使える豆知識」カテゴリーアーカイブ

Nextcloudが設定できたみたい-ロリポップ版

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

初めに

私は、ロリポップ! (プランは、スタンダードです) のレンタルサーバーを利用し、ブログの投稿や、レンタルサーバー上のMySQLを利用しています。
現時点のスタンダードのプランのディスク使用量は、120GB まで利用できるらしいです。
まだ、このディスク容量に余裕があり、 Nextcloud を設定し、私の固有得意とのコンテンツの共有を計画し、今回、ロリポップ!に Nextcloud を設定しました。
やっとの思いで、ロリポップ! に設定することができました。
ちなみに、今回、設定した Nextcloud のバージョンは、15.0.5 です。設定する側、つまりロリポップ! のPHP設定は、 PHP 7.1 を選択しないと、インストール開始時にエラーメッセージが表示されました。
尚、今回は、PHP 7.1 (CGI版) にて、設定しました。

今回、やっとの思いで Nextcloud が、設定ができたので、備忘録として投稿します。
尚、今回の設定の際に利用した私のパソコンの環境を下記に紹介します。

ブラウザ
Mozillz Firefox 65.0.1 (最近の履歴は、すべて消去して設定しました)
ファイル転送
File Zilla 3.40.0
利用したパソコン
Lenovo ThinkPad SL510 (メモリは、増設しました)
パソコンのOS
Ubuntu 18.04 (64Bits版)

ディノス オンラインショップ

結論的に・・・

Nextcloud のインストーラは、https://nextcloud.com/ より、入手できました。
今回、Nextcloud を設定する際、数多くの方々のブログを参考に行いました。投稿されておられた内容の殆どが、Web Installer の利用でした。
私の場合、Nextcloud は、ロリポップ! に設定できたみたいですが、起動時に不可解な現象がありました。
結論的には、Web Installer の利用ではなく、Archive File をダウンロードして、解凍した内容をロリポップ! に貼り付け (アップデート) することより、意図したような設定でき、更に、それなりの動作を行っているみたいです。

今回の設定に関する私なりのポイント

  • ロリポップ! には、Nextcloud を利用するサブドメインを設定し、WAF設定や海外アタックガードの設定を行ったほうがよさそうです。
  • 作成したサブドメインの PHP設定をPHP 7.1 にあげること
  • 利用するインストーラは、Web Installer の利用ではなく、Archive File を利用する « これが一番のポイントと思います
  • WAF設定や海外アタックガードの設定を変更した場合、すぐに反映されないみたいです。反映される具体的な時間は、把握しかねますが、しばらくお待ちくださいの感じです。
  • Nextcloud で利用するデータフォルダは、新たに、フォルダを設けず、インストールの際、標準的に作成される既定値を利用したほうが無難な感じです。

手順、設定の準備

Nextcloud をレンタルサーバーのロリポップ! に設定する際、インストーラの入手もさることながら、ロリポップ! 側の設定が必要な感じがします。
今回、Nextcloud レンタルサーバーに設定する前のロリポップ! 側に設定した内容を紹介します。

Nextcloud で利用する MySQLのデータベースを新規に作成する

但し、SQLite を利用する場合、MySQL は、必要でないかもしれませんが、利用しているプランが、スタンダードより、MySQL を利用したほうが使い勝手がよいと思います。

サブドメインを新規に作成し、公開(アップロード)フォルダ を設ける

この公開(アップロード)フォルダ を設けることより、ファイルなどの転送先や、転送先のパスが把握しやすくなると思います。

新規に作成したサブドメインのPHP設定、WAF設定や海外アタックガードの設定などを下記のように変更する

PHP設定
PHP 5.6 (モジュール版)→PHP 7.1 (CGI版)、つまり、PHP 7.1 にあげる。
尚、モジュール版でも設定できると思います。(私は、現在、モジュール版、つまり、サーバー移設をロリポップ! に依頼中です)
WAF設定
Nextcloud の設定時は、無効で設定しました。設定後、既定値の有効にすると、Nextcloud の起動時に不可解な現象が発生しています。
海外アタックガード
Nextcloud の設定時は、無効で設定しました。設定後、有効に変更しました。
独自SSL (無料)
Nextcloudを設定するサブドメインは、独自SSLを利用せず、Nextcloudを設定しました。設定後は、SSL保護を有効にしました

セシール - 春色インナー特集

ユーザー設定

入手したArchive File を貼り付けた URL をブラウザで開くと、下記のように起動すると思います。
既に、レンタルサーバー側に貼り付けているので、Nextcloud 自体の設定は、終えているので、後は、ログイン情報と利用するデータベースの設定と思います。
尚、このユーザー名は、管理者と思います。WordPress で利用しているログイン情報は、利用しないほうがよさそうです。(直感的にです)

ユーザー設定画名

データベース設定

ストレージとデータベースは、下記のように設定しました。
データフォルダーは、ロリポップ! FTP で表示される内容ではなく、パスの名称です。
パスの確認は、<?php echo __FILE__; ?> の内容を myPassChk.php などのようなファイル名にして、パスを確認するディレクトリーに貼り付けるとブラウザより確認できました。

データベース設定画面

[サーバー管理] → [データベース] より表示されるユーザー名です。
多分、アカウントIDと思います。
尚、作成した MySQL を phpMyAdmin で開くと、このユーザー名の後に、@も含んだ数値が表示されると思います。しかし、ここで設定するユーザー名は、[データベース] より表示されるユーザー名を記載しました。
作成したデータベースのパスワードです。
表示されるデータベースです。
多分、ユーザー名-命名したデータベース名と思います。
localhost の表示に悩みました。
利用するデータベースのデータベースホストです。

不可解な起動

Web Installer を利用してNextcloudを設定すると、Nextcloud 自体は、設定された感じですが、Nextcloud の起動時に下記のような不可解な現象が発生しました。
具体的な内容ですが、グルグル回りっぱなしです。Windows Application 作成時に利用するload.gifみたいなのが、回りっぱなしで、すべてのファイルが表示されず、プロフィールの設定もできない状態でした。
更に、外部ストレージを設定する権限がありませんのような警告メッセージも表示されました。
これらは、Web Installer の利用ではなく、Archive File をレンタルサーバー側に貼り付け、Nextcloud を設定することで対処できたみたいです。

エラー画面

備考

今回の投稿は、Nextcloudを ロリポップ! のレンタルサーバー (スタンダード) に配置する私の備忘録です。
設定前後のディスク容量などの変化を下記に紹介します。

項目 設定前 設定後
ディスク使用量 247.892 MB 482.826 MB
ファイル数 9,579 / 500,000 25,424 / 500,000
ファイル使用量 190.328 MB 422.262 MB

ちなみに、下記のアプリは、追加しました。このアプリの追加は、WordPress で言うところのプラグインの追加みたいな感じです。

  • Auditing / logging
  • Calendar » 予定表
  • Contacts » 連絡先






  • この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

    2019年03月16日
    新規投稿
    −以 上−

    LibreOfficeを再設定してみた-Ubuntu編

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    初めに

    LibreOffice は、非常に便利なソフトです。
    Ubuntu の環境であれば、Evolution と併用することより、Microsoft Office 製品と類似的に利用できると思っています。(但し、名刺やラベル作成で代表される Microsoft Office Publisher のようなことは、少し、困難です。)
    先日頃より、FacebookのLibreOffice (日本語)を閲覧した際、6.2系にバージョンが上がったとか、新規和暦対応などの投稿があり、久しぶりにLibreOfficeを操作してみました。
    日々、sudo apt-get update などより、パソコンに設定している内容は更新しているつもりですが、最近、オフィス系のジョブは行っていないので、久しぶりに LibreOffice を眺めてみました。

    再設定前の状態

    私自身、会計などの計算時に、LibreOffice Calcを使う程度で、気づきませんでしたが、6.1系と6.2系のふたつが設定されていました。
    Baseについては、6.1系の方は、意図したように動作しましたが、6.2系の方は、JREが、云々、表示され、以前、作成したデータベース・ファイルのテーブルが開かない状態でした。
    尚、いつのバージョンか、分かりませんが、LibreOffice Writer に Microsoft Office Word で言うところのブックマークの機能が追加されていました。

    Ubuntu
    18.04.2 LTS 64 ビット版
    LibreOffice
    6.1.5.2 と 6.2.0.3 が、共存されてしまった

    G-Tune

     

    アンインストールしてみました

    アンインストールの表現は、別として、設定されている LibreOffice を削除(解放)しました。
    私自身、このブログで、2012年01月18日に新規投稿した再度、LibreOfficeを設定したを参考にしながら、LibreOfficeを削除してみました。
    基本的な再設定の手順は、手順としてに記載したとおりですが、アンインストール後の LibreOffice は、Ubuntu ソフトウェアより、LibreOffice を検索させ、バージョンを確認してからインストールすると成功しました。

    前回、LibreOfficeのアンインストールで紹介したように、パッケージマネージャを利用してみました。
    削除指定の設定ミスもあったかもしれませんが、意図したようにLibreOfficeは削除されず、アクティビティなどに残ってしまい、それなりに6.2系が起動されてしまいました。
    結論的には、Ubuntu ソフトウェアよりアンインストールさせたほうが意図したように削除されました。

    ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

     

    インストールさせました

    今回は、上述したようにUbuntu ソフトウェアよりインストールさせました。
    インストールさせる前に、バージョンを確認することを強く推奨します。
    後は、端末を使用し、PPA を追加させました。
    sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa 
    sudo apt-get update 

    意図したように設定できたみたいです

    今までは、Baseの設定は、少し、面倒でしたが、今回は、Ubuntu ソフトウェアよりインストールさせると、関連するJREも設定されるみたいです。(今回、特に意識して設定しませんでしたが、Baseが利用できそうです)

    尚、LibreOffice (日本語)で投稿されている新規和暦ですが、アドオンを追加しなくても、それなりに和暦に変換してくれました。
    ちなみに、アドオンは、Japan Date Converter(和暦を西暦に変換)で紹介されている wareki.oxt なる拡張機能のファイルをダウンロードし、拡張機能マネージャにて、ダウンロードしたファイルを追加すれば、[ツール] → [アドオン]が表示されました。
    しかし、標準的に新規和暦に変換されるようなので、このアドオンは、少しの間、静観する予定です。



    この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

    2019年03月03日
    新規投稿
    −以 上−

    プラグインを停止しました

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    始めに

    このブログは、ムームードメインより、ドメインを取得し、ロリポップ!のレンタル・サーバーにて、WordPressのツールを利用して投稿しています。
    本日、新規投稿、更新を行おうとした際、変な現象が発生しました。

    変な現象

    通常、新規投稿、編集時は、下記の感じです。
    つまり、投稿、編集の画面は、ひとつです。

    WordPressの投稿画面

    本日、ブログの新規投稿、更新を行おうとした際、上記の画面でなく、編集する部分がふたつ表示され、更に、プレビューできない状態でした。

    対処

    先日、WordPressの更新通知を受け、プラグインの更新を行いました。
    これらプラグインの更新が、原因とは思いませんが、更新したプラグインを停止したら、今までと同じように投稿、編集できるみたいです。尚、更新したプラグインは、次のもので、いつも気になっていたプラグインも停止しました。

    更新通知を受けたプラグイン

    これらは、停止しました。

    • WP Statistics
    • WordPress HTTPS

    気になっていたプラグイン

    これらも、停止しました。

    • HTML5 form code
    • Crazy Bone (狂骨)

    結果的には

    結果オーライです。現時点では、今までと同じように投稿できるみたいです。
    このいちばんやさしいWordPressの教本第3版に紹介する図書は、既に入手していますが、まだ読んでいません。
    これら図書を読みながら、WordPressの勉強も必要になったと感じ始めました。

    この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

    2018年01月02日
    新規投稿
    −以 上−

    忍者ツールズの解析タグについて

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    始めに

    世の中、諸々のアフリエイト関連のコンテンツがあります。
    先日忍者なるものの利用を初めてみました。(私の関連するブログのサイド・バーに貼り付けてみました。)
    この忍者のアクセス解析のタグの貼付けにて、Seesaaのサービスを利用したブログへの貼り付けは、それなりのアクセス解析が行えているみたいです。
    一方、レンタル・サーバーにWordPressを設定させたコンテンツへの解析タグの貼り付けは、意図したように行えませんでした。
    結論的には、NinjaToolsなるプラグインの追加で、忍者側もアクセス解析タグが正しく配置されたみたいです。
    今回、この忍者ツールズのアクセス解析タグのWordPressへの設定について、備忘録として、投稿します。
    尚、WordPress.comの場合の確認は行っていません。あくまでの私の環境でのみ確認できました。


    手順

    http://www.ninja.co.jp/analysis/wordpresspluginにも、説明されていました。
    NinjaToolsなるプラグインをダウンロードし、WordPressを設定している/wp-content/plugins/のディレクトリに貼り付ければ、良かったです。
    しかし、単に、プラグイン新規追加にて、NinjaToolsを検索させ、諸々のプラグインの設定と同様にNinjaToolsのプラグインを設定させるほうが、単純みたいです。

    下記に、今回、私が設定した際の各々の画面を紹介します。

    忍者ツールズ

    NinjaToolsのプラグインを設定後、設定忍者ツールズで下記のような画面が表示されると思います。
    あくまでも、初期設定の場合です。
    ちなみに、この部分のログイン情報は、忍者ツールズのログイン情報です。WordPressのログイン情報ではありません。

    忍者ツールズのプラグイン

    解析タグの確認

    上述のプラグインにて、忍者ツールズのアクセス解析のタグを貼り付けた後、忍者ツールズ側で、正しく解析タグが配置されているかの確認を行いました。
    下図でも紹介するように、正しく配置されているみたいです。
    尚、WordPressのダッシュボードにログインしている状態でも、この動作確認は、行えました。

    忍者ツールズの解析確認

    この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

    2017年11月18日
    新規投稿
    −以 上−

    UbuntuでSQLServerが利用できる??

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    MS SQL Server が利用できるらしいです

    未確認情報ですが、Ubuntu 16.04 にて、MS SQL Server が、インストールできそうな記事を見ました。
    私自身、設定していませんが、閲覧した記事を見る限り、Ubuntu に設定できそうです。

    今回、この閲覧した記事の備忘録的に投稿します。
    後日、賃トリ作業などを終え次第、じっくりと検証していく予定です。

    記事の紹介

    下記に、その記事のリンク先などを紹介します。
    Ubuntu に MS SQL Server が設定できれば、ラッキーなのですが・・・

    リンク先
    Install SQL Server on Ubuntu
    Supported platforms
    Red Hat Enterprise Linux 7.3
    Ubuntu 16.04 and 16.10
    MS SQL Server
    バージョンなどは、未確認です。設定後、再度、投稿する予定です。

    Install SQL Server

    Install SQL Server on Ubuntuに、紹介されているインストールの手順を紹介します。

    Import the public repository GPG keys

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –

    Register the Microsoft SQL Server Ubuntu repository

    curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mssql-server.list

    Run the following commands to install SQL Server

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install -y mssql-server

    After the package installation finishes …

    After the package installation finishes, run the configuration script and follow the prompts. Make sure to specify a strong password for the SA account (Minimum length 8 characters, including uppercase and lowercase letters, base 10 digits and/or non-alphanumeric symbols).

    sudo /opt/mssql/bin/sqlservr-setup


    Upgrade SQL Server on Ubuntu

    インストール後のアップグレードしたほうが良さそうです。

    Update the apt-get repository lists

    sudo apt-get update

    Re-run the installation command ..

    Re-run the installation command, this will upgrade the specific mssql-server package:

    sudo apt-get install mssql-server




    希望的なことですが・・・

    今回、紹介した投稿内容は、ほとんどが、コピー、ペーストです。
    私自身、検証していません。
    仮に、MS SQL Server が、Ubuntu 16.04 LTS (64Bits)に設定できたら、SQL Server Management Studio (SSMS) が、設定できれば、今まで、私自身が取得している開発コードが流用できるのですが・・・

    JP_Office2016Launch_468x60

    MS SQL Server は、設定できそうです

    2017年01月15日 » 追記

    本日、私のUbuntu 16.04 LTS (64Bits)のパソコンに、上述した内容にて、MS SQL Server の設定を試みました。
    結論的に、私のパソコンには、設定することはできませんでした。
    Install SQL Server on Ubuntuにも、記載されている注意内容を下記に紹介します。

    You need at least 3.25GB of memory to run SQL Server on Linux. SQL Server Engine has only been tested up to 256GB of memory at this time.

    つまり、利用するパソコンのメモリが、4GB以上で、ないと設定できないようです。(今回、設定しようとした私のパソコンは、2GBです)
    具体的に、端末より、sudo apt-get install -y mssql-serverの際、下記のエラーが表示され、mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.debは、ダウンロードされますが、設定は、できませんでした。


    ERROR: This machine must have at least 3.25 gigabytes of memory to install Microsoft(R) SQL Server(R).
    dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/mssql-server_14.0.100.187-1_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (–unpack):

    尚、この設定ができなかった内容の詳細は、後日、投稿する予定です。

    この投稿の改定履歴

    2017年01月15日
    追記
    2016年12月21日
    新規投稿
    −以 上−