Ubuntu の設定後に行ったこと

初めに

先月、今月は、化石的なパソコンの敗者復活戦みたいに諸々のパソコンに Ubuntu を設定しています。
Ubuntu 12.04LTS、或いは、14.04LTSを問わず、Ubuntu を設定した後に、諸々のパッケージを設定しました。
この設定したパッケージを、備忘録として投稿します。

パッケージとコマンドなど、文現は、ご了承の程、お願い致します。

2020年08月25日 追記
OS を Ubuntu 20.04 LTS (Focal Fossa) に再設定しています。
この投稿した内容を見直しながら、作業を行っている段階です。


設定した内容

インターネットに接続した状態で、下記のオプションにチェックを入れた場合でも、私なりに通常利用する内容が、設定されていない場合が多いため、諸々のパッケージを設定しました。
繰り返しますが、チェックを入れても入れなくても同じ傾向でした。

    Ubuntu のインストール準備

  • インストール中にアップデートをダウンロードする » 規定値はチェックなし
  • サードパーティーのソフトウェアをインストールする » 規定値はチェックなし

パッケージ

パッケージとコマンドなどの文現が、おかしいと思いますが、行ったことは、Ubuntuを設定させた後、端末で設定した内容です。

各々を設定させた時は、インターネットを接続させた場合で行いました。
尚、設定させた時は、端末にて、下記のようにタイプして行いました。

  • sudo apt-get update
  • sudo apt-get install パッケージの名称
aptitude
sudo apt-get aptitude → sudo apt install aptitude
Synaptic パッケージマネージャ
sudo apt-get synaptic → sudo apt install synaptic

lsscsi
sudo apt-get lsscsi → sudo apt install lsscsi
lsdev
sudo apt-get procinfo → sudo apt install procinfo
Ndiswrapper 関連は、具体的に記載した内容を表記します。
sudo apt-get install ndiswrapper-common ndiswrapper-util-1.9 → sudo apt install ndiswrapper-common ndiswrapper-util-1.9

 

Ndiswrapper 関連

2020年08月25日 に、OS を Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa) に再設定の際、Ndiswrapper 関連も設定しました。
その際、端末にて、sudo apt install ndiswrapper-common ndiswrapper-util-1.9 でも設定できましたが、下記のような内容が端末に表記されました。
結果的に、Ndiswrapper 関連は設定された感じです。

ユーザー名@パソコンの名前:~$ sudo apt install ndiswrapper-common ndiswrapper-utils-1.9 エンターキー
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
注意、’ndiswrapper-common’ の代わりに ‘ndiswrapper’ を選択します
注意、’ndiswrapper-utils-1.9′ の代わりに ‘ndiswrapper’ を選択します
以下の追加パッケージがインストールされます:
build-essential dkms dpkg-dev fakeroot g++ g++-9 libalgorithm-diff-perl libalgorithm-diff-xs-perl libalgorithm-merge-perl libfakeroot libstdc++-9-dev ndiswrapper-dkms
提案パッケージ:
menu debian-keyring g++-multilib g++-9-multilib gcc-9-doc libstdc++-9-doc ndiswrapper-source
以下のパッケージが新たにインストールされます:
build-essential dkms dpkg-dev fakeroot g++ g++-9 libalgorithm-diff-perl libalgorithm-diff-xs-perl libalgorithm-merge-perl libfakeroot libstdc++-9-dev ndiswrapper
ndiswrapper-dkms
アップグレード: 0 個、新規インストール: 13 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
11.2 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 50.6 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]

図書の紹介

UNIXコマンドポケットリファレンスは、改訂第4版まで発行されているようです。 » 新規投稿時
私なりに、必修品と感じています。
私は、第2版を所有していますが、私なりに、UNIXコマンドポケットリファレンスを眺めながら、Ubuntu の端末をいじり、それなりに Ubuntuを利用しているつもりです。
最新版は、下記の広告より検索して参照してください。

UNIXコマンドポケットリファレンス « クリックすると検索結果が表示されると思います。

この投稿の改定履歴

2020年08月25日
誤記の修正 (基本的に install が抜けていた)。Ndiswrapper 関連を追記
2015年11月25日
新規投稿
−以 上−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください