タグ別アーカイブ: 田んぼのお手伝い

稲刈りシーズンです-慣行栽培

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



稲刈りのお手伝いです

天候不順でも、ガチガチの農協派の兼業農家さんは、稲刈りを行っています。
私自身、田植え長靴を履いて、よせがりなどを手伝っています。ちなみに、私が利用している田植え長靴は、下記の商品です。

【一部欠品中】弘進ゴム A0122AA 裏付農業長 黒【農業長靴/田植え長靴/長靴】

感想(1件)

そして、今年も、この兼業農家さんのお手伝いを行うことより、慣行栽培のお米に関する投稿も行えることができました。
今回の投稿で、慣行栽培のお米の紹介は、今年の最後になると思います。

ロフトネットストア

ほ場となどを紹介します

繰り返しますが、今回は、慣行栽培のお米に関し、今年、最後の投稿になると思います。
上述したように、よせがりの時に田植え長靴についたお米の穂や、稲刈り直後のも田んぼの様子も踏まえて紹介します。
尚、これらの写真は、耕作者にコッソリと撮影しました。

稲刈り直前のほ場

このほ場は、倒伏が少なく、更に、とびつかれなどの田の草も少なかったほ場です。
このように、倒れていないほ場の稲刈りは、作業がやりやすいみたいです。
しかし、この耕作者の他のほ場は、見れたもんじゃないです。除草剤などをふんだんに散布し、空中散布なども行い、お金もふんだんに使っても、ひどいほ場が多かったです。

稲刈り直前のほ場

稲刈り直後のです

乾燥機に入れる最中に、グレインタンク内のを撮影しました。
このは、上記に紹介したほ場です。倒れていないほ場だと、もキレイです。
ちなみに、倒伏が激しいほ場のは、比較的、土などがつき、黒っぽいです。(汚れが目立ちます)

モミ

田植長靴についていた穂

お米の穂

おまけ的に紹介します。
今年の稲刈りは、天候不順などにより、よせがりの時も含み田植え長靴を履いて作業しました。
この田植え長靴の側面についている金具の部分に、稲穂が絡まっていました。
この穂を紹介します。田植え長靴に絡まっていた穂ですが、ほ場にある穂は、お金をかけているだけあり、流石にリッパでした。

倒伏している稲穂

 » 2018年09月18日 追記

慣行栽培は、除草剤を散布、或いは、流し込みを行っているみたいです。その散布する回数は、2回は行っているみたいで、除草剤が効いていない場合、それ以上、散布するようです。
この兼業農家さんは、田植えの数日後、そして、その後日と、2回は、除草剤を散布しているようです。
但し、散布する時期が悪かったり、そして水を切ったりすると、除草剤を利用しても、全くダメな感じです。
更に、肥料 (化学肥料と思います) のやり過ぎも考えものです。水を完全に切る時期を間違ったり、刈り入れ時期が遅くなったりすると、倒伏が激しくなるみたいです。
その一例を紹介します。

除草剤を散布しても草は生えているほ場

倒伏している稲穂

今年を振り返って

このガチガチの農協派の兼業農家さんは、天候に悩まされた年だったと思います。
田植えの時、つまり、5月の連休は、雨、風に悩まされ、除草剤を散布したいときは、水の温度も低かったみたいです。追い打ちが、稲刈り時の雨です。
兼業であるがため、仕方ないと言っているかもしれませんが、人間の都合でなく、お米の都合で栽培したほうが、ある意味で、お金が掛からず、良い物ができると感じているのは、私だけだろうか。

セシール

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年09月18日
倒伏している稲穂を追記
2018年09月13日
新規投稿
−以 上−



水を切っていました-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



田植え後、約1ヶ月半です

今週より、ガチガチの農協派の兼業農家さんの田んぼなどの土手の草刈りの賃トリを行っています。
私自身、賃トリなので、お米などの生育、収量などには、関係ありません。しかし、手伝わせて頂いている都合上、何かと気になるのは、自然の成り行きと思い、耕作者にコッソリとほ場などを撮影しながら、お米の生育に関し投稿しています。

今回は、田植えより、約1ヶ月半後の状態のお米の生育状況です。
理由は、わかりませんが、田んぼの水を切っていました。
それにしても、お金をかけているだけあり、生育がスゴイ。株も、時期にしては、物凄く太いと感じました。

ほ場の風景

繰り返しますが、何故かわかりませんが、田んぼの水を切っていました。
慣行栽培のほ場より、バリバリに除草剤などは、散布していると思いますが、ほ場内に草が生えつつあります。
このほ場ではありませんが、土手周りに、草が賑やかなほ場もありました。

場所
栃木県 大田原市
撮影日
2018年06月25日
田植えをした日
2018年05月03日〜04日
備考的に・・・
俗に言われる慣行栽培で、イセキの八条の乗用の田植機で、50株で田植えしたと思います。
ちなみに、このほ場には、ミネラルも散布しました。

ほ場の全体の風景です。
肥料など、ふんだんに利用していることもあると思いますが、苗の色が異様に緑が濃いです。
更に、生育の早いこと・・・

ほ場の全体の様子

株の周りのアップ写真です。
水を切っているためと思いますが、ノロが沈んでいます。その変わり、田の草が生えつつあります。
それにしても、株が太いです。

苗の株周り

何故だろう

ある時期になると、水を切っているほ場を多く見かけます。
生育が早くなりすぎるとか、ガス抜きとか、色々なコメントを耳にします。
ガス抜きなら、私が手伝わせて頂いてるこだわりの農家さんのように、除草機を利用した除草作業を行えば良いと感じています。
それにしても、水を切ると、田の草が生えるさせるためと感じる時があります。

マウスコンピューター/G-Tune



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年06月28日
新規投稿
−以 上−

最近のほ場の様子-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



のろが多く感じます

このほ場は、通年、比較的、のろが多いですが、今年は、特に多く感じます。
耕作者自体は、たんぼの床が上がっていようが、のろが張っていようが、あまり気にしていない様子です。
しかし、除草作業を手伝わせて頂いた立場では、田の草があると何かと気にはします。

耕作者もコメントしていますが、今年は、のろが多いみたいです。
最近のほ場の様子を今回も耕作者にコッソリと撮影しました。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

最近のほ場の様子

特に、このほ場は、のろが多く感じます。
このほ場の田んぼの床が高い部分は、少し、草がみえていました。
本日、この部分のみ、水田の除草機を利用して、田んぼの床が高い部分のみ、かきまわしました。

撮影日
2018年06月18日
除草日
2018年06月20日 » 追加的に、実施しました。

こだわりのほ場

このほ場は、のろ少ないです。
場所的にも、上記のほ場と同一なのに、差があります。
尚、このほ場は、追加的な除草作業は行っていません。

撮影日
2018年06月18日

こだわりのほ場

今年は・・・

この耕作者の、このほ場の田植えは、平年と比較し、約1週間、早かったみたいです。
そして、代掻きも、今年は、田んぼの床が高いところが多い感じです。
これらの要因が、田の草の抑制などにつき、どのように影響するか、観察していく予定です。
尚、私自身、このほ場のお米を頂いています。この頂ける予定のお米を、私の卒業校の先輩にも、送る考えもあるため、今年は、少し、気合が入ります。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年06月20日
新規投稿
−以 上−

除草作業を終えました-こだわり編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment




通年より、1週間程度早いです

5月31日6月1日にかけて、こだわりのほ場の除草作業を終えました。
面積的には、一日で終える作業内容ですが、天候不順のあり、2日にわたり、エンジン付き除草機を利用した田んぼの除草作業を終えました。
今年は、例年と比較すると、田植え時期が、1週間程度早く、それに伴い、除草作業も早く終えました。
今回、除草直後のほ場の様子を耕作者にコッソリ撮影した写真を紹介します。

Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

除草直後のほ場

まくらの部分は、倒れてしまいました。
このほ場の除草作業時は、倒さないように注意していますが、水加減が深すぎるなど、なかなか思ったように作業できませんでした。
但し、このように倒れていても、このように倒れた苗は、数日経つと、元に戻ります。

除草直後のほ場

前日は午後より、雨がひどくなり、翌日に除草作業を行いました。
このほ場は、素性がよく、すんなりと除草作業、つまり、エンジン付き除草機を押すことができました。

除草直後のほ場

このほ場は、木の影に隠れる部分が多いためか、この写真のように緑色のツブツブみたいなものが浮いています。
ノロではあのませんが、通年、このほ場の除草作業の時期には、浮いています。

除草直後のほ場

ノロが張っていても除草は必要

ノロの下は、草が生えないので除草機を押さなくてよいという面白いことを耳にすることがあります。
耕作者の方々は、決してこのようなことを、まともに言いませんが、農作業のお手伝いの学者肌の方々は、まともに受け取っている感じがします。
現実的には、草は生え、後日、田の草を拾うため、田んぼの中に入る場合が多いです。更に、土手も除草機を押さないと、後日、草をもぎる感覚で、田の草を拾っている風景を見ます。



今年は、どうなることやら

最近、このほ場の耕作者の田の草に関しては、やっこくなりつつあります。
現実的に、除草作業中でも、草の根っこと思われる白い根っこの浮きが少なく、立派に米の収穫が行えています。(昨年は、落ち込みがありましたが、7俵程度の収穫はあったらしく、その前年は、8俵の収穫は、あったそうです。)
床が上がっている部分や水にたっぷり使っている部分など、水の深さの差が大きすぎる感じがします。
仮に、このような感じでも、田の草を抑えることができ、それなりの収量を得ることができるならば、御の字です。



この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年06月03日
新規投稿
−以 上−

田植えより2週間のほ場-慣行栽培編

Published / by IBUOfficeSAI / Leave a Comment



生育が速い

ガチガチの農協派の慣行栽培の兼業農家さんのほ場の土手の草刈りを先日、終えました。
その際、耕作者にコッソリと田んぼの様子の写真を撮影しましたが、流石にお金をかけているだけあって、生育も立派です。
田植えの2週間後程度しか経っていませんが、稲の生育も流石です。
一方、草刈り時 (つまり、写真撮影時) の、ほ場の様子ですが、現時点では、ノロが目立つ感じです。
今回、これらほ場の様子を紹介します。

フェリシモ「コレクション」

田んぼの様子を紹介します

場所
栃木県 大田原市 » 通年、このブログで紹介しているほ場です。
草刈り月日
2018年05月23日 » 撮影した年月日です
田植えした月日
手伝っていませんが、2018年05月04日あたりと思います。

田んぼの土手の草刈りを終えた時のほ場の様子です。
この写真のほ場の奥側の緑色の部分は、ノロでなく、相手方の土手の草の緑の色が、ほ場の水に映った色です。

慣行栽培のほ場

この写真のように、現時点では、ノロが目立ちます。
写真撮影のしやすさより、手前側(給水側に近いです)の部分ですが、全体的に、ノロが目立ちました。

ノロが目立ちます

次は、来月末に紹介します

次回の土手の草刈りは、来月末を予定しています。(今回の作業終了時に、耕作者より依頼を受けました)
来月は、稲の生育も、進むことと思います。
ちなみに、このほ場の元肥は、通常の慣行栽培の方が利用する肥料に加え、貝化石の肥料、つまり、ミネラルも追加して散布しました。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年05月29日
新規投稿
−以 上−