耕起後のほ場の風景

始めに

今年も、そろそろお米の種まきのシーズンが始まりつつあります。
後、数カ月すると田植えも始まると思います。
今年も、エンジン付き除草機を利用して除草作業を依頼され、この除草作業を行った田んぼを紹介できると思います。
今回は、俗に言われる秋うなえを終えたほ場を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
農家さん
主にイチゴを栽培している専業農家さん
撮影日
2018年03月18日

ほ場の風景

紹介する写真は、イマイチですが、エンジン付き除草機を利用して除草作業を行ったこだわり栽培のほ場のほうが、同じ時期に耕起したにも関わらず、草の伸び、つまり草が生えている緑の部分が少ない感じがします。
一方、慣行栽培のほ場は、草が伸びており、草の緑色が少し見られます。尚、俗に言われるグルワキの部分は、イチゴを破棄した物と思われます。

こだわり栽培のほ場

こだわり栽培のほ場

慣行栽培のほ場

慣行栽培のほ場

備考

今年は、除草作業時、得意先の訪問時に紹介するごとに、投稿ページを設ける考えです。
尚、インデックス的なページは、本来ならホームページに設けたほうがよいですが、ポームページの更新がなかなか進まず、このブログ内の何処かにインデックス的なページを設けます。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年03月19日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA