農家さん関連のお手伝い」カテゴリーアーカイブ

今回は大豆畑です-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草拾いを終えました

先月の下旬 は、ガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑の草拾いの賃トリを行っていました。
畑の土手の草刈りも含み、1週間程度、大豆畑の中にいました。別な表現をするとそれだけ草に覆われていたってことです。
私からすると除草剤も散布したのでしょうって言いたくなるほど、ヒドかった。ちなみに、耕作者も除草剤を散布したのに〜って話していましたが、私からすると、散布の時期や培土が甘かったのでしょうといいたくなりました。
今回は、この大豆畑の草拾い前後の様子と、最近の大豆畑の様子を耕作者にコッソリと撮影したので紹介します。

 ロフトネットストア|ワナドゥ手帳

サスガにきれいになりました

本当にヒドかった。不耕起の大豆畑で、除草剤などの散布が甘いと、草にやられている畑を見ますが、中耕して培土も行っている大豆畑で、更に、除草剤を散布しているにもかかわらず、賑やかだったです。
草拾いを終えると見れるようになりました。

場所
栃木県 大田原市 片府田
大豆の種類
農協さんなので、白大豆と思います。
品名は見ませんでしたが、タチナガハではないと思います

草拾い前

2020年09月25日 に撮影した草拾い前の大豆畑の全体の様子です。
大豆が草に覆われているのが、分かると思います。まだ、大豆の葉が枯れていないので、今の時期に草を取らないと、大豆刈りになりません。
ちなみに、大豆の葉がかれてからほ場に入ると大豆の実を弾いてしまう可能性が高いです。

全体の様子

草拾い中に、大豆畑の内を撮影しました。
このようにみっしりと草が生え、この写真のように草は、培土した後のウネに沿って生えています。
この草が生えている場所は、トラクターで培土するとウネのつなぎ目の幅が広がったり、あるいは、狭くなったりして、うまく培土できません。このような部分は、管理機などを併用して培土するときれいに土も上がり、後々、草でやられることは少ないです。

大豆畑内で撮影

草拾い後

2020年09月28日 に撮影した草拾い後の大豆畑の全体の様子です。
サスガにきれいになったと思います。
ちなみに、除草した草は、畑の中におかず、極力、畑の外に出したほうが、後々、良いです。除草した草をそのまま畑の中においておくと、土についている部分の草の幹が根付き、この部分より草が生えてきます。

全体の様子

草拾いを終え、大豆畑の中で撮影しました。みっちり生えていた草も拾いました。
この写真の奥側に見える空き地は、草に覆われ、大豆が負けている場所でした。
この場所は、草刈機で刈り取りました。とても拾ってられなかったです。

全体の様子

最近の様子

本日 このほ場の近くを通りました。
大豆の葉は、だいぶ枯れてきています。しかし、大豆刈りは、まだまだ先と思います。
前回、草拾いを行いましたが、その後、変な草はなさそうです。

最近の様子

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年10月09日
新規投稿
−以 上−

イチゴの定植です

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

今回は、イチゴのお手伝いです

何故か分かりませんが、最近、イチゴ屋さんと仲がいいです。このイチゴ屋さんは、私が自主開発したアプリケーションを利用しています。(イチゴの出荷、集計、そして、請求などに関する内容で、Microsoft Word を帳票として利用した内容です。)
一方、このイチゴ屋さんのクイッぷちのお米の除草作業は、私が担当のようで、化学肥料、除草剤を散布しなくても、田の草を抑え、それなりにお米になっているみたいです。
今回は、お米でなく、イチゴの苗をハウスに移植するお手伝いを行いました。

場所
栃木県 大田原市
イチゴの種類
多分、とちおとめと思います
撮影日
2020年09月14日

 ロフトネットストア|カタログギフト

移植後のハウスの様子

イチゴの苗をハウスに移植し、その後、水をめいいっぱいかけます。乾くといけないらしいです。
この定植後のハウスの様子を紹介します。
うねの中に見える青色のものは、チューブ状になっていて、小さい穴が空いています。(散水チューブと呼ばれるものかもしれません。)
今後は、このチューブ内に水などを通すみたいです。

いちごの定植

いつも思うこと

イチゴは夏の食物らしいです。クリスマス時期に高く売れるらしく、耕作者、曰く、人間の都合で強引にハウスで栽培するコメントです。
お米は、慣行栽培の場合、楽できるらしいですが、イチゴは、今回、紹介した苗の移植後もビニールかけ、苗のおともりなど、手間ひまが必要な感じです。一方、ハウス、ビニール、そして、出荷時の梱包などの資材もお金が必要な感じがします。
いつも思うこと。それは、イチゴは買って食べたほうがよいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年09月14日
新規投稿
−以 上−

倒伏が激しいみたいです-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

稲刈りのシーズンです

9月に入り、農家さんは、稲刈りが始まっているみたいです。
お米栽培の農家さんにとっては、一年の集大成の時期と私は、思っています。
今回は、年間を通してお手伝いを行っているガチガチの農協派の兼業農家さんにて、土手の草刈り作業を行った際に撮影したほ場を紹介します。
尚、今回、紹介するほ場について、お米の種類は、コシヒカリで、種は、俗に言われている買種で、化学資材もバリバリの農家さんです。

 ロフトネットストア

倒伏しています

8月末の台風の影響もあったと思いますが、今年は、倒伏が激しすぎるみたいです。
このように稲が倒れていると、土手の草刈りもさることながら、稲刈りもやりづらいことと思います。
聞いた話ししですが、倒伏した穂は、食味も落ちるそうです。

草刈り直後の様子

今年、継続的に紹介しているほ場です。
とりあえず、土手の草刈りは行えました。しかし、穂が土手にかぶさっている場所は、草刈りを行いませんでした。現実的に、穂が土手にかぶさった場所を草刈りすると穂を刈っ切ってしまいます。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年09月06日
備考
土手草刈り直後で、今年、継続的に紹介しているほ場

草刈り直後の様子

稲刈り直前の様子

同一耕作者の別のほ場です。
ベッタリです。このようにきれいに倒すことができたもんだって感じです。
ちなみに、2020年09月11日に稲刈りを人に頼んでいました。(頼まれた方も嫌だったと思います。)

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年09月11日
備考
耕作者は、同じです。稲刈り直前のほ場の様子

稲刈り直前の様子

肥料、水管理・・・

このように倒伏しているほ場を見ると化学肥料のやり過ぎなのか、水管理が甘いのか、なんとも言い難いです。
耕作者は、数十年も同一のほ場で、お米などを栽培しているので、それぞれのほ場のクセなどは把握しているはずです。
一方、昔と異なり、現在は、天気予報も一般に公開しているので、水を抜く時期などもわかりやすいと思います。
基本的に兼業で、耕作面積も増やし、基盤整備などのような規模の広いほ場は、少し、無理があるのかな〜と感じる今日この頃です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年09月12日
新規投稿
−以 上−

少し、変な感じがします-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

草刈り作業時に撮影しました

先日、ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼ、大豆畑の土手の草刈りを終えました。
今回は、この農家さんの田んぼの様子を紹介します。
表現しずらいですが、今年は、時期的に異様に稲の丈が長く感じ、なんとなく変な感じがします。収穫時に収量、等級など昨年と同じにはならない気がします。

夏におすすめ!三越で人気の美味セレクション2020

三越・伊勢丹オンラインストア

数日前の稲です

このほ場の土手の草刈りを終えた時点で撮影しました。草を刈った直後だけあり、土手周りは綺麗と思います。
ただ、見た感じの稲の様子が、なんとなく変な気がします。
ちなみに、慣行栽培の農家さんは、今の時期、田んぼの水を切っている方を多く見かけます。この農家さんも水を切っています。

場所
栃木県 大田原市
種類
コシヒカリ (種は、俗に言われている買い種)
撮影日
2020年07月21日

現在の稲

出穂しているほ場も見かけました

先日、この農家さんの仲間的な子取りの牛屋さん宅を訪問しました。
子取りの牛屋さんの田んぼですが、既に出穂が始まっていました。
私は、耕作者でないので詳細なことは分かりませんが、例年と比較すると出穂が少し早い気がします。
ちなみに、この子取りの牛屋さんの田植えは、2020年04月30日頃に終え、今回、紹介した農家さんの田植えは、2020年05月03日頃に終えました。
尚、これらの農家さんの田植えのお手伝いは、私も行いました。

 セシール-女性スタッフが厳選した価値あるもの特集

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年07月26日
新規投稿
−以 上−

草刈りを終えました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

コロナに負けられません

今年は、コロナ騒ぎで外仕事が少なく、唸っている日々です。しかし、通年、声をかけてもらっている農家さんより、今年も諸々の仕事が得られそうです。(作業中、周りを見渡しても私1人しかいない時が多いです)
今回もガチガチの農協派の兼業農家さんのほ場の土手の草刈りを終えました。
この農家さんは、今年、新しい耕作地があり、ほ場を間違えず、更に、周りの方々の雰囲気を掴みながら作業を行いました。
紹介するほ場の草刈りを終えてから、しばらく経ちますが、草刈り直後の田んぼの様子を紹介します。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2020年06月10日 » 草刈りを行った日で、同日、撮影しました。

三越・伊勢丹オンラインストア 三越・伊勢丹オンラインストア

流石です

ガチガチの農協派だけあり、化学肥料もバッチリです。
田植え時には、箱処理剤も利用し、当然の如く、肥料もバッチリです。(元肥も行ったうえ田植え時も肥料を散布しています。)
ある意味で異常な感じがします。お金をかけているだけあります。

撮影日は、2020年06月10日です。

慣行栽培のほ場

安全第一です

私の取引先の法人さまで、草刈り中にケガがあったらしいです。
私もケガをしないように顔の部分が覆えるフェイス・ガードを利用して草刈りを行っています。
ちなみに、メッシュが、オオスメです。
クリアだと、田んぼなどの水面が見づらいです。(見づらかった)

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年06月19日
新規投稿
−以 上−