カテゴリー別アーカイブ: 農家さん関連のお手伝い

大豆畑の風景-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

携帯電話を新しくし、写真も撮影できるようになりました。
耕作者には、内緒で、土手の草刈りや培土を行った際にコッソリ撮影しました。

尚、この投稿は、書きかけです。
つまり、時期に応じて大豆畑の風景を追記していく予定です。

2017年08月02日より、投稿を続けていた、このガチガチの農協派の慣行栽培の兼業農家さんの大豆畑の風景の投稿は、今回で終わりです。
一年を通して、閲覧して頂き、有難うございます。
来年も、この農家さんの諸々の農作業のお手伝いを依頼され、コッソリ撮影することができれば、この内容の投稿を行う予定です。
次回は、写真のサイズを統一する予定です。

内容

今回、紹介するほ場の耕作者は、兼業農家さんで、一年を通して手伝わせて頂いています。
この投稿する写真などについて補足説明します。

場所
栃木県 大田原市
栽培方法
ガチガチの農協派の慣行栽培で、中耕と培土は、行っています。不耕起ではありません。
種類
大豆の種類は、タチナガハではなく、種は、俗に言われる白大豆です。
里のほほえみと大豆畑にさしてあるラベルに表示されていました。

大豆畑の風景

農作業のお手伝い、つまり、賃トリの最中の撮影です。不備な面もあると思いますが、ご了承の程、宜しくお願いします。


大豆の葉も枯れてきました

内容
2017年10月31日に、大豆畑の土手の草刈りを行いました。
今年、最後の草刈りです。
その際、コッソリと撮影しました。
大豆の葉っぱも、だいぶかれています。
撮影日
2017年10月31日 この日に土手の草刈りも行いました。
備考
直感的ですが、まだ大豆刈りには、ならないと思います。まだ、大豆の茎に青い部分が見られます。
例年ですと、あと少しで、大豆刈りを行うと思います。
今年の培土の作業は、時期がズレなかったと思います。
この農家さんは、ガチガチの農協派で、除草剤などもふんだんに利用しています。これらを利用しても、培土の時期、用水よりの水漏れなどのほ場管理を行わなければ、みれたもんではありません。
今年は、オリコウサンのようです。

大豆畑の全体の風景»撮影日2017年10月31日

大豆畑の全体の風景
大豆畑の全体の風景

大豆のアップ部分»撮影日2017年10月31日

大豆のアップ部分


大豆の葉も黃ばんできました

内容
先日、別件にて、このガチガチの農協派の兼業農家さんの大豆畑の近くを通りました。
その際、コッソリと撮影しました。
大豆の葉っぱもだいぶ黃ばんでいます。
撮影日
2017年10月04日
備考
そろそろ大豆畑の草刈りの時期です。
今月下旬には、土手周りの草刈りと大豆畑の中の草拾いの依頼があると思います。
直接、耕作者に聞いていませんが、昨年と比較し、今年は、現時点では、順調そうです。

大豆畑の風景


大豆の実を撮影しました

内容
通年、9月に入ると稲刈りのお手伝いが多いです。
その際、大豆畑をコッソリと撮影しました。
近くで見ると実がついています。
撮影日
2017年09月10日
備考
この大豆を栽培している慣行栽培の兼業農家さんの昨年の大豆畑は、ひどかったです。
中耕、培土を行い、更に、空中散布も含みふんだんに資材を利用しても、トビツカレなどの雑草がひどかった。見れたものでなかった。
草拾いが大変でした。
今年は、培土が足らない部分を私自身、管理機を利用して培土しました。
今のところ、順調らしいです。

全体の風景»撮影日2017年09月10日

大豆畑の風景

実の部分のアップ部分»撮影日2017年09月10日

大豆の実


大豆の花も撮影しました

内容
草刈りのお手伝いを行った際、コッソリ撮影しました。
久しぶりに、この耕作者のお手伝いを行いましたが、さすがお金をかけているだけ合って、ある意味で立派です。
ちなみに、大豆の花と思いますが、花が咲いていました。
作業日
2017年08月21日»この大豆畑の草刈りの作業を行った日です。
撮影日
2017年08月21日
備考
花の色からするとタチナガハはなさそうです。
昨年は、この耕作者の大豆畑は、草でやられてひどかったです。今年は、管理機による培土を行ったためと思いますが、綺麗です。

全体の風景

大豆の花


培土後の大豆畑の風景

内容
この大豆畑の管理機による培土の作業を終えた後にコッソリ撮影しました。
この耕作者の中耕と培土は、乗用の機械を利用して行っていますが、マクラの部分や細かいところは、培土が甘いです。
よって、管理機による培土を今年は、行いました。
作業日
2017年07月23日»この大豆畑の管理機による培土の作業を行った日です。
撮影日
2017年07月23日
備考
この耕作者の昨年の大豆畑は、草でひどかったです。ちなみに、トビツカレなどの草取りは、私が行い途中で嫌になるほど、草がひどかったです。
ちなみに、昨年は、管理機による培土を行わず、私が観る感じでも培土は、甘く感じられました。

培土後の大豆畑の風景


培土前の大豆畑の風景

内容
中耕、培土の作業前の大豆畑の様子です。
ちなみに、このほ場は、根腐れなども含みガチガチに農薬を利用しています。
撮影日
2017年07月10日
備考
この兼業農家の耕作者の大豆畑の培土と中耕は、乗用の機械を利用しています。
つまり、機械の切り返しの部分、つまり、マクラの部分や、畝の間隔が狭いところの培土は、甘くなります。

培土前の大豆畑の風景

備考

上述したように、この投稿は、書きかけで、私自身、この農家さんのお手伝いした時、コッソリ撮影した写真を利用し投稿していく考えです。

この投稿で紹介している各々の写真ですが、耕作者にコッソリ撮影しました。
基本的に風景の写真です。しかし、これら写真の再利用は、紳士協定でお願い致します。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告の変更については、履歴を記載しません。

2017年11月09日
大豆の種類の名称を追記しました。本年のこの投稿内容は、終わりです。
2017年10月11日
大豆畑の様子を追記しました。
2017年09月18日
大豆の実を撮影しました。
2017年08月25日
大豆の花を撮影しました。多分、花と思います。
2017年08月02日
新規投稿
−以 上−

田んぼの風景-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

始めに

携帯電話を新しくし、写真も撮影できるようになりました。
耕作者には、内緒ですが、農作業のお手伝いの合間や、農家さん宅に訪問した際にコッソリ撮影した田んぼの風景を紹介します。
ちなみに、このページに紹介する田んぼは、除草剤は、散布していません

尚、この投稿は、書きかけです。
つまり、時期に応じてお米の生育状態を追記していく予定です。

2017年06月02日より、投稿を続けていた、このイチゴ農家さんの田んぼの風景の投稿は、今回で終わりです。
一年を通して、閲覧して頂き、有難うございます。
来年もエンジン付きの除草機を利用しての除草作業を依頼されました。来年もコッソリ撮影することができれば、この内容の投稿を行う予定です。
次回は、写真のサイズを統一する予定です。

内容

今回、紹介するほ場の耕作者は、イチゴ農家さんです。全面積ではありませんが、俗に言うクイップチ分のお米は、除草剤、化学肥料を散布せず、栽培しています。販売向けは、除草剤は、散布しているようです。
尚、このページで紹介するほ場の除草作業は、私が、エンジン付きの5条の除草機を利用して手伝わせて頂いています。

場所
栃木県 大田原市
栽培方法
非農協派のこだわり栽培です。
このページで紹介するほ場は、除草剤は、散布せず、エンジン付きの5条の除草機を利用して除草作業しています。
種類
お米の種類は、コシヒカリです。

田植機
乗用のイセキの六条の田植機を利用しています。直感的に、尺一と思います。
このほ場で利用している水は、河などよりの水でなく、地下水です。
ほ場の横にポンプを設けて水を上げています。
備考
基本的に、2017年の稲刈りまで、同一ほ場を紹介する予定です。

田んぼの風景

基本的に、同一ほ場の写真を紹介する予定です。
農作業のお手伝い、つまり、賃トリの最中の撮影です。不備な面もあると思いますが、ご了承の程、宜しくお願いします。

  • 本年のまとめ

  • 稲刈り後のほ場

    内容
    2017年10月27日に稲刈りを行ったらしいです。(詳細は、未明)
    先日の台風の影響と思われる大雨で、田んぼは、水浸しでした。
    除草機を押したほ場は、稲の切り株の周りに変な草が生えていない感じがします。
    撮影日
    2017年10月23日

    稲刈り後
    稲刈り後


    稲刈り前です

    内容
    このイチゴ農家さん宅に別件で訪問した際、今年のお米の生育について、話がでました。
    私が、エンジン付き除草機を利用して除草作業を手伝わせて頂いたほ場は、農薬、除草剤などを散布しなくても、たちの悪い草は、生えなかったそうです。そして、耕作者自身も田んぼに入らなくてよかったとか・・・
    少し、おだてられている感じがします。
    撮影日
    2017年09月16日
    備考
    このほ場も含み、農家さんのほ場も倒伏が激しいようです。
    来年は、少し、検討する手立てがあるらしいです。
    一方、私自身の除草作業も苗を倒さず、注意し除草作業を行わせて頂く考えです。

    稲刈り前


    出穂しています

    内容
    繰り返しますが、このほ場の田植えは、2017年05月23日に行いました。
    このほ場の耕作者は、俗にいわれる水を切らないでいます。
    考え方、次第ですが、エンジン付きの除草機を利用してほ場をかき混ぜているので、ガスも抜けていると思います。
    ちなみに、出穂も徐々に始まっているようです。
    撮影日
    2017年08月13日
    備考
    農作業を行う時期が、適切であれば、農薬などにたよらず、なんとかなるみたいです。
    草刈り時も、いいあんばいでなく土手ぎわも適切に行うことも大切と感じています。

    全体の風景
    穂のアップ


    除草機の写真

    何度か、私が投稿しているブログでも紹介していますが、エンジン付きの除草機を紹介します。
    今まで、私自身、賃トリにて、2条、3条、そして、5条の除草機を利用したことがありますが、5条の除草機が、使いやすいです。
    ほ場が土が固くても、除草作業中、除草機が、比較的、暴れないですみます。

    5条の除草機


    2ヶ月半後の生育状況

    内容
    このほ場の田植えは、2017年05月23日に行いました。
    この田植えより、約2ヶ月半後の生育状況を紹介します。
    とりで代表される田の草とりを大々的に行わなくても、適切な時期の除草機押しと水管理などにより、田の草は、抑えられているようです。
    撮影日
    2017年07月21日
    備考
    俗に言う空き地は、トビツカレではありませんが、田の草は、生えているようです。
    慣行栽培の周りのほ場は、水を切っている時期ですが、このほ場は、水を切っていないようです。

    2ヶ月半後の生育状況
    2ヶ月半後の生育状況


    2回目の除草直後

    内容
    1回目の除草作業 (2017年05月29日) より、1週間以上、経過しましたが、2回目の除草作業を行いました。
    見づらいかもしれませんが、上側の写真のように、苗の首周りが黒く、土がよっていることが、わかると思います。
    作業日
    2017年06月07日»このほ場の2回目の除草作業を行った日です。
    撮影日
    2017年06月07日
    備考
    エンジンの除草機の切り替えの際、田んぼのマクラの部分の苗を、ふんだびってしまい、グチャグチャに倒れてしまいました。

    2回目の除草直後
    2回目の除草直後
    2回目の除草直後


    除草前日

    概要
    1回目の除草作業 (2017年05月29日) より、1週間程度、経過した田んぼの風景です。
    除草作業後、倒れていた苗が、それなりにシャキンとしています。
    明日 (2017年06月07日) に、2回目の除草作業を行います。
    撮影日
    2017年06月06日

    除草前日
    除草前日


    除草直後

    内容
    一回目の除草作業の直後の風景です。
    この時期には、水面より観る限り、ひえなどの草は、見当たりませんが、田植えより、6日後一回目の除草作業を行いました。
    作業日
    2017年05月29日»このほ場の田植え除草作業を行った日です。
    撮影日
    2017年05月29日
    備考
    除草後にも関わらず、少し、ノロが残りました。
    一回目の除草作業時は、苗の活着が弱いと思いますので、あまり強く除草させる、つまり、エンジンの回転を強くしゆっくり歩くと苗が浮く可能性もあり、例年通り比較的、穏やかに除草しました。

    除草直後
    除草直後


    除草前

    内容
    一回目の除草作業前の風景です。
    この時期には、水面より観る限り、ひえなどの草は、見当たりませんが、田植えより、6日後一回目の除草作業を行いました。
    作業日
    2017年05月29日»このほ場の田植え除草作業を行った日です。
    撮影日
    2017年05月29日

    除草前
    除草前


    田植え直後

    内容
    田植え直後の風景です。
    当初、除草機押しの作業のお手伝いの都合上、私も田植えを手伝う予定でしたが、私の方で、都合がつかず、農家さん達のみで田植えを行ったようです。
    作業日
    2017年05月23日»このほ場の田植えを行った日です。
    撮影日
    2017年05月23日

    田植え直後
    田植え直後

    備考 / 本年のまとめとして

    今年も、などの変な草が生えず、更に、大々的な草拾いなどを行わず、収穫できたようです。
    天候の都合により、収量は、昨年より、減ったらしいですが、私の周りの農家さんも収量が減っているようです。
    ちなみに、ガチガチの農協派の農家さん自体でも、1.5〜2俵/反は、減っているらしいです。

    今年の反省点と来年について

    反省点として
    除草作業中、除草機の切り返し時に、稲を比較的、多く踏んでしまい、もしかして、空き家が増えるのではと思っていました。
    この懸念していた空き家の部分は、変な草が生えず一安心でしたが、来年は、留意して除草作業を行う考えです。
    更に、2017年05月29日に、1回目の除草作業を行いました。
    除草機のエンジンのフキが強くなく、もしかしてと思っていました。
    しかし、年間を通して変な草が生えず、一安心でした。
    来年について
    本年と同様に、天狗にならず、除草作業を手伝わせて頂く考えです。
    作業的には、1回目の除草作業前に、除草機のエンジンのフキを再確認する必要があると思います。
    補足的に
    耕作者より、稲刈り時にかろうじて草がみえたとのコメントでした。
    今年もなんとか、除草剤を使用せず、田の草などを抑えることができた感じです。
    ちなみに、本日、作業代金とは別に、このほ場で栽培されたお米を玄米にて、30kg頂きました。

    この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告の変更については、履歴を記載しません。

    2017年10月23日
    本年分のまとめを追記
    2017年09月18日
    稲刈り前を追記
    2017年08月25日
    出穂の状況を追記
    2017年08月02日
    2ヶ月半後の生育状況と除草機の写真を追記
    2017年06月09日
    2回目の除草作業を追記
    2017年06月04日
    誤字の修正 田植え → 除草作業
    2017年06月02日
    新規投稿
    −以 上−

    田んぼの風景-慣行栽培編

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    始めに

    携帯電話を新しくし、写真も撮影できるようになりました。
    耕作者には、内緒ですが、農作業のお手伝いの合間にコッソリ撮影した田んぼの風景を紹介します。

    尚、この投稿は、書きかけです。
    つまり、時期に応じてお米の生育状態を追記していく予定です。

    2017年05月07日より、投稿を続けていた、この慣行栽培の農家さんの田んぼの風景の投稿は、今回で終わりです。
    一年を通して、閲覧して頂き、有難うございます。
    来年、もし、この農家さんのお手伝いを行えば、また、この内容の投稿を行う予定です。
    次回は、写真のサイズを統一する予定です。

    内容

    今回、紹介するほ場の耕作者は、兼業農家さんで、一年を通して手伝わせて頂いています。
    この投稿する写真などについて補足説明します。

    場所
    栃木県 大田原市
    栽培方法
    ガチガチの農協派の慣行栽培です。
    肥料も除草剤もふんだんに利用しています。
    種類
    お米の種類は、コシヒカリです。尚、種は、俗に言われる買種です。
    備考
    基本的に、2017年の稲刈りまで、同一ほ場を紹介する予定です。

    田んぼの風景

    基本的に、同一ほ場の写真を紹介する予定です。
    農作業のお手伝い、つまり、賃トリの最中の撮影です。不備な面もあると思いますが、ご了承の程、宜しくお願いします。

    サントリーウエルネスオンライン


    稲刈りの直前と稲刈り後の風景

    内容
    稲刈りのお手伝い (具体的には、よせ刈りです) の際、撮影しました。
    稲刈り時の天候不順により、ベッタリし、倒伏が激しいです。
    ちなみに、よせ刈りは、大変でした。
    撮影日
    2017年09月16日
    備考
    この倒伏についてですが、天候以外にも、肥料のやり過ぎと感じる時があります。
    この兼業農家さんは、お金をかけすぎている感じがします。
    当然、質より量に走っても仕方ないと思います。
    尚、稲刈り直前の写真は、今まで、紹介したほ場の隣を紹介します。ちなみに、耕作者は、同一です。

    稲刈り直前の風景»撮影日2017年09月16日

    稲刈り直前

    稲刈り後の風景»撮影日2017年09月16日

    稲刈り後


    出穂しています

    内容
    この農作者のほ場の土手の草刈り作業を終えた時に撮影しました。
    出穂も始まっており、稲自身も頑張っているみたいです。
    この時期にしては、早いと思いますが、倒れている部分も見かけました。 (多分、ベッタリになるのでは・・・)
    稲刈り時の寄せ刈りが大変と思います。
    作業日
    今回は、このほ場の土手の草刈りは、耕作者が2017年08月13日に行ったと思います。
    撮影日
    2017年08月13日
    備考
    ふんだんに肥料を使用しているためと思いますが、サスがです。お金をかけているだけあってサスがです。
    多分、稲刈りのお手伝いも行うと思いますが、寄せ刈りが大変と思います。

    全体の風景

    穂のアップ


    約2ヶ月半後のほ場の風景

    内容
    このほ場の土手の草刈り作業を終えた時に撮影しました。
    田植え後、約2ヶ月半後の風景で、水を切っているようです。
    除草剤などをふんだんに利用しているためと思いますが、田の草は、少なく、ミノリッチひとふりくんなどのような肥料もふんだんに利用しているためと思いますが、サスがです。お金をかけているだけのことは、あるみたいです。
    作業日
    2017年07月23日»このほ場の土手の草刈り作業を行った日です。
    撮影日
    2017年07月23日
    備考
    この時期は、水を切っているほ場を多くみられます。
    栽培者に水を切っている理由を教えて頂きました。
    ガス抜きのためだとか。私が感じるには、あえて田の草を生やしている気がします。

    約2ヶ月半後


    約一ヶ月後

    内容
    このほ場の土手の草刈り作業を終えた時に撮影しました。
    田植え後、約一ヶ月後の風景です。徐々に分けつが見られます。
    このほ場は、ふんだんに化学肥料を利用しています。異様な感じですが、稲の色が異様に濃い感じです。
    作業日
    2017年06月02日»このほ場の土手の草刈り作業を行った日です。
    撮影日
    2017年06月02日

    約一ヶ月後


    田植え直後

    内容
    田植え直後の風景です。
    まだ、マクラの部分などの補植は、行っていません。
    作業日
    2017年05月05日»このほ場の田植えを行った日です。
    撮影日
    2017年05月05日

    田植え前


    田植え前

    内容
    上代掻き、ゴミあげまでを終えた状態で、田植え待ちの状態です。
    尚、耕作者の話では、上代掻き後、3日程度おいて田植えしたほうが、ほ場が落ち着くらしいです。
    作業日
    2017年05月02日»ゴミあげした日です。
    撮影日
    2017年05月02日

    田植え前

    この投稿の改定履歴

    このページには、各種広告も掲示しています。
    掲示した広告の変更については、履歴を記載しません。

    2017年09月18日
    稲刈り直前と稲刈り後のほ場の風景を追加
    2017年08月25日
    出穂の状況を追加
    2017年08月02日
    田植え後、約2ヶ月半後のほ場の風景を追加
    2017年06月04日
    田植え後、約一ヶ月後のほ場の風景を追加
    2017年05月07日
    新規投稿
    −以 上−

    肥料の散布にて感じること

    Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment

    始めに

    先日、ガチガチの農協派の慣行栽培の農家さんの肥料散布のお手伝いを行いました。
    農協指導によるものか、兼業農家のためなのか、物凄く肥料を散布する理由は、未明ですが、代掻き前の肥料散布のお手伝いを行いました。
    今回、散布した肥料を紹介します。ちなみに、面積あたりの散布量は、未明ですが、相当な量と思います。(とにかく、肥料配りに忙しかった)

    尚、栽培する農産物は、コシヒカリと呼ばれているお米です。

    肥料の種類

    俗称かもしれませんが、肥料の袋に記載されていた名称を紹介します。
    これら肥料の効果などは、分かりません。

    • 地力元気 (1)
    • SAリン苦土
    • 塩化加里 (2)
    • ひとふりくんA (3) » 2017年04月21日追加
    1. この農家さんで、今年、初めて利用する肥料と思います。
    2. この塩化加里の袋は、新聞の文字が読める程度の透明なビニール袋です。栃木県那須塩原市の場合、クリーンセンターに直接、持ち込む場合、割れていないビンの袋に利用できます。
    3. ひとふりくんAと地力元気は、混ぜて使用しないみたいです。


    地力元気について

    地力元気の肥料には、下記のような記載がありました。

    登録番号
    輸第13572号
    肥料の種類
    混合りん酸肥料
    肥料の名称
    混合りん酸肥料A 1号
    保証成分量
    く溶性りん酸 » 7.5 %
    アルカリ分 » 44 %
    可溶性けい酸 » 25 %
    く溶性苦土 » 5.5 %
    原産国
    中国

    Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

    肥料は必要だろうか

    面積あたりの収量を高めたい気持ちは、わかります。特に、この兼業農家さんの場合、常にお米の生育のおともりができない場合は、特に、肥料に頼りたい気持ちと思います。
    しかし、ある意味で、邪道なことと思います。常々、私個人は感じています。
    今回、紹介した肥料は、元々、そのほ場にないもの。つまり、人間の勝手な都合により、手を加え、ほ場自身が持っている力をなくしている感じがします。

    使用する肥料の組み合わせ

    2017年04月21日肥料の組み合わせを追加

    上述の肥料の種類で紹介した各々の肥料は、混ぜて利用しています。
    なぜ、組み合わせて利用するのか、分かりませんが、田植え時も含め、下記に、それらの組み合わせを紹介します。

    肥料の組み合わせ
    組み合わせ 代掻き前 田植え時
    パターン1 地力元気 SAリン苦土 塩化加里 ひとふりくん
    パターン2 ひとふりくんA SAリン苦土 塩化加里 みのりっち

    DHCオンラインショップ

    この投稿の改定履歴

    2017年04月21日
    肥料の名称と肥料の組み合わせを追加
    2017年04月15日
    新規投稿
    −以 上−