに、この黒米は、長粒米です。

黒米

緑色の穂の餅米です

意外と知られていないと思いますが、餅米の一種です。
一般的な餅の色は、白色と思いますが、この緑色の穂の餅米は、玄米で餅にすることができます。
一回、この玄米の餅を食べると、普通の餅は、好んで食べようとは思いません。
私は、お世話になった方々に、お歳暮として配っています。ちなみに、人生、65年以上も生きていた方でも、白色以外の餅を見たことは、初めての方がほとんどでした。

餅米

贅沢していると思います

お金は、働けば得られます。
しかし、珍しいものは、お金を出しても入手できないものが多いです。
私自身、食生活に関しては、お米は、無農薬の玄米 (色選をかけています) を食べることができ、今回、紹介した餅も食べているので、ある意味で贅沢な生活をしていると感じています。

デル株式会社

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年09月21日
新規投稿
−以 上−

稲刈りを終えていました-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

稲刈りシーズンです

現在、栃木県 県北では、稲刈りが盛んです。
通年、この時期は、ガチガチの農協派の兼業農家さんの稲刈りのお手伝いですが、今年は、手伝わなくて済みました。来年は、このガチガチの農協派の兼業農家さんの仕事を断わることができそうです。

本日、私自身、諸々のサービスを提供している農家さん宅を訪問しました。
なんと、稲刈りを終えていました。ビックリです。(何時もは、イチゴの栽培に追われているのに、今年の稲刈りは、早かったです。)
本来なら、稲刈り直前の様子を紹介する予定でしたが、今回は、稲刈り後のほ場を紹介します。

  

稲刈り後とほ場の様子

このほ場は、除草剤を散布していません。化学肥料も散布していません。 (このお米は、販売用でなく、耕作者のくいっぷちです。)
稲を刈り取った後ですが、トビツカレなどの草も見当たらず、耕作者、曰くヒエもなかったらしいです。

稲刈り後

今年のほ場ですが・・・

このほ場は、シーズンを通して、観察しています。このほ場の除草作業(具体的には、5条のエンジン付きの除草機にて、田んぼをかき混ぜています)は、私におまかせの状態で、私自身、ある意味で意地があり、他の無農薬栽培のほ場に負けたくない意気込みもあります。
ブログを今年、紹介した内容を下記に紹介します。

出穂の時期を紹介しました

新規投稿年月日
2019年08月18日
タイトル
少し、草が見えているかな-こだわり編

中間的な生育状況を紹介しました

新規投稿年月日
2019年07月25日
タイトル
最近の様子-こだわり編

除草後、しばらく経過してからの様子

新規投稿年月日
2019年07月03日
タイトル
草が生えていません-こだわり編
備考
このブログ内に、田植え直後や除草作業の直後のコンテンツを紹介しました。

余談的に・・・

このほ場で栽培されたお米を私にも1袋 (玄米で30kg) 頂けるみたいです。
玄米の色選を通して貰える所もありますので、当然、このほ場のお米は、玄米で食べます。


この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年09月19日
新規投稿
−以 上−

少し、草が見えているかな-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

出穂してました

本日、私が、企画、開発 → 納入した農産物の出荷などを行う Windows Application のデータベースのメンテナンスのため、このアプリケーションを利用しているイチゴ農家さん宅を訪問しました。
現時点において、このアプリケーションは、私が意図したように動作しており、データベースの内容も正常にデータ化されていました。これらデータは、T-SQL ファイルに書き出し、クラウド化 (具体的には、お互い共有させている Nextcloud にコンテンツを貼り付けました) させ、メンテナンスに関する業務は終えました。

このイチゴ農家さんのお米は、俗に言うクイッぷちは、除草剤などを散布せず栽培し、除草作業は、私がエンジン付きの除草機を利用して行っています。
上述の業務内容の帰りに、これらのほ場を見学しました。
出穂しており、よ〜く見ると草が見えるかな〜ってとこです。除草剤も散布せず、その後の田の草も拾わない状態で立派なことと思います。


田んぼの様子

本当に、よ〜く見るなどもあるのかな〜って感じです。
ザッと見た感じでは、時期ハズレに除草剤を散布しているほ場より、綺麗な感じがします。
今回、全体的な様子出穂の拡大部分、更に、稲の株の周りを紹介します。

 

全体の様子

見る限り、田の草やは、分かりません。
稲の色、そして、穂の色も自然的な色です。ちなみに、慣行栽培の場合、これらの色は、作ったような感じがします。
現時点の耕作者は、ニヤニヤしていました。

全体の様子

 

出穂の状態

角度を変えて、2枚の写真を紹介します。 (穂の明るさが異なるのは、逆光などの都合によるものです。)
今年は、例年と比較して、穂の部分が長く感じられます。俵数が取れれば御の字らしいですが、こればかりは、稲刈りをしない限り分からないそうです。俗に言われるオオデキかもしれないとか・・・
とにかく、穂の部分は、長いです。(頭が大きい!!)

全体の様子

全体の様子

 

株の周り

土手側の草などより見えづらいですが、きちんと分蘖しているみたいで、株周りには、変な田の草もなく、それなりに株も太っている感じです。
ちなみに、利用した田植え機は、イセキの6条の乗用の田植え機で、(多分、尺1と思います。) 50株 で田植えを行ったようです。

株の周り

作業時期が大切と思います

除草剤を散布しても、時期を逃すとやトビツカレなどが、にぎやかなほ場を多く見かけます。
更に、無農薬栽培の看板をたて、大々的にアピールして栽培しておられる方も、除草作業の時期を逃すと、田の草などがとってもにぎやかで、株周りの草もにぎやかです。当然、株も太くありません。つまり、無農薬栽培のプロの方のほ場も、にぎやかなほ場を多く見かけます。

耕作者のコメントとして、今年は、オオデキみたいで、水を切る時期を逃さないようにしょうでした。この調子だと、倒れる可能性があるらしいです。
ちなみに、私は、例年、このほ場のお米を半タラ (30kg) 頂いています。仮に、今年、俵数が取れれば、1俵 (30kgが2本) もらえるかもしれないと思っています。

セシール 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年08月18日
新規投稿
−以 上−

今回はイチゴです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

うねあげの様子です

先日、イチゴ農家さんを訪問しました。物凄く暑い日でした。日中は、とてもハウスの中で仕事などできないと思います。
このような暑くもそして、ハウスの中、イチゴ農家さんは、仕事を行っていました。
管理機を利用してのうねあげです。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月31日

 

うねあげ直後の様子

管理機を利用して一回で畝をあげるらしいです。
俗に言われるパタパタの管理機では、畝を高く上げることができず、それなりの管理機を使用するらしいです。(ある意味で専用機と思います)
大きい石の場合は、石を弾いたり、機械が止まってくれるらしいですが、手頃な小さい石の場合、管理機の機械 (歯の部分) に石が詰まってどうしようもないらしいです。

うねあげ

とにかく暑い

イチゴの旬は、基本的に夏らしいです。人間の欲でクリスマスの印象より、強引にハウスで育て、クリスマス時期に出荷しているとか。
今回、紹介したイチゴのうねあげのように、農産物を育てるには、目に見えない肉体的なシンドさがあるみたいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年08月02日
新規投稿
−以 上−