イチゴ」タグアーカイブ

味わって食べましょう-イチゴ編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

大変みたいです

先月末 に、最近、取引を初めているイチゴ農家さん宅を訪問しました。
その際、イチゴの苗の手入れみたいなことを腰を曲げ、更に、人力でコマ目に作業していました。
2020年09月14日に イチゴの定植です として、新規投稿したイチゴの苗が、それなりに成長しているみたいです。
今回、イチゴの苗の手入れの様子を耕作者に堂々と撮影しました。

三越・伊勢丹オンラインストア

腰が・・・

具体的な手入れの内容は、分かりませんが、とにかく腰が張りそうです。見ていて私には無理と直感的に感じます。とにかく細かい作業です
耕作者、曰く、腰にくるとか・・・。何事もお金にすることは大変みたいです。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
トチオトメと思います
撮影日
2020年09月14日

イチゴ

お金の問題ではない

このイチゴ農家さんは、直販していません。よっぽどのことがない限り、モギリたてのイチゴを手にすることはできません。
買ってやるとか、お金を払ってやるとかで、入手することはできないと思います。
農産物を食べる時は、イチゴのみならず、味わって、更に、耕作者の気持ちになりながら食べようと感じた日でした。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年11月17日
新規投稿
−以 上−

イチゴの定植です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今回は、イチゴのお手伝いです

何故か分かりませんが、最近、イチゴ屋さんと仲がいいです。このイチゴ屋さんは、私が自主開発したアプリケーションを利用しています。(イチゴの出荷、集計、そして、請求などに関する内容で、Microsoft Word を帳票として利用した内容です。)
一方、このイチゴ屋さんのクイッぷちのお米の除草作業は、私が担当のようで、化学肥料、除草剤を散布しなくても、田の草を抑え、それなりにお米になっているみたいです。
今回は、お米でなく、イチゴの苗をハウスに移植するお手伝いを行いました。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
多分、とちおとめと思います
撮影日
2020年09月14日

 ロフトネットストア|カタログギフト

移植後のハウスの様子

イチゴの苗をハウスに移植し、その後、水をめいいっぱいかけます。乾くといけないらしいです。
この定植後のハウスの様子を紹介します。
うねの中に見える青色のものは、チューブ状になっていて、小さい穴が空いています。(散水チューブと呼ばれるものかもしれません。)
今後は、このチューブ内に水などを通すみたいです。

いちごの定植

いつも思うこと

イチゴは夏の食物らしいです。クリスマス時期に高く売れるらしく、耕作者、曰く、人間の都合で強引にハウスで栽培するコメントです。
お米は、慣行栽培の場合、楽できるらしいですが、イチゴは、今回、紹介した苗の移植後もビニールかけ、苗のおともりなど、手間ひまが必要な感じです。一方、ハウス、ビニール、そして、出荷時の梱包などの資材もお金が必要な感じがします。
いつも思うこと。それは、イチゴは買って食べたほうがよいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年09月14日
新規投稿
−以 上−

イチゴの苗の移植を手伝いました

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

イチゴの苗の移植です

最近、イチゴ屋さんと仲良くなり、今回、イチゴの苗の移植のお手伝いを行いました。
私自身、イチゴ関連の手伝いを行ったことはなく、苗をに配るお手伝いが主な仕事でした。
今回、この苗の移植後の様子を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
多分、トチオトメと思います
作業日
2019年09月10日 から 2019年09月13日

移植後の様子を紹介します

イチゴの苗を配るのは、単純でしたが、移植となると上手くできませんでした。
私自身、慣れている方と比べると2倍以上の時間が掛かり、途中で別の作業に変更です。
ちなみに、今回、お手伝いしたイチゴ農家さんは、連棟と単棟の2つのハウスがあります。

移植直後の全体の様子・・・連棟ハウス

苗の移植直後の様子です。
の高さは、程度でした。

移植直後の全体の様子(連棟ハウス)

移植直後の畝の部分

拡大した写真です。
苗の間隔は、20cm 程度 (25cm と思います) のようです。
尚、白く見えるのが、何ならかの肥料です。
ちなみに、の中央の黒色のチューブは、水を撒くためのものらしく、チューブに小さな穴が開いていました。

移植直後の畝の部分(連棟ハウス)

移植直後の全体の様子・・・単棟ハウス

単棟ハウスにも、苗を移植しました。みたっくれは、こちらが綺麗に感じました。
尚、の中央に見える青色のチューブは、上述の写真と同様に水を撒くためのものらしいです。

移植直後の全体の様子(単棟ハウス)

いろいろな肥料を利用していました

今回、お手伝いしたイチゴ農家さんのイチゴの栽培は、無農薬無化学ではありません。一般的なイチゴの栽培です。
参考までに、今回、散布した肥料の袋を紹介します。
尚、面積あたりに散布した量の詳細は、分かりません。私も散布しましたが、いいあんばいでした。

袋の表側の写真

利用していた肥料の袋(表側)

肥料の袋の表側の写真です。
ニュートリスマート ® という商品のようです。
尚、袋に入っている肥料の重さは、正味 20kg のようです。
ちなみに、楽天市場などでは、この商品は、容易に検索できませんでした。
 も同様に容易に検索できませんでした。

袋の裏側の写真

利用していた肥料の袋(裏側)

肥料の袋の裏側の写真です。
この袋に表記されている成分分析例 (%) を紹介します。
(誤字脱字の場合は、ご了承のほどをお願い致します。)

成分分析例 (%)

有機物
30.93
腐植酸
7.98
けい酸全量
40.76
石灰
2.55
チッソ全量
0.52
リン酸全量
0.36
カリ全量
0.95
苦土
0.44
1.98
硫黄
0.86
PH
7.4

 

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年09月17日
新規投稿
−以 上−

今回はイチゴです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

うねあげの様子です

先日、イチゴ農家さんを訪問しました。物凄く暑い日でした。日中は、とてもハウスの中で仕事などできないと思います。
このような暑くもそして、ハウスの中、イチゴ農家さんは、仕事を行っていました。
管理機を利用してのうねあげです。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月31日

 

うねあげ直後の様子

管理機を利用して一回で畝をあげるらしいです。
俗に言われるパタパタの管理機では、畝を高く上げることができず、それなりの管理機を使用するらしいです。(ある意味で専用機と思います)
大きい石の場合は、石を弾いたり、機械が止まってくれるらしいですが、手頃な小さい石の場合、管理機の機械 (歯の部分) に石が詰まってどうしようもないらしいです。

うねあげ

とにかく暑い

イチゴの旬は、基本的に夏らしいです。人間の欲でクリスマスの印象より、強引にハウスで育て、クリスマス時期に出荷しているとか。
今回、紹介したイチゴのうねあげのように、農産物を育てるには、目に見えない肉体的なシンドさがあるみたいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年08月02日
新規投稿
−以 上−

イチゴ刈りです

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

私なりのイベントです

本日、私のお客様のイチゴ農家さん宅で、イチゴ刈りを行いました。
毎年、このイチゴ農家さんの寛大なるご協力の下、イチゴ刈りを行っています。
今回、もぎったイチゴなどを紹介します。

尚、この農家さんは、私が企画、開発 → 作成したアプリケーションを利用して、イチゴの出荷管理を行っています。この提供しているアプリケーションも、ご動作なく意図したように集計、レポート出力 (Microfost Office Wordへの出力) されているみたいです。

セシール

お中元代わりです

基本的に、私のお客様へのお中元の代わりとして、私がもぎったイチゴを配っていました。
イチゴ狩りの入場料金は、無料ですが、イチゴ農家さんへのお中元として、面白そうな物を購入して渡しています。
つまり、お中元としてお金が発生するところが一件ですみます。また、他のお客様ですが、ワザワザ買ってまでの物品はなかなか受け取りにくい感じですので、イチゴ農家さんのご厚意の元、イチゴ狩りしたイチゴを配っています。

イチゴ

イチゴ農家さんの収穫を終えたイチゴをもぎらせてもらっています。
この写真のように、香りが高く甘酸っぱいイチゴがずらりとなっています。

イチゴ

イチゴの花

イチゴの花も咲いていました。
多分、イチゴは、多年草と思います。商品価値は、別として、これから実をつけると思います。

イチゴの花

収穫しました

もぎりたてのイチゴです。
私の最終卒業校の同級生が香りセンサーなるものの研究を行っていることをラジオで聞きました。(間違っていたらゴメン)
写真だけでは、イチゴの物凄い香りを伝えることはできませんが、センサーだとどのような感じになるのだろうか・・・。とにかく、車の助手席に収穫したイチゴを載せていると匂いが強烈です。

収穫しました

仕事をゲットできそうです。

お世話になった方々に配った際、面白そうな話しがあがりました。具体的には、母屋の解体作業で、今月下旬に、一緒に作業を行う方と共に、見積もりを行う予定です。
今月中旬まだ、私自身、忙しいため、今月下旬より、見積もりが追えば、着手できればラッキーと思っています。また、母屋解体の場所にて、稲刈り後の立ち木の伐採、処分の話もあります。

一方、私自身も、明日より、このイチゴ農家さん宅の連棟ハウス解体作業を行う予定です。
更に、お米の苗の生育状態をみながら、この農家さん宅の2回目の除草作業を着手する予定です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年06月02日
新規投稿
−以 上−