大豆のお手伝い」タグアーカイブ

今回は大豆畑です-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草拾いを終えました

先月の下旬 は、ガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑の草拾いの賃トリを行っていました。
畑の土手の草刈りも含み、1週間程度、大豆畑の中にいました。別な表現をするとそれだけ草に覆われていたってことです。
私からすると除草剤も散布したのでしょうって言いたくなるほど、ヒドかった。ちなみに、耕作者も除草剤を散布したのに〜って話していましたが、私からすると、散布の時期や培土が甘かったのでしょうといいたくなりました。
今回は、この大豆畑の草拾い前後の様子と、最近の大豆畑の様子を耕作者にコッソリと撮影したので紹介します。

 ロフトネットストア|ワナドゥ手帳

サスガにきれいになりました

本当にヒドかった。不耕起の大豆畑で、除草剤などの散布が甘いと、草にやられている畑を見ますが、中耕して培土も行っている大豆畑で、更に、除草剤を散布しているにもかかわらず、賑やかだったです。
草拾いを終えると見れるようになりました。

場所
栃木県 大田原市 片府田
大豆の種類
農協さんなので、白大豆と思います。
品名は見ませんでしたが、タチナガハではないと思います

草拾い前

2020年09月25日 に撮影した草拾い前の大豆畑の全体の様子です。
大豆が草に覆われているのが、分かると思います。まだ、大豆の葉が枯れていないので、今の時期に草を取らないと、大豆刈りになりません。
ちなみに、大豆の葉がかれてからほ場に入ると大豆の実を弾いてしまう可能性が高いです。

全体の様子

草拾い中に、大豆畑の内を撮影しました。
このようにみっしりと草が生え、この写真のように草は、培土した後のウネに沿って生えています。
この草が生えている場所は、トラクターで培土するとウネのつなぎ目の幅が広がったり、あるいは、狭くなったりして、うまく培土できません。このような部分は、管理機などを併用して培土するときれいに土も上がり、後々、草でやられることは少ないです。

大豆畑内で撮影

草拾い後

2020年09月28日 に撮影した草拾い後の大豆畑の全体の様子です。
サスガにきれいになったと思います。
ちなみに、除草した草は、畑の中におかず、極力、畑の外に出したほうが、後々、良いです。除草した草をそのまま畑の中においておくと、土についている部分の草の幹が根付き、この部分より草が生えてきます。

全体の様子

草拾いを終え、大豆畑の中で撮影しました。みっちり生えていた草も拾いました。
この写真の奥側に見える空き地は、草に覆われ、大豆が負けている場所でした。
この場所は、草刈機で刈り取りました。とても拾ってられなかったです。

全体の様子

最近の様子

本日 このほ場の近くを通りました。
大豆の葉は、だいぶ枯れてきています。しかし、大豆刈りは、まだまだ先と思います。
前回、草拾いを行いましたが、その後、変な草はなさそうです。

最近の様子

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年10月09日
新規投稿
−以 上−

現在の大豆畑を紹介します-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

大豆の生育状態を紹介します

2020年07月17日より、ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼ、大豆畑の土手の草刈りの際、耕作者にコッソリ、諸々の写真を撮影しました。
お米の生育状況は、後日、投稿しますが、今回は大豆畑を紹介します。
ちなみに、この大豆は、ビール麦の収穫後に植えたと思います。

 

まだ、中耕、培土していません

大豆も不耕起栽培で行っている農家さんもいますが、基本的に耕起したほうが、除草剤、除菌剤などの農薬の利用も少なく、使用する種の量も少なくてすむと思います。(ちなみに、不耕起栽培だと、密集して植える必要があり、除草剤などの散布が悪いと、草でヤラれる場合を多く見かけます。)
私が手伝っている農家さんの大豆は、乗用にて培土 (3条) を行っています。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年07月19日
大豆の種類
詳細は、知りませんが、白色の大豆です。タチナガハではないと思う。空中散布の際、旗に品種を記載しているので、気が向けが追記します。

土手の草刈りを終えた時点の大豆畑の全体の様子です。
所々にビール麦の刈り取った後が見受けられます。多分、ビール麦の刈り取りの後、燃やさなかったと思います。
今までのことより、除草剤を上手く散布しないと、草 (特に、トビツカレ/アメリカセンダングサイヌホオズキなど) にヤラれると思っています。

大豆畑の全体の様子

上から見た大豆です。
やっと芽がでてきた感じですが、丈が高いので、天候と相談しながら、そろそろ、中耕 → 培土を行うと思います。
ガチガチの農協派ですが、変な所は、物凄く几帳面な耕作者です。

大豆畑のアップ写真

培土する様子でした

本日、この農家さん宅を訪問しました。
トラクターに培土を行う機械を装着し、培土するみたいでした。ちなみに、培土の時に、追肥ができる機械も付いていました。
耕作者の予算 (つまりどれだけ作業代金をだせるか) 次第ですが、トラクタにて上手く培土されなかったウネは、管理機を利用して培土したい気持ちはあるそうです。
ちなみに、上手く培土できないのは分かりきっているので管理機を使用しての培土の作業があると思います。(後で、大豆畑の草拾いの際、私よりブツカタ言われるのを知っていると思う。)

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年07月24日
新規投稿
−以 上−

大豆畑の土手の草刈り中

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

土手の草刈り中

先週あたり、ガチガチの農協派の兼業農家さんより大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りの依頼を受けました。
進行中の別件の仕事を終え、技術系農業手伝い、あらため、農業支援系技術者の自然派人間として、現在、草刈り機を担いでヒーコラしながら、土手草、及び、大豆畑の中の草取りを行っています。
今回、耕作者に内緒でコッソリと撮影した大豆畑と大豆の実の部分を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
種類
白色の実の大豆。但し、タチナガハではないと思います
撮影日
2019年10月16日 〜 10月17日

RyuRyumall ロフトネットストア

大豆畑を紹介します

私自身、耕作者でないので、詳細なコメントは行なえませんが、大豆のデキは、芳しくなさそうです。
俗に言われる大豆の木の高さも低く、付いている実の数も少ない感じです。
それより、私自身、今年、初めて (多分、耕作者も草刈りは行っていないと思う) の土手の草刈りのため、土手草が物凄く賑やかです。手に負えないが本音です。
更に、大豆畑の外回りの部分も、大豆に草が覆いかぶり、大豆刈りが困難な状態です。

大豆畑の全体の様子

比較的、綺麗な、つまり畑内に草が少ないほ場を選び紹介します。
やっと枯れ始めた感じで、大豆刈りは、まだ先と思います。
前述で紹介しましたが、全体的に大豆の背は低いです。

大豆の実の部分

大豆の実の部分

大豆の実の部分を紹介します。
ひとつのさやについている実の数が少ない感じがします。3つ 〜 4つは、つかないと収量が少ないと思います。
更に、実の大きさも小さい感じがします。

大豆畑の全体の様子

大豆畑の内より撮影した写真

2019年10月23日まで、このガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑などに関する仕事を行っていました。大豆畑とビール麦を撒くほ場の土手の草刈りと大豆畑に生えている草拾いが主な作業でした。
この作業の際、大豆畑より大豆を撮影した写真を紹介します。

撮影日
2019年10月23日

大豆畑の内より撮影

大豆畑の内より撮影

適切な時期に作業していない?

大豆の栽培は、不耕起だととんでもないことになる場合が多いです。除草剤などの散布を上手くやらないとホウズキでやられたほ場もあり、大豆刈りができない、つまり、収穫できないほ場がありました。
耕起しても、培土があまい、つまり、培土されていない畝は、草でやられます。
今回、紹介したほ場ですが、乗用の培土機械で、単に培土したのみで、細かい部分は培土されていない感じがします。
一般的な農家さん (法人格も含む) は、軽油の免税券、農産物の栽培などに関する事業税など、個別補償されているので、兼業だから間に合わないなどと言うことは、私からみれば個別補償されている事業なのに何をとぼけたことを言っているのかが本音です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月24日
草刈りと草拾いを終えた大豆畑の内側より殺意した写真を追記的に紹介
2019年10月18日
新規投稿
−以 上−

大豆畑の様子-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



だいぶ黄ばんできました

ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんの大豆畑の土手の草刈りを、2018年09月29日に行いました。
まだ、葉っぱは、枯れていませんが、だいぶ、黄ばんできました。
作業の合間に、耕作者にコッソリと撮影したので、投稿します。
尚、この大豆は、ビール麦の後に、栽培された大豆です。農協関連ですので、多分、白大豆と思います。
ちなみに、このほ場では、大豆畑の培土を行いました-慣行栽培編でも、投稿したように、管理機を利用して、追加的に培土したほ場です。

フェリシモ「コレクション」

最近のほ場の様子

まだまだ、収穫には、至りませんが、大豆の葉っぱも、黄ばみ始めました。
今年も、このほ場の培土は、行いましたが、培土を行った時期が悪かったと思います。比較的に、トビツカレなどの草が多く、今年は、草拾いを行う必要があると思っています。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年09月29日
大豆の種類
詳細な名称は、わかりませんが、農協派ですので、白大豆と思います。
栽培方法
不耕起ではなく、耕起です。
大豆の場合、不耕起だと、種を多く必要とするみたいで、更に、除草剤もフンダンに利用するみたいです。しかし、除草剤の使用方法、時期を誤ると草だらけの大豆畑になり、みれたもんじゃないです。

大豆

必要な時期に必要な作業は必要と思います

今回、このガチガチの農協派の兼業農家さんは、ある意味でケチりました。
大豆畑の土手の草刈りですが、今回が、今年、初めての作業です。基本的に、除草剤で済ませていたようです。
除草剤だけに頼っていると、今回のように、土手側にトビツカレなどのような大きくなる草や、ほおずきのように、収穫時に大豆と混ざる草が、生え始末に負えない状態です。

耕作者は、お金を使いたくないのは、わかりますが、必要な時期に、除草作業を依頼しないと、全体的に、お金が必要となります。
更に、除草剤だけに頼っていると、細かい部分の見逃しがあるみたいです。
私自身も感じていますが、この耕作者の今年の大豆は、決して、いい方ではない感じです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月30日
新規投稿
−以 上−



穂もリッパで、花も咲いていました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



穂もリッパで、花も咲いていました

昨日ガチガチの農協派の慣行栽培の兼業農家さんの田んぼと大豆畑の草拾いを行い、これらの仕事を終えました。
この農家さんは、俗に言われる田んぼ界の草を留意しています。他人に迷惑をかけないようにと思っているみたいです。
お米の穂もリッパに育ち、更に、大豆の花も咲いていました。この大豆の花の色は、白色でした。(タチナガハの花の色は、白色でなかったと思います)
今回も、耕作者にコッソリと、この穂の状態と大豆の花を撮影したので、投稿します。


お米の穂です

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
コシヒカリ » 俗に言われる買種です
撮影日
2018年08月11日

この耕作者は、穂の長さについてのコメントを頂いていませんが、こだわり栽培の農家さん曰今年は穂が短いらしいです。
私個人的には、これだけあれば十分ではと感じています。
耕作者自身は、倒伏しないことを、祈ってる感じがしました。

慣行栽培のお米の穂

大豆の花です

慣行栽培のお米の穂

場所
栃木県 大田原市
大豆の種類
多分、白大豆と思います
撮影日
2018年08月11日

管理機を利用して、培土したにも関わらず、一部の大豆畑には、トビツカレが生えていました。
大豆の生育に対しての培土した時期は、良かったと思いますが、晴れの日が続いていたため、培土が、うまくいかなかったと思います。ちなみに、培土を行った時期の畑の土はパサパサでした。
尚、この大豆の花の色は、白色でした。

稲刈りは早まりそうです

稲刈りは、まだ先と思いますが、昨年と比較し、稲刈りは、早まりそうです。
耕作者としては、9月1日頃より、着手したいみたいですが、兼業農家のため、思ったような農作業はできないのが、現実みたいです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月12日
新規投稿
−以 上−