LibreOffice」タグアーカイブ

LibreOfficeを設定しました-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

設定できました

標準的に、Ubuntu 20.04 LTS を新規に設定すると、LibreOffice も設定されます。
しかし、設定される LibreOffice のバージョンが新しいとは限らないので、今後のことも思い LibreOffice を開放し、再度、設定しました。
今回、Ubuntu 20.04 LTS において、LibreOffice の開放も含み、備忘録的に投稿します。
尚、libreoffice-sdbc-hsqldb のパッケージを追加することより、LibreOffice Base も利用することができる感じです。

既に投稿しているLibreOffice関連の内容 (ピックアップします)

私は、OpenOffice.org の時代より利用し、LibreOffice 関連は、それなりに備忘録的に投稿しています。
今までに投稿している内容の一部を紹介します。

新規投稿年月日
タイトル
2019年03月03日
LibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編
2012年01月18日
再度、LibreOfficeを設定した
2011年12月17日
LibreOffice で年賀状作成

基本的な考え方

Ubuntu 20.04 LTS を標準的に設定させると、最新版の有無は別として、LibreOffice も設定でき、その後、sudo apt update などで、バージョンの更新が行えれば良いのですが、メジャーアップなどのことを思うと、標準的な設定ではなく、一回、開放し、LibreOffice を再設定したほうが良さそうです。
下記に、私が LibreOffice の設定の (基本的な考えも含む) 手順を紹介します。(あくまでも私見です。絶対ではないと思います。)
尚、LibreOffice を設定させる前に、IPA フォント関連は、先に設定させていたほうが良さそうです。

  1. LibreOffice の開放
  2. 端末を利用して PPA の設定
  3. 端末を利用して LibreOffice の追加
  4. GUI の日本語化
  5. LibreOffice Base を利用できるようにする

開放について

アンインストール、つまり、LibreOffice の開放ですが、LibreOffice のアンインストール にて、紹介したように、Synaptic パッケージマネージャを利用したほうが、良さそうです。
Ubuntu Software や端末を利用した場合は、アプリケーションを表示するより、LibreOffice の諸々のアプリケーションが表示され、起動される場合がありました。
尚、場合にもよると思いますが、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連が追加されていれば、削除させたほうが無難な気がします。私は、削除の後、設定しました。(当然と思いますが、PPA の設定の時、自動的に設定されました。)

再設定について

次に、設定した LibreOffice の手順を紹介します。尚、全て端末を利用して設定し、Synaptic パッケージマネージャは、閉じた状態で作業を行いました。

PPA の追加

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa
sudo apt-get update
この時点で、ソフトウェアとアップデート の 他のソフトウェアタブ において、LibreOffice 関連 (具体的には、http://ppa.launchpad.net/libreoffice/ppa/ubuntu) が追加されたみたいです。

パッケージの追加

sudo apt install libreoffice
この時点では、英語版の LibreOffice が設定され、日本語化されていませんでした。

日本語化

sudo apt install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja
この時点で、日本語化されました。
今回、紹介した手順で LibreOffice を設定すると、2020年08月30日 時点では、6.4.6.2 のバージョンが設定されました。

Base について

LibreOffice の [ツール] – [オプション]より LibreOffice 詳細 タブで、Javaオプション にて、Java実行環境を使用(ペンダーUbuntu 11.0.8)が設定されていても、Baseのテーブル作成、既存のデータベースファイルは開きますが、テーブルを開くことができませんでした。
その画面を紹介します。

LibreOfficeのオプション

libreoffice-sdbc-hsqldb なるパッケージを追加しました。
sudo apt install libreoffice-sdbc-hsqldb
このパッケージの追加で、既存のデータベースファイルのテーブルも開けました。そして、新規にデータベースも作成することもできました。

その他

今回、LibreOfficeの再設定の際、libreoffice-evolution なるパッケージを見かけました。
どのようなパッケージかわかりませんが、とりあえず設定しました。
sudo apt install libreoffice-evolution

その他

とにかく、Ubuntu 20.04 LTS に、LubreOffice 6.4.6.2 が設定できました。
LibreOffice のバージョンは、7.*系も発表されているみたいですが、7.*系の設定は、sudo apt update などで、バージョンアップできれば良いのですが、場合により、6.*系が残る可能性があります。
この時は、今回投稿した内容を参考にしながら、再設定していく考えです。

テレワークにおすすめのモバイルPC パソコン工房

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年08月30日
新規投稿
−以 上−

LibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

LibreOffice は、非常に便利なソフトです。
Ubuntu の環境であれば、Evolution と併用することより、Microsoft Office 製品と類似的に利用できると思っています。(但し、名刺やラベル作成で代表される Microsoft Office Publisher のようなことは、少し、困難です。)
先日頃より、FacebookのLibreOffice (日本語)を閲覧した際、6.2系にバージョンが上がったとか、新規和暦対応などの投稿があり、久しぶりにLibreOfficeを操作してみました。
日々、sudo apt-get update などより、パソコンに設定している内容は更新しているつもりですが、最近、オフィス系のジョブは行っていないので、久しぶりに LibreOffice を眺めてみました。

再設定前の状態

私自身、会計などの計算時に、LibreOffice Calcを使う程度で、気づきませんでしたが、6.1系と6.2系のふたつが設定されていました。
Baseについては、6.1系の方は、意図したように動作しましたが、6.2系の方は、JREが、云々、表示され、以前、作成したデータベース・ファイルのテーブルが開かない状態でした。
尚、いつのバージョンか、分かりませんが、LibreOffice Writer に Microsoft Office Word で言うところのブックマークの機能が追加されていました。

Ubuntu
18.04.2 LTS 64 ビット版
LibreOffice
6.1.5.2 と 6.2.0.3 が、共存されてしまった

G-Tune

 

アンインストールしてみました

アンインストールの表現は、別として、設定されている LibreOffice を削除(解放)しました。
私自身、このブログで、2012年01月18日に新規投稿した再度、LibreOfficeを設定したを参考にしながら、LibreOfficeを削除してみました。
基本的な再設定の手順は、手順としてに記載したとおりですが、アンインストール後の LibreOffice は、Ubuntu ソフトウェアより、LibreOffice を検索させ、バージョンを確認してからインストールすると成功しました。

前回、LibreOfficeのアンインストールで紹介したように、パッケージマネージャを利用してみました。
削除指定の設定ミスもあったかもしれませんが、意図したようにLibreOfficeは削除されず、アクティビティなどに残ってしまい、それなりに6.2系が起動されてしまいました。
結論的には、Ubuntu ソフトウェアよりアンインストールさせたほうが意図したように削除されました。

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

 

インストールさせました

今回は、上述したようにUbuntu ソフトウェアよりインストールさせました。
インストールさせる前に、バージョンを確認することを強く推奨します。
後は、端末を使用し、PPA を追加させました。
sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa 
sudo apt-get update 

意図したように設定できたみたいです

今までは、Baseの設定は、少し、面倒でしたが、今回は、Ubuntu ソフトウェアよりインストールさせると、関連するJREも設定されるみたいです。(今回、特に意識して設定しませんでしたが、Baseが利用できそうです)

尚、LibreOffice (日本語)で投稿されている新規和暦ですが、アドオンを追加しなくても、それなりに和暦に変換してくれました。
ちなみに、アドオンは、Japan Date Converter(和暦を西暦に変換)で紹介されている wareki.oxt なる拡張機能のファイルをダウンロードし、拡張機能マネージャにて、ダウンロードしたファイルを追加すれば、[ツール] → [アドオン]が表示されました。
しかし、標準的に新規和暦に変換されるようなので、このアドオンは、少しの間、静観する予定です。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年03月03日
新規投稿
−以 上−

LibreOffice Baseの設定 (Ubuntu編)

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

最近、中古パソコンの敗者復活戦のように、OSの入れ替えを行っています。
具体的には、Ubuntuを新規に設定し、それなりに使用できるようにしています。

Ubuntuの設定は、そんなに悩むことは、少ないですが、LibreOfficeの設定、特に、データベースとして利用価値の高いBaseの設定は、悩むことが多く、新規にUbuntuを設定しただけでは、Baseは利用することができないと思います。
今回、JavaやJREを意識して設定せず、Baseを利用できるようになる方法を私なりに見つけたので、備忘録として投稿します。

設定したパソコンや環境について

今回、設定したUbuntuは、32Bits版の14.04 LTSです。
中古パソコン自体、以前、32Bits版のOSを利用していたみたいです。
尚、現時点において、Ubuntuは、16.04 LTSが、2016年4月30日にリリースされているみたいですが、今回は、32Bits版OSということより、2019年4月まで、サポートされているらしい14.04 LTSを設定しました。

Ubuntuの設定は、インターネット接続が、ある意味で必修条件のような感じがします。
私が住んでいる地域は、光回線がないみたいです。
更に、私自身、処中、引っ越したりしていますので、SoftBank Airを利用しています。
なんと、Ubuntuの環境でも詳細な設定なしで、利用できています。


LibreOffice Base の設定前の詳細とLibreOffice Baseの接続

何もしない状態、つまり、Baseが利用できない状態のLibreOffice[ツール] → [オプション]は、下記のようになっています。
尚、Ubuntu 14.04 LTSの規定的な設定値は、4.xと思います。

設定前の詳細

このように、JavaやJREに関し、何も表示されていません。

設定前の詳細

設定前のLibreOffice Baseの接続

このように、LibreOfficeで使えるドライバーとしてcom.sun.star.sdbcx.comp.hsqldb.Driverの表示がありません。

設定前のLibreOffice Baseの接続

LibreOffice Base の設定

Ubuntuソフトウェアセンターより、LibreOfficeを検索させ、LibreOffice Baseを選択させ、インストールさせるだけです。
追加のアドオンは、全て、チェックを入れ、アドオンを更新し、インストールさせるだけで、LibreOffice Baseが利用できるようになりました。
尚、追加のアドオンを下記に紹介します。(誤字脱字は、ご了承のほど、お願い致します。)

  • Firebird SDBC driver for LibreOffice
  • HQLDB SDBC driver for LibreOffice
  • JDBC 3.0 driver for Microsoft SQL Server(tm) and Sybase(tm)
  • MySQL ODBC ドライバ
  • Java database (JDBC) driver for MySQL
  • Transitional package for libpostgresql-jdbc-java
  • MariaDB/MySQL Connector extension for LibreOffice
  • LibreOffice component for building database reports
  • PostgreSQL SDBC driver for LibreOffice
  • ODBC driver for SQLite embedded database
  • JET / MS Access データベース (MDS) ツール
  • ODBC driver for PostgreSQL
  • ODBC drivre for connecting to MS SQL and Sybase SQL servers
  • ODBC 基本ツール



LibreOffice Base の設定後の詳細とLibreOffice Baseの接続

Ubuntuソフトウェアセンターより、LibreOffice Baseをインストールさせた後の各々の画面を下記に紹介します。

設定後の詳細

このように、JavaやJREは、表示されました。
但し、各々のオプション・ボタンの色は、緑でなく赤色でした。

表示されたインストール済みのJava実行環境 (JRE)を、下記に紹介します。

ペンダー
バージョン
Sun Microsystems Inc.
1.6.0_39
Free Software Foundation, Inc.
1.5.0

設定後の詳細

設定後のLibreOffice Baseの接続

このように、LibreOfficeで使えるドライバーとしてcom.sun.star.sdbcx.comp.hsqldb.Driverが表示されました。

設定後のLibreOffice Baseの接続

LibreOffice Base の起動時の画面

LibreOffice Base の起動時の画面を下記に紹介します。
埋め込みデータベースとして、HSQLDB (埋め込み)が表示、選択されるようになっています。

設定後のLibreOffice Base

尚、Ubuntu 14.04 LTS の既存の LibreOfficeのバージョンは、4ですが、5に上げる方法は、前回、投稿したLibreOffice 5の更新方法についてを、参照してください。

この投稿の改定履歴

2016年06月18日
新規投稿

LibreOffice 5の更新方法について

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

私のパソコンのOSは、Ubuntu 14.04 LTS 32Bitsを利用しています。
以前、保有していたノート型パソコンのキーボードが壊れ、かつ、新規WindowsのOSを利用するためのスペック不足な面もあり、不自由していました。(10年程度、利用しており、元はとったと思っています。)

Ubuntu の環境にて、オフィス製品は、LibreOfficeを利用しておられる方も多いと思います。
この LibreOffice のバージョンは、現時点において5があるにも関わらず、14.04 LTSの場合、「4」より更新できず、悩んでいました。
今回、色々とサイトを閲覧し、容易に4→5に更新することができました。
この備忘録として投稿します。

参照サイト

下記のサイトを参照させて頂きました。自分で悩むより、調べることが大切と思います。
このサイトの投稿者に感謝します。

Ubuntu 14.04でLibreOfficeを4.xから5.xにアップグレードする方法

パソコンについて

今回、LibreOffice を現時点における最新版5に更新したパソコンの内容を下記に紹介します。

OS
Ubuntu 14.04 LTS 32Bits
プロセッサ
Intel(R) Core(TM) 2 Duo CPU P8700 @ 2.53GHz × 2
プロセッサ
ThinkPad SL510
メモリ
2 GB
HDD容量
244 GB

手順

端末を利用して下記の文字をタイプするだけで、LibreOffice 4.x→5.0.3.2に更新することができました。
私でもできました。

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

sudo apt-get updateの際、Launcherに更新に関する内容が表記されましたが、私は、無視し、sudo apt-get dist-upgradeしました。

図書も販売されています。

今回は、LibreOfficeの更新について、投稿しました。
利用方法については、図書も販売されています。

この投稿の改定履歴

2015年12月07日
新規投稿
−以 上−

やっとの思いでUbuntuが設定できました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

やっとの思いで設定できました

ほんとうに、やっとの思いです。ハードディスクのエラーとか、DVDドライバがないとかで、今まで、うまく設定できなかったUbuntuが、思ったように設定でき、お客さまに納品することができました。
今回、UbuntuLibreOfficeが、設定できた喜びとして、投稿します。

設定パソコンの主な環境

モデル
New Inspiron デスクトップ(2015/10/6発売) Inspiron 530
既存OS
Microsoft Windows Vista Home Premium SP2 32Bits版
プロセッサ
Intel Core2 Duo E7400 @2.80GHz
メモリ
4 GB

デル株式会社

今回、お客さまのパソコンにUbuntuを設定した目的は、お客さま宅で、新規にOSを導入した際、新しくパソコンを購入しました。
その際、まだまだ利用できるパソコンを、私に譲るという非常にもったいないことになりました。
つまり、お客さま宅での敗者復活線です。

設定したOS
Ubuntu 14.04 LTS 32Bits版
設定したLibreOffice
4.2.8.2
LibreOffice
Base も設定できました

苦労談というより、今後の備忘録として

今まで、Ubuntuを設定することが、できなかったのは、Ubuntu自体のインストーラのDVDの焼付け不足によるでした。
以前、Ubuntuの設定ができたのに、同一のインストーラを用いてもダメでした。
この原因が、解らず、以前より保有していたUbuntu 11.*を利用し、OSの更新みたいな操作で、現時点の最新版14.04まであげました。

Homepage | Ubuntu Japanese Teamより、Ubuntuの入手にて、パソコンに利用できる内容を選択し、ISOファイルを再度、入手しました。
尚、ISOファィルの解凍方法は、ISOイメージをCD-R(W)に書き込むにはを参照しました。

この入手したISOファィルをDVDに書き込んだ際、Ubuntu 14ではなく、13あたりが表示され、少し不満ですが、実際は、14.04が設定できました。

今回の設定より得た私なりのポイント

Ubuntuを設定させている途中、ずっと下記の内容が表示され、パソコン自体のハード・エラーも思っていました。
しかし、現実は、私の場合、Ubuntuのインストーラのミスでした。

参考までに今まで表示されていたエラー・メッセージ

Error 5
ハードディスクにファイルをコピーする際にエラーが発生しました。

備考的に・・・

Ubuntuを設定させる際、最も留意する点は、周辺機器です。
具体的には、利用中のプリンターが、利用できなくなる可能性があります。
Ubuntuを利用させる場合、プリンターのドライバーが配布されていることを確認してから、OSを行ったほうが良いかも・・・

ブラザーダイレクトクラブ

この投稿の改訂履歴

2015年10月18日
新規投稿
−以 上−