タグ別アーカイブ: 大豆のお手伝い

大豆畑の様子-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



だいぶ黄ばんできました

ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんの大豆畑の土手の草刈りを、2018年09月29日に行いました。
まだ、葉っぱは、枯れていませんが、だいぶ、黄ばんできました。
作業の合間に、耕作者にコッソリと撮影したので、投稿します。
尚、この大豆は、ビール麦の後に、栽培された大豆です。農協関連ですので、多分、白大豆と思います。
ちなみに、このほ場では、大豆畑の培土を行いました-慣行栽培編でも、投稿したように、管理機を利用して、追加的に培土したほ場です。

フェリシモ「コレクション」

最近のほ場の様子

まだまだ、収穫には、至りませんが、大豆の葉っぱも、黄ばみ始めました。
今年も、このほ場の培土は、行いましたが、培土を行った時期が悪かったと思います。比較的に、トビツカレなどの草が多く、今年は、草拾いを行う必要があると思っています。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年09月29日
大豆の種類
詳細な名称は、わかりませんが、農協派ですので、白大豆と思います。
栽培方法
不耕起ではなく、耕起です。
大豆の場合、不耕起だと、種を多く必要とするみたいで、更に、除草剤もフンダンに利用するみたいです。しかし、除草剤の使用方法、時期を誤ると草だらけの大豆畑になり、みれたもんじゃないです。

大豆

必要な時期に必要な作業は必要と思います

今回、このガチガチの農協派の兼業農家さんは、ある意味でケチりました。
大豆畑の土手の草刈りですが、今回が、今年、初めての作業です。基本的に、除草剤で済ませていたようです。
除草剤だけに頼っていると、今回のように、土手側にトビツカレなどのような大きくなる草や、ほおずきのように、収穫時に大豆と混ざる草が、生え始末に負えない状態です。

耕作者は、お金を使いたくないのは、わかりますが、必要な時期に、除草作業を依頼しないと、全体的に、お金が必要となります。
更に、除草剤だけに頼っていると、細かい部分の見逃しがあるみたいです。
私自身も感じていますが、この耕作者の今年の大豆は、決して、いい方ではない感じです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月30日
新規投稿
−以 上−



穂もリッパで、花も咲いていました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



穂もリッパで、花も咲いていました

昨日ガチガチの農協派の慣行栽培の兼業農家さんの田んぼと大豆畑の草拾いを行い、これらの仕事を終えました。
この農家さんは、俗に言われる田んぼ界の草を留意しています。他人に迷惑をかけないようにと思っているみたいです。
お米の穂もリッパに育ち、更に、大豆の花も咲いていました。この大豆の花の色は、白色でした。(タチナガハの花の色は、白色でなかったと思います)
今回も、耕作者にコッソリと、この穂の状態と大豆の花を撮影したので、投稿します。


お米の穂です

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
コシヒカリ » 俗に言われる買種です
撮影日
2018年08月11日

この耕作者は、穂の長さについてのコメントを頂いていませんが、こだわり栽培の農家さん曰今年は穂が短いらしいです。
私個人的には、これだけあれば十分ではと感じています。
耕作者自身は、倒伏しないことを、祈ってる感じがしました。

慣行栽培のお米の穂

大豆の花です

慣行栽培のお米の穂

場所
栃木県 大田原市
大豆の種類
多分、白大豆と思います
撮影日
2018年08月11日

管理機を利用して、培土したにも関わらず、一部の大豆畑には、トビツカレが生えていました。
大豆の生育に対しての培土した時期は、良かったと思いますが、晴れの日が続いていたため、培土が、うまくいかなかったと思います。ちなみに、培土を行った時期の畑の土はパサパサでした。
尚、この大豆の花の色は、白色でした。

稲刈りは早まりそうです

稲刈りは、まだ先と思いますが、昨年と比較し、稲刈りは、早まりそうです。
耕作者としては、9月1日頃より、着手したいみたいですが、兼業農家のため、思ったような農作業はできないのが、現実みたいです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月12日
新規投稿
−以 上−



大豆畑の培土を行いました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



生育の早いこと

大豆も芽が出ていましたでも、紹介しましたが、大豆も順調に生育しているみたいです。
今回、管理機を使用して、この大豆の培土を行い、耕作者にコッソリと撮影したので、投稿します。
それにしても、今回の培土を行った日は、暑かった。

今回、畑に水気が少なく、うまく培土できなかった感じがします。
本来なら、大豆の根本まで、もっと土を被せたかったですが、土が乾いており、なかなか思ったように培土ができませんでした。

膝の高さまであります

このガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆の中耕と培土は、主に、トラクタを利用して行っています。
しかし、マクラの部分は、トラクタの切り返しの際、大豆が踏まれたりとか、三角の部分などのような細かい場所は、培土が上手くいかず、草でやられる場合が多いです。
細かい部分は、管理機を利用して人力で行ったほうが、後々、楽です。

繰り返しますが、培土を行った日は、暑かった。物凄く暑かった。
大豆畑にて、腰を伸ばしている際、耕作者にコッソリと撮影した写真です。

培土後

ひとりごととして

今回の培土は、うまくいかなかったと思います。
もう少し、培土したほうが、草を抑えることができますが、土がパサパサでうまく培土できませんでした。
今年は、場合により、大豆畑の草拾いが必要になるかもしれません。

カタログ通販ベルーナ(Belluna)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年07月23日
新規投稿
−以 上−

大豆も芽が出ていました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



多分、白大豆と思います

栃木県大田原市のガチガチの農協派の農家さんは、ビール麦の後、大豆を栽培する方が、多いです。
但し、一部は、俗に言われる麦田で、飼料米と思いますが、お米も栽培している方もいます。

今回、ほ場の土手の草刈りの際、大豆畑の土手の草刈りも行い、大豆も芽が出始めていました。
今回も耕作者にコッソリと撮影しましたので、投稿します。
尚、大豆を植えた日は、わかりません。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年07月01日
大豆の種類
耕作者は、ガチガチの農協派です。
タチナガハではないと思いますが、白大豆と思います。
栽培方法
不耕起ではなく、耕起、つまり、管理機などを利用して培土などを行うと思われます。


植えて間もないかも

ほ場全体の風景です。
ビール麦の後も若干みられますが、大豆の芽が出ています。
直感的に、ここまで、芽が出るとカラスなどとの戦いも始まるかもしれません。
現実的に、このほ場の土手の草刈りの際、カラスが、跳びまわり、ほ場の中をウロウロしていました。

ほ場全体

大豆のアップです。
今の時点は、きれいですが、素直に生育するとは、限らないと思います。
後は、イヌホウズキなどで代表される草との戦いと思います。それと、用水路よりも水漏れがあると水害がでる可能性もあるみたいです。

アップ

今後の生育も投稿の予定です

この耕作者は、ガチガチの農協派ですが、お米、大豆も含め1年を通して、私は、手伝わせて頂いています。
今後、草刈りなどの際、耕作者にコッソリと、生育状況を投稿できると思います。

ちなみに、この大豆の栽培方法は、管理機などを利用して培土します。(耕起栽培です)
大豆の場合、不耕起だと、ろくなことはありません。諸々の農協派の農家さんの大豆に関するお手伝いの際、不耕起だとろくでもないことになる時が多かったです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年07月03日
新規投稿
−以 上−

大豆刈りのお手伝い

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

実際は、昨日 (2011年12月10日) からであるが、近所の特に、お世話になっている農家さんが、本日 (12月11日) やっと、大豆刈りを行った。
この農家さんは、小生の事務所前の休耕地 (約3反部) も耕作しておれる。
小生自身、事務所周りの片づけなどを行っている際、パチッパチッと大豆がはねる音をよく耳にしていた。
まだ、収穫しないのかな ? と思っていたが、昨日、早朝に急に大豆刈りのお手伝いの依頼がきた。

場所 (概略です)

栃木県 大田原市 近辺と、俗に言うのほう。
山のほうは、斜面の畑である。(よく、大豆コンバインで収穫できたものだと思う。)

大豆の種類

本日、お手伝いした農家さんが栽培している大豆は、タチナガハではない。
大豆もいろいろと種類があるようだ。
細かい品種の名前は、未明だが、大豆の色からして下記のような大豆であった。

  • 黒大豆。同じ、黒大豆でも、黒光りしている大豆ではなく、丹波の黒大豆みたいな感じ。
  • 緑色の大豆。詳細は、小生は、まったく不明。かじると少し、あまみがあった。

小生が思うには・・・

この農家さんは、化学肥料は、一切、使用せず、栽培している。
たい肥も自家製で、家畜のふんは、使用せず、もみ殻などを利用したたい肥を使用しているみたい。(実際に、小生自身、みてはいるが・・・)
よくここまでやるものだと感心する時がある。
大豆に限っていえば、せめて、納豆菌を散布すればいいのにな~と思う時がある。(風のうわさで、納豆菌は、除菌効果があるらしい。)
多分、納豆菌は高いのだろうな~

この投稿内容のインデックス的なページの紹介

これらのインデックス的なページを、下記に紹介します。
» ブログの投稿内容

この投稿の改訂履歴

2015年09月07日
広告バナーの削除
2011年12月11日
新規投稿
-以 上-