草刈り」タグアーカイブ

草刈りを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

ガチガチの農協派で

先日、ガチガチの農協派の兼業農家さんの土手草刈りを終えました。
土手にしろ、ほ場にしろフンダンに除草剤を散布しているだけあり、それなりに草ははていません。
土手に除草剤を散布していると土手が歩けなくなったり、石が出てきたり、後々、非常に面倒ですが、農協派の方よりある意味で仕方がないと思います。(ちなみに、この農家さんのセガレは、農協に勤務しているみたいです)
除草剤を散布しても土手草は、ある程度、生えます。今回、土手の草刈りを終えた時点でのほ場の様子を耕作者にコッソリ撮影しましたので紹介します。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 

草刈り後のほ場の様子

サスガに化学肥料もフンダンに散布しているだけあり、異常なほど生育が良いみたいです。土の力ではなく人間がイジりにイジっている感じです。
ほ場内も除草剤を散布しているだけあり、田の草は、目立ちません。但し、今回、この農家さんのほ場も排水側は、稲がない部分があり、カモなどのヘリポートみたいな場所を多く見かけました。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2019年07月06日

草刈り直後のほ場の様子

慣行栽培のほ場

本当に良いのかな・・・

化学肥料や除草剤を散布すると、それなりに作物は栽培でき出荷、つまり、お金にすることができるようです。
一方、ガチガチの農協派の農家さんでも、栽培履歴の書類化、それら書類の内容の確認は、公的機関で認証して出荷されていないみたいです。
人が口にするものでこそ、安全性が求められると思います。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年07月15日
新規投稿
−以 上−

ノロが張っていました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

田植え後、1か月程度のほ場です

先日、ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを終えました。
この作業の際、耕作者にコッソリと現在のほ場の様子を撮影しました。
流石、フンダンに肥料などを利用しているだけあり、田植え(2019年05月03日ころ実施)後、まだ1か月も経たないのに、稲は、スクスクと生育しています。

ノロが目立ちます

このほ場は、ノロが目立ちます。
ほ場の利用している水 (深井戸、川など) や地質などに左右されると思いますが、この耕作者のほ場は、比較的、他の耕作者と比較してノロが多い感じです。
また、このほ場も含め比較的、水が浅いです。ある意味で水が浅いのは、当たり前で、排水側の土手の中腹より、水漏っていました。水が漏れていることを連絡したので、後日、耕作者の方で、土手を修復すると思います。(基本的には、水周りを行っておらず、単に水を見ているだけと思います。)

お米の苗

耕作者は意気込みが少ないと思う

この耕作者のほ場は、除草機を利用した除草作業を行うわけでもないので、ノロが張っていても農薬などを散布すればよいと思っているみたいです。
私自身、この耕作者の除草作業の依頼を受けていないので、別にどうってことないです。
個人的には、兼業、つまり副業でお米などを栽培し、諸々の個別補償や事業税の軽減されているのに、専業で真面目に耕作している方と同じって訳にはいかないと思っています。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年05月29日
新規投稿
−以 上−

ビール麦の穂です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草刈りの最中に撮影

このブログを閲覧しておられる方は、今の時期、ビールを飲まれることも多いと思います。
ビール麦のほ場自体は、テレビ、新聞などのマスメディアで報道された際、観た方もおられることと思います。
現在、私自身、ビール麦の畑の土手の草刈りの賃トリを行っており、その際、ビール麦の穂の拡大写真を撮影しましたので、紹介します。



穂の部分です

このビール麦の耕作者は、ガチガチの農協派で兼業農家さんです。
除草剤、防カビ剤などもフンダンに農作を散布しています。当然、空中散布も行っています。
ちなみに、除草剤の散布のお手伝いを行ったことがありますが、その際に利用した手袋は、直ぐに真っ黄色になり、着ていた作業服も除草剤の匂いでものすごかった記憶があります。

ビール麦の穂

ビールは好きでしたが・・・

手っ取り早く、即金を得るには、農家さんのお手伝いが、非常に楽です。(作業代金、以前の問題で、基本的に、作業してくれる方が少ないみたいです。)
私自身、彼らのお手伝いをする前は、夏場、ビールは、ガバガバ飲んでいましたが、ビール麦の除草剤の散布のお手伝いをした際、よくこんなもんを飲んでいたなです。
空中散布も、立派です。後々のこと、消費者のことは、関係なしで、共同体も含め助成金などのことしか考えがないみたいです。お金になればよいの考えみたいです。

ある意味でワインが良いのだろうか。それとも同じかな

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年05月26日
新規投稿
−以 上−

大豆畑の様子-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



だいぶ黄ばんできました

ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんの大豆畑の土手の草刈りを、2018年09月29日に行いました。
まだ、葉っぱは、枯れていませんが、だいぶ、黄ばんできました。
作業の合間に、耕作者にコッソリと撮影したので、投稿します。
尚、この大豆は、ビール麦の後に、栽培された大豆です。農協関連ですので、多分、白大豆と思います。
ちなみに、このほ場では、大豆畑の培土を行いました-慣行栽培編でも、投稿したように、管理機を利用して、追加的に培土したほ場です。

フェリシモ「コレクション」

最近のほ場の様子

まだまだ、収穫には、至りませんが、大豆の葉っぱも、黄ばみ始めました。
今年も、このほ場の培土は、行いましたが、培土を行った時期が悪かったと思います。比較的に、トビツカレなどの草が多く、今年は、草拾いを行う必要があると思っています。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年09月29日
大豆の種類
詳細な名称は、わかりませんが、農協派ですので、白大豆と思います。
栽培方法
不耕起ではなく、耕起です。
大豆の場合、不耕起だと、種を多く必要とするみたいで、更に、除草剤もフンダンに利用するみたいです。しかし、除草剤の使用方法、時期を誤ると草だらけの大豆畑になり、みれたもんじゃないです。

大豆

必要な時期に必要な作業は必要と思います

今回、このガチガチの農協派の兼業農家さんは、ある意味でケチりました。
大豆畑の土手の草刈りですが、今回が、今年、初めての作業です。基本的に、除草剤で済ませていたようです。
除草剤だけに頼っていると、今回のように、土手側にトビツカレなどのような大きくなる草や、ほおずきのように、収穫時に大豆と混ざる草が、生え始末に負えない状態です。

耕作者は、お金を使いたくないのは、わかりますが、必要な時期に、除草作業を依頼しないと、全体的に、お金が必要となります。
更に、除草剤だけに頼っていると、細かい部分の見逃しがあるみたいです。
私自身も感じていますが、この耕作者の今年の大豆は、決して、いい方ではない感じです。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月30日
新規投稿
−以 上−



出穂していました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



出穂しています

先日ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼの土手の草刈りを行い、とりあえず、草刈りを終えました。
その際、最近の稲の生育状態を見る機会がありました。
なんと出穂していました。
今回も、耕作者にコッソリと、この出穂の状態を撮影したので、投稿します。


最近のほ場の様子

繰り返しますが、出穂しています。
流石に肥料もふんだんに散布し、お金をかけているだけあり、生育は、立派です。私自身、そんなにお金をかけなくても、いいのにと思っています。更に、収量でなく、食味で勝負したほうが賢明と思っていますが、諸々の耕作者は、収量で勝負している傾向です。

場所
栃木県 大田原市
お米の種類
コシヒカリ » 俗に言われる買種です
撮影日
2018年07月29日

ほ場の全体の様子

今年は、除草剤を散布しているいも関わらず、全体的に、田の草が目立ちます。
聞く話ですが、今年は、除草剤を散布する時、風が強く、除草剤のムラがあったそうです。
このほ場は、特に、目立ちませんが、この耕作者の他のほ場は、トビツカレが、賑やかなほ場もあります。

ほ場の全体の風景

出穂のアップ

上記の写真で紹介した、同一のほ場の稲のアップです。
出穂しています。

出穂のアップ

この耕作者の別のほ場のの稲のアップです。
出穂しており、トビツカレなどが生えていても、このような状態では、田んぼに入ることはできません。
ちなみに、ヒエは、特に目立ちませんでした。

出穂のアップ

生育が早い感じです

今年は、昨年と比較し、生育が早いそうです。
つまり、稲刈り時期も早まる可能性があるらしいです。
この調子ですと、9月上旬には、稲刈りが行える感じらしいです。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月01日
新規投稿
−以 上−